女性フリーター向け 就職サイトランキング
スポンサーリンク

高卒女性フリーターの就職

就活時に気になる「高卒」という学歴

高卒と大卒

現在就活中の女性フリーターの中には最終学歴が高校卒業、つまり高卒の方もいらっしゃるでしょう。昔ほどではないにせよ大学進学率は男性より女性の方がやや低めですから、女性フリーターの方が高卒が多いということになります。

自分の学歴って普段は別に気にしていなくても、就活する時には学歴が大きく影響してくるので嫌でも意識しますよね。応募条件が「大卒以上」となっている求人を見るたびに落ち込んでしまう方も少なくないと思います。

高卒が原因でなかなか就職先が見つからない、また学歴のことで人から見下されたといった経験があるとしたら、高卒という事に対してコンプレックスを持ってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

大学に進学しなかった理由

高卒に対してネガティブなイメージを持つ人もいますが、もちろん「大卒が良くて高卒が悪い」という事はありません。何か目的があってあえて大学には進学しない人もいますよね。

例えば野球選手なんかは早く活躍するために高卒でプロ入りする人が多いですし、もっと身近な所では実家の店や漁師、農家の仕事を継ぐために高校卒業したら働き始める人もいます。

これらのケースでは肝心の就職先がすでに決まっているため、就職で有利になるためにわざわざ進学する必要がありません。大学には行くよりもその分早く社会に出た方がメリットが大きいんですね。

しかしそういった理由とは異なり、

  • 金銭的な問題・家庭の事情で大学には通えなかった
  • 希望の大学に落ちてしまった
  • 大学には行きたくなかった
  • 早く就職したかった
  • 大学に進学したものの中退した

など別の理由があって高卒になったという方もいらっしゃいますよね。

これらの理由で高卒になった方達、特に大学に進学したかったけど何らかの事情から断念した方は、就活が上手くいかない度に「やっぱり無理してでも大学に行っとけばよかった」と後悔しているのではないでしょうか。

高卒が大卒より不利と言われるのはどうして?

高卒フリーター

ではなぜ多くの高卒フリーターが高卒という事に対して引け目を感じたり、今になって大学進学しなかった事を後悔してしまうのでしょうか。

冒頭でも言った通り、普段の生活で学歴コンプレックスを感じる機会はそうそうないと思います。感じるとすれば学歴の話になった時くらいですね。

中には「どうしよう…高卒だってバレちゃう」とハラハラする人もいるかもしれませんが、「別に友達や知人に高卒だという事が知られても恥ずかしいとは思わない」という人の方が多いのではないでしょうか。

やはり高卒という事で困ることが多いのは、プライベートではなく就活の時です。それはなぜかというと言うと、高卒は大卒よりも就職で不利になるからです。

高卒が大卒より不利になる、という事はよく言われますよね。具体的にはどんな点が不利になるのでしょうか。

応募できる求人が限られてくる

求人の中には応募条件として最終学歴を指定しているものも多いです。その際「高卒以上」なら問題ありませんが、「大卒以上」「短大・専門卒以上」となっていれば高卒者は当てはまらないため、応募すらできなくなってしまいます。

こうした大卒・短大卒以上の求人って結構多いんですよね。高卒が不利と言われる理由で一番大きいのがこの応募条件に関してではないでしょうか。

大卒者より出世しにくい

高卒だと出世できないという事は決してありませんが、大卒よりも出世しにくいという事実はあります。というのも、大卒で入社した人は最初から幹部社員に育てる予定で、高卒社員は出世コースから外されているという会社も残念ながら存在するからです。

会社によっては高卒でも実力があって上から評価されれば出世コースに加われますが、その頃には同期の大卒組はさらに先へ進んでいます。つまり、少なくとも高卒と大卒ではスタートラインが違うという事です。

給料が低い

大卒者が高卒者より収入が多いのは、高給与の職に就いている人が多いという事もありますが、学歴によって給料に差を付けられるのが原因でもあります。

高卒者は大卒者に比べて初任給が低く設定されていることが多いです。そのため同じ会社でも、入社時点で同期と給料が5万円以上違うということだって珍しくないんです。

初任給に関しては学歴別初任給制を廃止する企業も出てきています。ですが大卒と高卒の出世スピードを考えると、やはり入社して数年後には給料額に差がついてくるのではないでしょうか。

他にもあるとは思いますが、この3つが大きいですね。

やはり高卒というだけで応募すらできない会社がある、というのはかなりのハンデといってもいいと思います。それだけ選択肢が狭まるということですからね。

こうした高卒のデメリットと言える部分があるからこそ、大卒の方が就職に有利と言われるんです。

高卒 女性フリーターが就職するポイント

ポイント

しかし、高卒でも就職に成功している人はたくさんいます。決して高卒だから就職先が見つからないという事ではないんです。

ですから高卒を理由に就活を諦めている方がいたら、ぜひフリーター脱出を目指して頑張ってみてください。

高卒で就職するための最大のポイントは、高卒でも採用してくれる企業をいかに探せるか、という点にあります。

人は学歴がすべてではありませんから、企業の中には学歴に関係なく個々の能力や人柄を重視して採用してくれる所もあります。こうした企業なら高卒でも採用を勝ち取れますよね。

ですからそうした学歴以外の部分を評価してくれる企業を狙って就活を進めていけば、高卒フリーターが正社員就職することも十分に可能なんです。

ただ、能力・スキル重視ということであれば前職の経験を活かして…という方法で転職することもできますが、中には正社員経験が無かったり、あってもあまり継続年数が長くない、また前職とは違う異業種にチャレンジしたいというフリーターもいるでしょう。

そうなると今までの経歴を活かして転職する方法が取れないですから、能力・スキルをアピールしての就活は難しくなってきます。

そんな場合は「未経験歓迎」の求人を狙うのが良いです。未経験可ということは少なくとも職歴・スキル重視の採用方法ではないということが分かりますよね。

こうした募集の仕方をする企業というのは、仕事は入ってから覚えてもらえばいい、一から育てていきたい、と考えてくれていますから、最初は仕事に関する知識がなくても大丈夫なんです。

ただし未経験採用は若い世代が求められるため、採用されるのは20代がメインとなります。

20代前半ならかなり有利ですが、20代後半でもまだ間に合います。30代になると一気に需要が減るため、就職するなら20代のうちがチャンスです。

高卒フリーターにおすすめの就活方法

つまり、高卒フリーターの就活は、

  • 未経験歓迎求人
  • 20代

がキーワードとなります。

この2点を踏まえて就活を進めるなら、20代のフリーター向け就職支援サービスの利用がオススメです。

これらは20代を対象としたフリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスです。DYM就職もハタラクティブもジェイックも、未経験歓迎の求人を豊富に取り扱っているのが特徴です。

DYM就職

未経験可の求人をお探しの20代高卒女性フリーターに特におすすめなのが、就職支援サービスのDYM就職です。

なぜDYM就職がおすすめかと言うと、DYM就職では書類選考無しで面接をセッティングしてもらえるからです。

高卒の場合、高卒という肩書きだけで書類選考を落とされてしまうことが多々ありますよね。そんな時「もっと中身を見て欲しいのに…」と思いませんか?

DYM就職なら学歴や職歴だけで判断することなく、書類選考無しで採用担当者に会う場を作ってくれます。高卒フリーターも中身で勝負できるんです。

正社員経験が無い、今までニートだったという方でも大丈夫。初めての就活をしっかりサポートしてくれます。

他にもDYM就職では厳選された優良企業の求人を扱っていますから、惹かれる就職先がきっと見つかります。全国の求人を扱っているので、興味のある方はまず公式ページから登録してみてください。

DYM就職 詳細はこちら

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代のフリーター・既卒から正社員を目指す方向けの就職支援サービスです。未経験からの正社員就職を応援してくれます。

ハタラクティブで扱う求人は未経験OKの企業のみ。さらに、紹介する職場は担当者が実際に目で確認しています。だから安心感があります。

面接は企業ごとに対策をしてくれて、終わった後もフィードバックがあるので次に活かせます。こうした取り組みのおかげで高い内定率を誇ります。

現在は主に東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都の地域をサポートしていますから、対象エリアにお住まいの方はぜひチェックしてみてください。

ハタラクティブ 詳細はこちら

ジェイック

ジェイックは無料就職支援講座を受けた後、複数の企業と同時に会える面接会に参加するという流れで求人紹介を受けられる就職支援サービスです。

20代のフリーター・第二新卒・既卒・大学中退の人を対象としていて、高卒フリーターの就職も数多く支援しています。

最初に受ける就職講座でビジネスマナーなど社会人としての基本スキルを身に付けられるため、社会人経験が少なくても自信を持って就活できるようになるのが魅力です。

ジェイックではいくつかのコースが用意されていて、中には女性専門の「女子カレッジ」というコースもあります。

女子カレッジについてはインタビュー記事もあるのでぜひご覧になってみてください。

ジェイック 女子カレッジってどう?取材してきました!|女子カレッジ インタビュー

ジェイックは本気で就職を目指す方におすすめの就職支援サービスです。

ジェイック 詳細はこちら

20代の未経験者を歓迎している企業を自力で探し出すには限界があると思います。ですからそうした求人ばかり扱っているサービスを使うと効率的に情報収集ができます。

女性フリーター向けの未経験者歓迎の正社員求人も多数あるそうです。

また求人紹介だけでなく企業選びや就活に関するアドバイスも受けられるので、就活に慣れていないフリーターの方もサポートを受けながら就活を進めることができます。

これらのサービスは無料で利用できるので、就活中のフリーターの方はまず一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

学歴重視から能力重視の世界へ

近年は女性の社会進出に伴い、女性の大学進学率も上がっています。一昔前までは「女はどうせ家庭に入るんだから大学なんて行く必要無し」と言われたものですが、今はそんな時代ではないんですよね。

性別に関わらず、今や半数以上が大学に進学する時代。今後も大学進学率はさらに上がっていくでしょうから、高卒者はどんどん少なくなって、いずれ高卒は少数派になってしまうでしょう。(世代によってはすでにそうですが)

しかしその一方で、企業の体質が学歴重視から能力重視に変わってきているというのも事実だと思います。

実際、歴史がある分古い体質の大企業などでは未だに学歴重視ですが、急成長中の若い企業では能力重視で優秀な人材をどんどん採用しています。

高卒だろうと大卒だろうと、能力の高い人はひっぱりだこ、逆に何のスキルも無い人は学歴が良くてもどこも雇ってくれないという時代が近づいているのかもしれません。

そのためにはスキルを磨いて自分の価値を高めなくてはいけませんから、今のうちにフリーターを抜け出し正社員就職し、少しでも多くの経験を積むことが重要になるでしょう。

現在バイト生活を送っている高卒フリーターの方は、数年後、数十年後の未来の事を考えた上で就活をしてみてくださいね。

高卒 女性だから就職できない、ということはありません

職歴なし、ブランク期間が長くなってしまった高卒女性、フリーターやニートといった方の中には、

今から就活をしても就職できないのでは・・・

と悩んでしまっている方もいるかもしれません。

職歴なし・社会人未経験の方の就職では特に「年齢」が重要なのですが、20代であれば無職の期間が長くても、フリーター生活が長くても正社員就職することは十分に可能です。

就職活動の方法を選ぶことが出来ます。

・ハローワーク
・求人サイト
・企業の採用ページから直接応募
・求人誌
・正社員登用ありバイトへの応募
・紹介予定派遣
・就職支援サイト

などを挙げることが出来ますね。

どの就活の仕方を選んでも正社員就職の可能性がありますので、ご自分に合った就活方法を選ばれると良いと思います。

しかし、就職活動に自信が無い高卒女性の方、ブランク期間が長く就活に不安がある方は、サポートしてもらいながら就職先を探す事が出来る就職支援サイトの活用がオススメです。

実際、多くの女性フリーターやニート、大学中退といった方も利用して就職先を見つけています。

様々な業界・職種の未経験OK求人がある事が、こうした就職支援サイトの特徴ですね。

遠方の就職サポートも可能なところとして、

などもオススメです。

拠点があるエリアを中心に求人を取りそろえていますので、東京や大阪などを中心としてであれば地方にお住まいの方でも相談が可能です。

DYM就職は東京、大阪、名古屋、福岡、札幌に拠点がありますね。
対応エリアでいうと、DYM就職の方が広くなっています。

地方にお住まいの場合には都市部に出ないと就職先が見つからない、といった問題がある場合もありますので、こうした就職支援サイトを上手く活用されて情報収集をしてみてはと思います。

高卒女性が未経験から正社員になりやすい仕事

高卒フリーター、ニートといった女性が職歴なし・未経験から正社員になりやすい仕事をみていきたいと思います。

・事務職
・営業職
・ITエンジニア
・販売・サービス

などは、就職先にもよりますが比較的、労働環境が良い企業も多いために家庭と両立しやすい企業が探しやすいといえるのでは、と思います。

エステティシャンなどは女性が歓迎される職業ではありますが、労働環境が過酷なことがニュースになったこともあり、避けたいと考える女性も多いのではないでしょうか。

基本的には、学歴や性別で採用を決める企業は減ってきていますし、女性が活躍できる企業になるために、積極的に環境整備をし、産休・育休、介護休暇などの福利厚生を充実、短時間正社員制度など取り入れたり、残業時間削減に取り組んだりといった企業も増えています。

正社員として長く働く事を希望されている女性は多いと思いますので、出来る限り、こうした女性が安心して働きやすい企業を見つけたいですね。