女性フリーター向け 就職サイトランキング

将来のキャリアプランを考えた就活を

20代と30代の就活事情は違う

30代女性フリーターの就職先選び

30歳を過ぎた女性フリーターが就職先を探す際、どんな基準で企業選びをすればいいでしょうか。

20代と30代では就職先の選び方はずいぶん違うと思います。20代は一度就職した後に転職する方も多いですね。

20代の転職理由は、

  • 仕事内容・人間関係が嫌
  • キャリアアップしたい
  • もっと待遇の良い職場がいい

などがあると思いますが、いずれにしても20代のうちは転職先を見つけやすいので、より良い職場を求めて転職をするという選択肢があります。

また、20代のうちならば、

  • とりあえず今のうちにやってみたい仕事をしてみる
  • 将来就きたい仕事に役立ちそうな職に就く
  • 資格勉強・スクール通いの資金集めのためにたくさん稼げる職場で働く

といったように将来の転職ありきで就職先を選ぶこともできます。「将来の目標達成のための通過点」としての就職ですね。

まだ時間的余裕があるので、目標の職に就くためにじっくりと準備をしたり、今のうちにやりたい事をやるという寄り道をすることもできるんですね。

30代フリーターの就職先選び

しかし30代以降のフリーターだと立場が変わってきます。

30代では再就職先を見つけるのはとても大変ですから、もし職場に不満があってもまた就活する事を考えると多少のことは我慢しようという気持ちになるでしょう。そのため安易に転職する人は少なくなります。

それに年齢的に「そろそろ落ち着きたい」と考える方が多いですから、リスクを冒してまで転職をしようという気持ちにはなかなかならないという事もあります。

そして30代は夢に向かって下積みをするというよりも、20代のうちの努力が実を結び始める年代です。これから何かに向かって一からスタートするにはちょっと遅い…とも言えるんですよね。

もちろん年齢のせいで諦める必要は全くありませんし、何事にも遅すぎるという事はないと思います。どうしてもやりたい仕事があるなら今からでもその夢に向かってチャレンジするのは自由です。ただしスタートが遅い分、人の何倍も努力する覚悟はしておかなくてはいけません。

こうした事情があるため、せっかく30代で就職先が決まったのにそこからまた異業種に転職しようとチャレンジする方はあまりいないと思います。

「自分のやりたいことが見つからない」と色々な職業を転々としていられるのは20代のうちだけです。30代はそんな余裕はありませんよね。普通に考えて、30代以降でも職を転々としていられるのは同じ業界内で長年キャリアを積んできた人だけです。

ということで、30代で就職先を探すなら、もう「次が最後」くらいの気持ちでじっくり腰を据えて働ける職場がいいと思います。

ですから30代フリーターの就職先は「長く働ける仕事」がキーワードになります。

女性ならではの視点で就職先を選ぶ

30代の女性フリーターであれば、将来の結婚についても考えておかなくてはいけませんね。結婚と女性の働き方は大きく関係してきます。

結婚後も働き続けたい、子供が出来た後も仕事を続けたいというのであれば、女性の働き方に理解のある職場を選んでおきたいですね。

育児中は急な欠勤、早退等が多くなってしまいますから、そうした事態にも対応してくれる職場でないと働きづらいかもしれません。

ただしここで注意して欲しいのが、結婚や出産についてはあくまで予定であって、もしかすると予定通りにはいかないかもしれないという事です。

現在婚約中の方ならともかく、現在結婚予定はない、彼氏すらいないという方が「結婚後働きやすい職場」という条件を最重要項目に挙げて就活するのは…どうでしょうね。

もちろん結婚した場合は結婚後に働きやすい職場の方が働きやすいのは確実です。ですから今のうちからそうした職場を選んでおくというのも大切なことではあります。

しかし、もしかしたら結婚せずにずっと独身のままという可能性もありますよね。

もしそうなった場合、「結婚後働きやすい職場」という条件ばかり重視して他の給料や福利厚生、休日、仕事内容などは全然希望通りじゃない職場に就職していたとしたら…。

ですから、結婚・出産後を見据えた職場選びはもちろん大切ですが、そこばかり重視して他の条件は無視というのはリスクが高いという事です。

中には「結婚後は仕事量をセーブするつもりだし」ということで派遣やパートの仕事を選ぶ方もいますが、将来の予定が確実ではないという事を考えるとそれは危険な選択です。30代後半~40代になってから「結婚もできなさそうだし正社員就職しよう」と思っても簡単には就職できませんよ。

結局のところ、

  • 結婚後も働きやすい職場
  • 育児関係以外は希望条件通りの職場

のどちらを優先すべきかは一概には言えません。できれば両方が叶う職場が見つかるといいんですけどね。

もし将来自分の想像とは違った生活を送ることになった場合にもその時の状況に合った職場に転職できるように、転職しやすいようなキャリアを積める職場を選ぶことも必要になってくるかもしれませんね。

30代女性フリーターの就職先の条件

このように30代女性フリーターの就活は「長く働ける職場」「結婚後も働きやすい職場」がポイントとなります。

長く働ける職場の条件としては、

  • 人間関係が良好
  • 給料が高い、福利厚生が充実している
  • 自分がやりがいを感じられる仕事

結婚後も働きやすい職場の条件としては、

  • 女性が活躍している職場
  • 育児中のママさんが多い職場
  • 育児休暇が取りやすい職場

などが挙げられます。

これらの条件に合う職場を見つけるには、求人票を隅々まで見てなるべく多くの情報を得ることです。ハローワークの担当者に相談してみてもいいですね。

また、コンサルタントがつく就職支援サービスなどを利用すれば、こうした条件に合った職場を紹介してもらえるでしょう。

30代は20代と違って簡単には転職できませんから、失敗しないためにも就職先選びは慎重に行ってくださいね。