女性フリーター向け 就職サイトランキング

*

女性フリーターの就活にオススメの就職サイトランキング

女性フリーターの就活にぜひ活用したい就職サイト・人材紹介会社をご紹介します!

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代のフリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスです。

未経験者OKの求人ばかり1,000件以上!経験の浅い方、社会人未経験の方でも応募できる企業が見つかります。

独自のカウンセリングにより自分の適性についても教えてもらえますから、自分にはどんな仕事が向いているのか知りたいという方はぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

企業ごとの面接対策など細やかなサポートのおかげで、書類審査通過率・内定率ともに高い数字を誇っています。

主に東京近郊(1都3県)の求人を扱っているので、東京にお住まいの方、都心部で就職したいという地方在住の方におすすめです。

また就職活動が初めてで不安という方、手厚いサポートを受けながら就活したいという方にもおすすめです。

ワークポート

ワークポート 未経験

ワークポートグループには【ワークポートNEXT】があります。

ワークポートNEXTは、

「未経験からの転職」
「はじめての転職をする方」

を中心に、販売職、サービス職、営業職など幅広い職種への転職をサポートしてくれます。ワークポートNEXTを活用して、多くの女性フリーターの方も正社員就職に成功されています。

転職のプロ集団であるワークポートグループを活用する事で、未経験からの正社員就職、未経験からの転職など希望に応じてサポートを受ける事が出来ます。

様々な業界、職種の求人がワークポートグループにはあります。女性が活躍できる職場への就職を希望される方はぜひ利用してみてください。

ジェイック

ジェイック

ジェイックは20代専門の就職支援サービスです。ジェイック登録者は、集団面接会に参加することで書類選考無しで15社もの企業とまとめて会うことができます。

面接会に参加しているのはジェイックが選別した未経験OKの理解ある企業のみ!初めての就活でも安心です。

また登録者は6日間の研修に参加し、就職に必要なスキルやビジネスマナー等、社会人としての基礎を学ぶことができますから、「正社員経験が無いからちゃんと働けるのか不安…」という場合も自信を持って就職できます。

もちろん研修も含め、すべて無料で利用できます。

ジェイックには女子カレッジという20代女性専門のコースもあります。女性が安心して働ける企業ばかり扱っていますので、女性ならこちらもおすすめです。

第二新卒AGENTneo

第二新卒AGENTneo

第二新卒エージェントneoは未経験OK求人を数多く取り扱う就職支援サービスです。第二新卒者だけでなく、既卒・フリーターの方も利用できます。

専任の就活アドバイザーが企業選びや履歴書の書き方、面接に関する悩みを聞いてくれるので、就活慣れしていない方、初めての就活をするという方も安心です。

扱う求人は担当者が実際に訪問した企業の求人のみ。内定後も入社日や条件交渉、内定後研修などアフターフォローもバッチリです。

第二新卒エージェントneoでは各種セミナーも開催されていて、登録者は無料で参加できます。

現在は東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県がサポート対応地域となっていますから、こちらの地域にお住まいの方におすすめしたい就職エージェントとなっています。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは業界最大数の求人数を誇る転職サイトです。

業界最大手のリクルートならではの豊富な求人数が強みで、非公開求人も数多く取り扱っています。新着求人もどんどん更新されていくので、最新の求人情報をいち早くチェックできます。

職務経歴や転職希望条件を登録しておくことで企業側からオファーが届くスカウトサービスもあります。

全国対応なので地元の求人を見つけたい方におすすめです。

就職したい女性フリーターへ

脱フリーターして正社員になりたい!

現在フリーターとして生活している方は、正社員になりたくない事情がある方を除き、大半の方が脱フリーターを目指しているのではないでしょうか。

やっぱりアルバイトやパートで働くよりも正社員の方が給料・待遇・福利厚生・社会的信用などあらゆる面で有利です。職歴の事を考えても、なるべくなら正社員として働きたいですよね。

20代前半のうちはフリーターの数も多く、あまり危機感は感じないかもしれません。学校卒業後に就職しなかったという社会人未経験の方もいるでしょう。

しかし20代も後半になってくるとそれぞれに焦りを感じて、就活を始める人が増えてきます。特に28歳、29歳となると「30代になる前にフリーターを卒業したい」とラストスパートをかけてくる人が多いです。

20代と30代では置かれる立場が全く違いますからね。フリーターから就職を目指すならできるだけ若いうちから就活を始めた方が有利です。

女性フリーターの就職に大きく関わる結婚・出産

フリーターには男性も女性もいますが、女性フリーターの場合就活する時に必ず考えなくてはいけないことがあります。それは結婚・出産についてです。

結婚を機に退職する女性はとても多いです。企業側もそれを十分に分かっているため、20代中盤~後半の独身女性なら面接の際に必ずといっていいほど

「結婚の予定はありますか?」
「結婚後も仕事は続けたいですか?」

という質問をされると思います。

入社後はどんな働き方をしたいか、結婚後も家庭と両立しつつ働き続けたいのか、どんなキャリアを積んでいきたいのか。

就職先を決める前に、まずは20代のうちから将来のビジョンをしっかりと描いておくようにしましょう。

家庭に入って子育てに専念したいのか、結婚しないでずっとキャリアを重ねていきたいのか、それによって就職先の選び方は大きく変わってくるのではないでしょうか。

結婚後も仕事を続けたいという意思があるなら、育児中でも働きやすい職場を選んだ方がいいです。

本来産休・育休はどこの会社でもとれるはずなんですが、現実的には前例がない、そんなに休まれたら困るという理由で拒否される事もあります。

こちらには取得する権利があるので断われても強く主張すれば取得する事は可能ですが、あまり揉め事は起こしたくないという方も多いでしょうし、場合によっては復帰後会社に居づらくなってしまうかもしれません。

出産予定のあるなしに関わらず最初から育休の取りやすい職場を選んでおけば、いざ育休をとることになっても気兼ねなく取得することができますよね。

給料や待遇に男女差がある会社

女性フリーターの就職先を考える際、男女で給料や待遇に差がないかという点もチェックしておきたいですね。

古い体質の会社に多いのですが、

  • 同じ学歴・スキルなのに女性の方が給料が安い
  • 男女で仕事内容が違う、女性は雑用ばかり
  • 女性には重要なポストを与えられない

といったように男性と女性で仕事内容や待遇に大きな差を付ける会社もあります。こんな環境は「女性が働きやすい職場」とは言えませんから、職場選びの段階で除外したいところです。

女性向け就職サイトを利用した就活

しかし求人情報を見たところで、女性が働きやすい職場かどうかを見極めるのは難しいかもしれません。

「産休・育休制度あり」と記載されていても実際は誰も使った事がなくて取得しづらかったり、総合職と書いていたのに実際はお茶汲みとコピーしかさせてもらえなかった…といった事もあるかもしれません。

実際の職場の雰囲気、実際に働いている社員の声、有給や産休の取りやすさなど、求人票には載っていない情報を得るためには、就職支援サービス・人材紹介会社を利用するのがおすすめです。

就職支援サービスにも色々ありますが、フリーター女性の就職なら女性向けの就職サイトを選ぶといいでしょう。

女性向けの就職支援サービスなら、育休の取りやすさ、女性が多く活躍している職場などの条件から、女性が安心して働ける職場を厳選して紹介してもらえます。

他にも就職に役立つセミナーに無料で参加できたり、履歴書の書き方や面接対策などのサポートも受けられるといったメリットもあります。

利用料は無料なので、就職をお考えの女性フリーターはぜひ登録しておくことをおすすめします。

当サイトではこうした女性向け就職サイトのご紹介をはじめ、女性フリーターの就活の方法、女性ならではの問題や悩みについての記事も掲載していきたいと思います。


新着記事