女性フリーター向け 就職サイトランキング

結婚・出産後も働きやすい職場選び

女性ならではの職場の選び方

家庭と仕事の両立

女性ならではの就活のポイントとして、「結婚・出産後も働きやすい職場を選ぶ」ということが挙げられます。

男性の場合は就職先を選ぶ際、そういった基準で選ぶ人は少ないと思います。男性は女性に比べて結婚後に仕事量をセーブしたり、退職を検討する人が圧倒的に少ないからですね。

一方女性は結婚した後も仕事を続ける人は増えてきましたが、やはり出産前後は仕事を休まなくてはいけなくなりますし、育児がスタートしてからは家庭との両立のため今まで通りの働き方ができなくなることが多いです。

しかし育児に理解のない職場だと急な休みに対応してもらえなかったり、そうした欠勤や遅刻・早退に否定的だったりします。そのため職場に居づらくなり、仕事を続けたいにも関わらず退職しなくてはいけない状況になることもあるんですよね。

そういった事を避けるため、結婚後も仕事を続けるためには結婚・出産後も働きやすい職場を選ぶ必要があるんです。

今後は男性が育児休暇を取る事も当たり前になって、男性もどんどん育児に参加していく世の中になっていくと思います。しかし出産するのが女性という事は変わりないですから、やはり女性と出産・育児は離して考えることはできないでしょう。

ですから「自分が結婚したら旦那に主夫になってもらって私がバリバリ働く予定!」と思っていても、産休・育休についてはきちんとチェックしておく必要があります。

また、結婚・出産を想定した職場をする必要ってある?のページでも説明していますが、将来結婚はしない予定という方も出産・育児を見据えた職場選びというのは大切です。今は予定がなくても、将来はどうなるか分かりませんからね。

出産後も働きやすい職場の条件

では、結婚・出産後も働きやすい職場というのは具体的にどんな職場になるでしょうか。

産休・育休が取りやすい

産前産後休業・育児休暇は条件さえ満たせば誰でも取得できる権利があります。しかし残念なことに、会社によっては「今まで誰も取ってない」「休むなら辞めてもらう」といったように圧力を掛けられ、何だかんだで取得させてもらえない会社もあります。

こういった体質の会社は育児に理解のある職場とは言えませんから、産休育休以外にも育児中ママが働きづらいと感じるシーンは多々出てくると思います。

逆に言えばすんなり取らせてくれる企業は育児に協力的なケースが多いです。ですから産休・育休が取りやすいかどうかは育児に理解のある職場かを見極める一つの目安になりますね。

実際に取りやすいかどうかを確認するには、就職支援サービスの担当コンサルタントに聞いてみるか、産休育休取得の前例があるかどうかをチェックしてみてください。

急な休み・早退・遅刻にも対応してくれる

子供が小さいうちは急な発熱など体調を崩しやすいですから、その度に看病のため会社を休んだり、病院に連れて行くのに遅刻や早退をする機会が増えてしまいます。仕事ですから急な欠勤や遅刻は周りの人に迷惑が掛かってしまいますが、子育て中だとどうしても避けられない面もありますよね。

フォロー体制がしっかりしている職場なら急な休みにも対応してもらえますから、次の日に周りから冷ややかな目で見られるようなことも避けられるでしょう。

こうした職場では同じような状況のママさん達が多く働いているはずですから、職場に育児中の女性がいるかどうかという点をチェックすることである程度判断できると思います。

残業が少ない

旦那さんや子供のために晩御飯はしっかり作ってあげたいということで、結婚後はあまり遅くまで働きたくない、18時には家にいたいと希望される方は多いです。

定時が17時や18時まででも、残業が多いと結局帰りは遅くなってしまいますね。ですから残業が多い職場は結婚後にも働きやすいとは言えません。家庭を持ってからも仕事を続けるなら、なるべく残業が少ない職場、もしくは残業なしの職場を選ぶようにしましょう。

普段は定時上がりだけど月末などある時期だけ残業が増えるという職場も多いですから、そのあたりは妥協する必要もあるかもしれません。

土日が休み

休日はなるべく家族と合わせたいですよね。小学校や中学校、高校に通うお子さんは土日休みですから、それに合わせるには土日休みの仕事を選ぶ必要があります。

夏休みや冬休みには旅行に行ったりすることもあるでしょうから、有給が取りやすい職場だとなお良いですね。

夜勤や変則シフトがない

家庭と育児を両立させたいなら、変則シフト制の職場は避けた方がいいでしょう。働く時間がバラバラだと朝のお弁当作りや見送りが出来なかったり、家族と一緒に過ごす時間がなかなか取れなくなります。また生活リズムが狂いやすいので家庭と仕事を両立する場合体力的にも辛いです。

求人を探す時には職種、給料、休日といったところばかりに目が行きがちですが、結婚後、出産後も家庭や育児と両立しながら働ける職場を探すためにはぜひこれらの条件もチェックしてみてくださいね。

結婚後にあらためて転職するとなると、30代だと転職先を見つけるのに苦労しますよ。