女性フリーター向け 就職サイトランキング

20代フリーター就活のポイント

年齢で変わる脱フリーターの難易度

20代フリーター就活のポイント

脱フリーターを目指す20代フリーターの方は、どのように就活を進めているでしょうか?

20代といっても20代前半と後半ではかなり違います。20代前半なら職歴がなくても若さで採用してくれる企業はいくらでもあります。

25歳を過ぎ、28歳、29歳と年齢を重ねるごとに状況は厳しくなっていきます。しかしそれでも20代のうちは就職できるチャンスはまだまだ残されています。

一方、30代に突入すると一気に就職難易度が上がります。高いスキルを持った人でない限り、相当頑張らないと脱フリーターは難しくなってきます。

このように同じフリーターでも年齢によって置かれる状況は全く違ってきます。そのため就活の進め方も年齢に合わせて変えていく必要があるのです。

ここでは就職を目指す20代フリーターの就活のポイントをご紹介します。

20代前半フリーターの就活のポイント

まず、20代前半のフリーターは職歴がほぼ無いのではないでしょうか。20代前半でフリーターになった方は、

  • 新卒で入った職場を1~2年で退職、そのままフリーター
  • 大学卒業までに内定をもらえず、そのままフリーター
  • 就職するも数ヶ月で退職、その後職を転々としていつの間にかフリーター

というパターンが多いと思います。これでは職歴欄に書くことはほとんどないので、職務経歴書を作成するのも苦労するかもしれませんね。

しかし20代前半フリーターを採用しようと思っている企業はその人に職歴・スキルを求めているのではなく、フレッシュ感・素直さを求めています。

中途半端にスキルがあって変なプライドを持った経験者より、一から仕事を覚えてくれる若い人材が欲しいと考えているのです。

そのため職歴が少ない・職歴無しの20代前半フリーターの就活では、職歴やスキルは求められない「未経験者歓迎!」という求人を狙って応募していきましょう。

25歳以下なら未経験でも応募可能な求人はたくさんありますよ。

20代後半フリーターの就活のポイント

20代後半になると、未経験でも応募可の求人が少なくなってきます。そのため職歴が少ない方は応募できる求人が限られてきます。

もし3年以上勤めた経験(できれば正社員で)があるなら、同じ業界・職種の仕事を探すのが一番確実です。

どうしても違う業界で働きたいのならスキルを身に付けるため学校やスクールに通ったり、アルバイトで見習いから始めるといった努力が必要になるでしょう。

それと女性フリーターならではの問題になりますが、この歳になると結婚を考える女性も多いですよね。既婚者の方もいるでしょう。

就活と結婚は深く関係しています。女性は結婚や出産を機に退職するケースがとても多いですから、面接ではかなりの確率で結婚や出産の予定を聞かれます。

結婚予定がある方は正直に答え、同時に「結婚後も仕事を続けたい」という意思をしっかりと伝えましょう。

就職しやすい20代のうちに頑張ろう!

29歳と30歳は就職する上で大きな区切りとなります。

20代でも十分就活難しいよ…と挫折しかかっている方もいるかもしれませんが、30代になると今以上に苦しい状況になってしまうのです。

少しでも有利な条件で就職できるよう、就職先を見つけやすい20代のうちに本気で就活に取り組みましょう。

20代のうちに本気で就活に取り組みたい方は、フリーター就職支援を利用するのもおすすめです。

20代のフリーター・第二新卒・既卒者を対象とした就職支援サービスです。

これらのサービスを利用すればコンサルタントによる手厚いサポートを受けながら就活が出来ますし、扱う求人も未経験者歓迎の企業のものばかりなので就職成功率も高くなります。

一人で就活するよりも効率的な上、会社の雰囲気や具体的な仕事内容など詳細な情報も提供してもらえますから、「思ってた仕事と違った…」というミスマッチも防ぎやすくなります。

どれも無料で利用できますので、就活中の20代フリーターはぜひ積極的に利用してみてくださいね。