女性フリーター向け 就職サイトランキング

30代女性フリーターでも就職できる?

30代女性が就職するコツ

30代女性フリーターの就活

20代の頃はフリーターをやっていてもいざとなれば就職することもそこまで難しいことではありませんでした。本人にやる気があって、仕事も選り好みしなければいくらでも就職先は見つかったのです。

しかし30代になったらどうでしょう。

「いよいよ本気出さなきゃヤバイ」と思い立って就活を始めたとしても、就職先はなかなか見つかりません。20代と30代では置かれている立場が全く違うんですね。

しかも女性フリーターは女性特有の問題もあります。20代後半~30代は結婚・出産をする人が多いですから、採用側はそれを理由に採用を控えようとするケースもあるのです。

このように30代女性フリーターは大変厳しい状況に置かれていますが、もう就職は無理という事では決してありません。

もうずっと不採用が続いているという方も、就活の方法を見直すことでまだ就職できるチャンスは残されています。ただやみくもに就活を行うのではなく、30代女性フリーターに合った方法で正社員就職を目指していきましょう。

今までのキャリアを活かせる職場を狙う

もし今までのキャリアが一つの業界・職種で一貫しているのであれば、そのキャリアを活かせる職場を探すのが一番確実です。

例えば、今まで

【アパレル販売 → ホームセンターレジ業務 → カフェスタッフ → インテリア販売】

と働いてきたのであれば、就職先はやはり販売・接客の仕事を狙った方が成功率は上がります。

ちなみに本当は正社員勤務経験が望ましいですが、アルバイト経験であっても3年、5年と長期間働いていれば評価してもらえるでしょう。

アルバイト、パートから正社員登用を狙う

今までの職歴がバラバラ、もしくは次は違う業界で働きたいということで今までのキャリアを活かせない場合。

それならいきなり正社員求人に応募するのではなく、正社員登用ありの職場でバイト・パートとして入社した方が正社員に近づけるかもしれません。未経験でもバイトなら採用のハードルは下がるので、正社員より確実に採用されやすくなります。

ただし入社後実際に正社員にしてもらえるかどうかは本人の頑張り次第によるところもあります。

紹介予定派遣で働く

派遣の働き方の一つに紹介予定派遣があります。紹介予定派遣は正社員採用を前提とした働き方で、最初は派遣として働き、数ヶ月後に会社側・本人双方の合意が得られれば改めて正社員として採用してもらうという制度です。いわば採用前にお試し期間を設けるというイメージでしょうか。

経験が浅い・未経験でも採用してもらえる可能性があるので、正社員を目指すフリーターにおすすめの働き方です。

職業訓練に通ってみる

就職に有利になるような資格や職歴がないのであれば、職業訓練に通うという手もあります。

職業訓練は数ヶ月~数年間就職のための勉強をする場所で、就職に役立つ資格やスキルを身に付けることができます。条件が合えば失業保険をもらいながら通所することも可能です。

数ヶ月間、訓練内容によっては1年以上の期間を費やすことになるため、その間の職歴が空白になってしまうというリスクがあります。

しかし卒業直後は短期決戦で集中的に就活する気になれるというメリットもありますから、長期間フリーターを続けていて就活する気すら湧かなくなってきたという方にはオススメかもしれません。

30代、40代女性が活躍する職場を狙う

女性が活躍している職場、特に30代~40代以降の女性が多く働いている職場は狙い目です。

多くの女性が定着して働き続けているということはそれだけ女性が働きやすい職場であるという事の証ですし、育児に対する理解もあるでしょう。

それにこうした職場の中には、採用の際スキルや経験よりも人柄で選ぼうとする職場もあります。その場合は社内の輪を乱さずにまったり働いてくれそうな人が採用されたりします。

諦めないで!30代女性フリーターの就活

世の中には本当にたくさんの会社があります。そしてどんな人材を欲しがっているのかというのはその会社ごとに違います。

採用基準は年齢や職歴、スキルだけがすべてじゃありませんから、もし会社の欲しい人物像に合致すれば未経験でも採用される可能性は十分にあるという事です。

そうした会社に出会えるまで、30代でも諦めずに就活頑張ってくださいね!