女性フリーター向け 就職サイトランキング
女性フリーター向け 就職サイトランキング > 30代女性フリーターの就職 > 30代フリーターになっても就職を諦めないで!

30代フリーターになっても就職を諦めないで!

30代からの未経験就職は難しい

30代女性

フリーターからの就職は簡単ではありません。すんなり決まる人もいますが、就活で苦戦する人の方が多いでしょう。

しかし、20代のフリーターでも苦労するくらいですから、30代になるともっと大変なんですよね。

フリーターからの就職が難しいのは、活かせる経験が少ないというのが第一にあります。正社員からの転職の場合は前職の経験を活かして経験者として応募できますが、フリーターの場合それができません。

そのためフリーター就職では未経験採用となる訳ですが、企業としては未経験者を採用するならのびしろが多い20代の若い人材を求めます。

ですから30代で未経験となると、ニーズは激減します。30代は経験者のみということで門前払いをくらうことも非常に多くなります。

こうした状況ですから、30代になってしまった女性フリーターの方の中には、すでに就職を諦めてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

30代未経験者が採用されない理由

そもそもなぜ30代以降の未経験者は採用を渋られてしまうのでしょうか。20代が優遇される理由と共に考えてみましょう。

頭が固くプライドが高い

年齢を重ねるにつれて頭が固くなって物事を素直に聞き入れられなくなってきます。これは経験者の方が特にそうなんですが、新しい事を教えても「でも前の会社ではこういうやり方だったので」と突っぱねる人が増えてくるんですよね。

これが20代前半でまだ社会人経験もあまりない人なら仕事を教えたら反抗することもなく素直に覚えてくれるので、結局「若い方が育てやすい」という考え方になってしまうんです。

同じように歳を重ねるとプライドも高くなってきますから、この事も教育のしにくさに関わってきます。仕事を教えたり注意したりした際、「年下のくせにエラそうに…」なんて態度をとる人もいますからね。

仕事の覚えが遅い

まだ30代ならそれほど老化を意識することは少ないでしょうが、それでも20代の頃に比べると「言葉がぱっと出てこなくなった」「頭の回転が遅くなったかな?」と思うこともあるのではないでしょうか。

やはり20代と30代では仕事を覚えるスピードが違います。そうした理由から若い人材を求める経営者も多いでしょう。

既存の社員より年上の新人になってしまう

平均年齢が若い会社だと、20代でも中堅、下手したらベテランと呼ばれる地位にいることもあります。その場合30代の新人が入ってくると、仕事を教える先輩社員の方が年下になってしまいます。

年下の先輩と年上の後輩というのはなかなか難しいものです。これが上司と部下の関係になるとなおさらですね。先ほどのプライドが高くなるという話にも通じますが、年下に怒られるのは精神的にキツイという方は少なくないです。それにこちらが平気だとしても、年下側も大変やりにくさを感じます。

こうした事態を避けるため、既存社員との年齢差を考慮して30代未経験者はお断りしているという会社もあるでしょう。

体力が衰えてくる

立ち仕事の販売職など体力が必要な仕事の場合、30代後半にもなってくると体力的な衰えも気になってきます。

それに30代になるとだんだん疲れがたまりやすくなってきますよね。10代~20代の頃は徹夜も平気だったのに、今は6時間は寝ないと無理という方もいらっしゃると思います。

30代はこうした体力面での懸念もあるため、やはり健康で丈夫な20代を採用したいな…という企業も多いです。

「30代で新人」が許されない

世の中には新人=若者というイメージが定着しています。ですから例えば自分が買い物客の立場だったら、店員の20歳そこそこの女の子が何か失敗したとしても「まぁまだ若いし新人で慣れていないんだな」と思って大目に見てあげられますよね。

しかしこれが30代の女性だった場合はどうでしょう。「この人ベテランっぽいのに何なの?こんな簡単な事もできないで」とイラッとしませんか?

若いから許される(大目に見てもらえる)事というのがあります。逆に、新人だろうと若くないというだけで見逃してもらえなくなる事も多々あるんです。

こうした事から、若くない新人は扱いづらいということで敬遠する企業もあります。

このように、30代で未経験というのは20代に比べて不利になることが多いんです。ですから20代の未経験者から採用しようとする企業が多いんですね。

30代女性の強みとは

しかし、30代にも20代にはない強みがあります。

20代の人より人生経験が豊富

30代は20代の人より長く生きてきた分、色々な経験を通じて身についてきた知識が多いです。仕事として教わる事以外の事という意味です。

例えば販売職でお客さんが急に過呼吸で倒れた時、とっさに紙袋を用意するといった行動は同じような経験がないと思いつきませんよね。テレビ番組や本を見て知っていた、という事でもいいですが、それも生きてきた年数が長い程蓄積した知識は多いと思います。

また時には新人でありながら若い社員の相談役としてお姉さん的な存在になる場合もあるでしょう。30代女性は20代の若者にはない人間的深みを持っているんです。

勤労意欲が高い

30代女性フリーターは今まで就活で苦労してきた分、就職した後は頑張って働く人が多いです。何となく就職した20代に比べて、明確な目的を持って働くので勤労意欲が高いんです。

ですから早期退職せず長く働いてくれる30代の新人を重宝してくれる企業もあります。

落ち着きがある

仕事はどんな仕事でも若ければ若い程良いとは限りません。中には30代以降の落ち着きが必要になる仕事もあります。

例えば若いと話の説得力や信用に欠けることがあります。20代そこそこの営業がアレコレ説明しても上辺だけのイメージを与えてしまいますし、高価な買い物をする時にはお任せするのが怖いと思うこともあります。そうした際に年齢だけである程度の説得力や安心感を与えることができます。

このように30代という年齢にもメリットはあります。30代だからといって必ずしも不利になるとは限らないんですね。

ですから30代でフリーター就職を目指すなら、こうした強みを生かした就職を意識してみるといいでしょう。

企業が求める人材を知るには

そうは言っても、実際に企業がどんな人材を求めているのかはなかなか分かりませんよね。求人票には最低限の希望条件しか書かれていないし、人柄や具体的な年齢については分かりません。

そうした求人票だけでは分からない企業のニーズや情報を知りたい場合は、就職支援サービスを使ってみましょう。

ワークポート

未経験からの就職に強い就職支援サービスです。未経験OKの企業からの求人を豊富に取り扱っています。

こうした就職支援サービスを利用するメリットに、企業の詳しい情報が手に入るという点があります。コンサルタントは求人に関する詳しい情報を持っているため、具体的な仕事内容や職場の人間関係など、求人票だけでは分からない情報も入手できます。

さらに分からないことがあれば代わりに質問してもらうこともできるので、直接は聞きづらい給料や休みに関する事も知ることが出来ます。

そしてこうした情報の中には、当然「企業がどんな人材を求めているのか」という情報も含まれています。それを元に求職者と企業をマッチングさせています。

ですから就職支援サービスに登録すれば、30代という年齢、そしてこれまでの職歴や人柄を元に、あなたにぴったりの企業を紹介してもらえるんです。

自分の強みを生かして就職したい、自分に合う企業で働きたいという方は、ぜひ就職支援サービスを利用してみてください。

今回ご紹介したように、歳を重ねたらその分強みとなる部分も出てきます。ただやはり就職市場では少しでも若い方が有利という流れは確実にありますし、就職難易度は年々上がってくるでしょう。

ですから30代フリーターの方はまだまだチャンスがありますから、今から諦めてしまうことなく、少しでも若いうちに就職を決めてしまいましょう。

諦めなければきっとあなたを選んでくれる会社に出会えますから、それまで頑張ってみてくださいね。