女性フリーター向け 就職サイトランキング
女性フリーター向け 就職サイトランキング > 30代女性フリーターの就職 > 30代前半女性フリーターにおすすめの就活法

30代前半女性フリーターにおすすめの就活法

20代で就職できなかった30代フリーターの焦り

30代女性フリーターの就活法

フリーターの就職に関して、

「フリーターの就職は20代のうちに!」
「30代になったら就職は難しい」

という話はよく聞きますよね。

実際にフリーターから就職するなら早い方が良いのは間違いないですし、未経験なら20代の若い人材の方がニーズが高いというのも確かです。

ですから当サイトでも「フリーターは20代のうちに就職しよう」といったような事はよく言っていますし、そうした内容の記事はたくさんあります。

ですが、世の中には20代のうちに就職できないまま30代に突入してしまったフリーターの方もたくさんいると思います。

28歳、29歳くらいになって焦って就活を始めたものの結局就職できずに現在もバイト生活を続けている30代前半のフリーターの方は今、

「20代のうちが勝負って言われてたのに30歳になっちゃった…。もう就職できる可能性はなくなっちゃったの?」

と焦っているのではないでしょうか。

そして正社員になれないまま31歳、32歳と歳を取るにつれ「このまま一生フリーターのままかもしれない…」という不安が募り、毎日眠れない夜を過ごしているかもしれません。

しかし安心してください。30歳を過ぎても、フリーターを卒業することはできます!

30代フリーターの就職が難しくなる理由

そもそも、なぜ世間では30歳を過ぎたフリーターの就職は難しいと言われているのでしょうか。

それは冒頭でも言った通り、未経験で採用するなら若い人材が欲しいと考える企業が多いから、という理由がまずあります。

フリーターから就職する場合、未経験の仕事にチャレンジすることになるケースが多いです。飲食系のバイトから事務職、コンビニ店員から営業職といった形ですね。

しかし未経験の場合、入社後はまず仕事に必要な知識を一から学ばなくてはいけませんよね。教育期間中の新人は会社にとってプラスになるどころか、逆に教育に掛ける時間・手間・コストが掛かるためマイナスです。

そんなリスクを負ってまで未経験の新人を採用するならば、一人前に成長した後できるだけ長く活躍して会社に貢献して欲しいと考えるものです。そのためできるだけ若い人の方がいい、つまり20代の人材を求める訳です。

また未経験で一から教える場合、単純に若い方が素直だし覚えが早いという事も理由の一つとしてあると思います。

歳を取るにつれて素直さが失われ頭も固くなってきますし、さらにはプライドも高くなってくるため教える側としてはやりずらくなるんですよね。

それに30代で新人として入社した場合、上司が年下というケースも発生します。そうなると上司の方が委縮して指導しづらくなったりと、良い関係を築くのが難しくなります。

そうした事を懸念して、あまり歳のいった未経験者は採用しないようにしているという会社もあるでしょう。

他には、「30代にもなってフリーター」という事も就職を遠ざける要因になっています。

これだけ非正規雇用で働く人の割合が増えた今、昔に比べると正社員経験がないフリーターにもある程度の理解を示す採用担当者は増えていると思います。

自分で望んでフリーターを続けていた訳じゃなく、就職したくても正社員求人が少なく難しいから仕方なくフリーターを続けてきた人もたくさんいるためです。

しかし、それでも25歳くらいを境に徐々に就職するフリーターが増え、30代になるまでには大半の人がフリーターを卒業しています。

就職が難しいとは言っても全くない訳ではないし、実際に多くのフリーターが正社員就職を果たしている事を考えると、必死で就活したりある程度の妥協をすれば、20代のうちにフリーターから就職することは決して無理な事ではないんです。

そう考えると、30代になってもまだフリーターをしているということは、

  • これまで本気で就活してこなかった
  • 「フリーターのままでも大丈夫」と甘く見ていて、危機感が足りない
  • どこの企業も採用したがらないほど能力が低い

このうちのどれかが当てはまるのだろうと思われてしまい、印象が悪くなってしまうんですね。

あとは30代女性特有の理由として、結婚してすぐ退職されるのを回避したいという考えもあります。

女性の場合、結婚を機に退職する人が多いです。また結婚直後は辞めなくても、妊娠した時点で退職する人も多いですよね。

しかし企業からするとせっかく採用した人にすぐ辞められてしまうと困りますから、すぐに辞めそうな人はなるべく採用しません。

特に30代の独身女性はいつ結婚してもおかしくないですし、結婚後は年齢的な問題もあり早めに子供を欲しがる人が多いので、なおさら警戒されます。

女性の働き方に理解のある会社なら育児しながら働ける体制が整っているのでそういった理由で採用を見送ることはないのですが、残念ながら世の中にはそうじゃない会社が多いですからね。

こうした事があるため、30代フリーターは正社員として採用されにくくなってくるんです。

30代フリーターだから就職できない、ということはない!

このように30代女性フリーターの就職が難しい理由を聞くと、「やっぱり30歳を過ぎたらフリーターから脱出するのは無理かも」と諦めそうになってしまうかもしれません。

しかし、世の中には様々な会社があります。30代フリーターを採用したがらない企業が多いというのは一般論であり、すべての企業に当てはまるということではないんです。

つまり、30代のフリーターでも採用してくれる企業も存在するという事です。

30代になったフリーターは自己肯定感が低くなってしまっていて、自分には価値が無い、どの企業からも求められていないと思い込んでしまいがちです。

しかし、社会全体から見れば30代というのはまだまだ若い方ですし、32歳、33歳といった30代前半の人も「若手」として扱ってくれる会社もたくさんあります。

また「バイト経験は職歴に含まれない」と考える企業もありますが、バイト経験もしっかり評価してくれる企業だってあります。これまでのバイト経験を活かせる仕事なら十分な強みになります。

そして、職歴や年齢だけで評価するのではなく、やる気や人柄といった中身を評価してくれる企業もあります。そういった企業なら30代フリーターでも面接次第で採用のチャンスはあります。

それに30歳を過ぎてから就活しているフリーターというのはみんな本気で就職したがっているし、就職した後は一生懸命働きます。

「もうフリーターには戻りたくない」
「もう後がない」

という気持ちがあるため、多少辛くても簡単には辞めない人が多いんですね。

そのためまだ危機感の足りない20代の若い子より、本気で人生を立て直そうと頑張る30代フリーターの方が一生懸命働いてくれるから良いと考えてくれる企業もあるでしょう。

このように、30代フリーターにも企業からのニーズはあるんです。ですから全然就職できないという場合は、年齢やフリーターという肩書きのせいではなく、自分自身に問題があるのかもしれません。

自分に自信のない人というのは面接でもどこか投げやりな態度になってしまったり、自己アピールも下手です。それではどこの企業も採用してくれません。

まずは自分に自信を持ってください。必要以上に自信家になるのはダメですが、自分を卑下するのを止めるだけでも採用担当者に与える印象は大きく変わります。

そして30代フリーターでも就職できるということを理解し、諦めずに就活を続けることが大切です。

30代前半のフリーターにおすすめの就職支援サービス

ただ、当然ですが30代フリーターでも歓迎という企業の数は決して多くはありません。数少ない求人をどうやって見つけられるかがポイントになります。

フリーター就職には就職支援サービスの利用が便利なのですが、フリーター向けの就職支援サービスの多くは10代~20代限定となっているため、30歳を過ぎてしまうと利用できるサービスは少なくなってしまいます。

しかしただでさえ少ない30代フリーター向け求人を探さなくてはいけないのに、自分一人の力だけで探し当てるのは難しいですし、効率も悪いです。

ですからやはり就活するなら就職支援サービスの力は借りたいところです。

そこで、30代前半でも利用できる、30代前半の女性フリーターにおすすめの就職支援サービスをご紹介します。

DYM就職

DYM就職

DYM就職はフリーター・既卒・第二新卒・ニート向けに就職サポートを行う就職支援サービスで、35歳までの求職者が利用できます。

求職者・採用側両方の希望を把握したコンサルタントが条件に合う求人を紹介してくれるので、登録すれば30代女性フリーターでもOKという企業と出会うことができるようになります。

また、DYM就職では書類選考なしで面接をセッティングしてくれるというのが特徴です。学歴や職歴といった肩書き以外の部分で評価してもらえるため、30代フリーターにもチャンスが増えるんです。

他にも面接対策、面接日の調整、条件交渉などのサポートも受けられるため、利用するメリットは大きいです。

登録・利用ともに無料ですから、フリーターから就職を目指すならぜひ活用してみてください。

DYM就職は現在、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌に拠点があります。地方から東京の求人を探す際にも利用できますので、地元を出て上京をお考えの方もチェックしてみてはいかがでしょうか。

30代前半が脱フリーターできる最後のチャンスと考えよう

30代だともう就職するには遅いかもとお考えになっていた方は、30代でもまだまだ遅くはないという事がお分かりいただけたと思います。諦めずに行動に移せば道は拓けますから、ぜひ頑張って就活に励んでみてください。

しかし、もし「まだ30代だから大丈夫」と開き直っているとしたらそれは危険です。

30代でもまだ間に合いますが、決して余裕ということではありません。20代の若い頃に比べて不利になっていることは確かです。

30代でもギリギリなのに、これが40代になってしまったらもうアウトです。過去に正社員経験のあるフリーターなら別ですが、正社員経験ゼロならよほどの強運の持ち主かコネでもない限り就職は難しいでしょう。

それに、30代といっても前半と後半では立場が全然違います。

30代前半なら先ほどご紹介したDYM就職も使えますが、38歳、39歳と40手前になってしまえばそうしたサービスも利用できなくなりますし、またイメージとしても30代後半はさすがに若手という印象は無くなってしまいます。

40歳を過ぎたら就職は不可能とまでは言いませんが、未経験でフリーターから就職するなら30代、それも30代前半までが限界と考えておいた方がいいです。

あれこれ考えているうちにもあっという間に時間は過ぎていきます。就職したくて焦っている30代前半の女性フリーターは、今すぐ行動に移しましょう。