女性フリーター向け 就職サイトランキング

28歳女性フリーターの就職

28歳女性フリーターの境遇

28歳女性フリーターの就職

28歳で独身、フリーター。この現状に焦りを感じている女性は多いのではないでしょうか。

28歳といえば四年制大学を卒業する22歳から6年が経過した年齢。新卒で就職してそのまま働き続けているなら社会人6年目です。6年も経てば仕事にもすっかり慣れ、すでに後輩を指導する立場のはずです。また昇進したり転職してキャリアアップしたりと、次のステージにステップアップする時期でもありますね。

そんな働き盛りの時期なのに、フリーターである自分はアルバイトしかしていない…。正社員就職した周りの友人達と差がついてしまったようで、引け目を感じているかもしれません。

24歳くらいまでは就職せずにフリーターや無職でニート状態の人は結構います。しかし、20代後半に突入する25歳くらいからみんな徐々に就職し始めるため、28歳になってもフリーターをしている人はかなりの少数派となってしまうんですよね。

それに女性の場合、就職しなくても結婚して家庭に入る人も多いです。そのため20代前半の頃にはフリーター仲間がたくさんいたのに、みんな結婚してしまって結局28歳になっても独身フリーターなのは自分一人だけ…という方もいらっしゃるでしょう。

そしてそんな現状に危機感を感じ、28歳になってから焦って就活を始める方も多いのですが、28歳フリーターの就職活動には様々な困難が待ち受けています。

まず今までフリーター経験しかない、つまり正社員経験がない場合、職歴に書けることがほとんどありません。アルバイト経験を記載してもいいのですが、採用担当者によってはバイト経験は職歴としてカウントしてくれません。

中途採用の場合これまでの職歴がかなり重要になってきますから、これといった職歴が無いフリーターはそれだけで厳しい状況になってしまいます。

また、28歳という年齢もネックになります。新卒からずっと働いてキャリアを重ねてきた人の転職であれば難しいことはないのですが、アピールするキャリアが無いフリーターはこれまでの職歴で勝負することができません。

では職歴無し・未経験での就職の場合他に何をアピールすればいいのかというと、年齢です。

未経験採用を考える企業は新卒採用できなかった代わりに中途採用で人員補充をしようとしている事が多いので、学校を卒業したての新卒者のように伸びしろがある若い人材を求めているんですね。

そのためフリーターからの就職を狙うなら若さをアピールしたいところなのですが、28歳という年齢は若さをアピールするには微妙なんですよね。まだ一応20代ではありますが、同じ20代でも23歳と28歳なら多くの企業は23歳の方を選びます。

そして28歳フリーターの就職で特にネックとなるのが、この年齢でまだフリーターという事実です。

若い頃は自分の可能性を模索したり就職する意味を考えたりと色々迷走する時期もあります。ですから20代前半で定職に就かずフラフラしているのならまだ「まぁまだ若いしね」と甘く見てもらえることもあるでしょう。

しかし、28歳にもなると大半の人は将来を考え、地に足を着けて生活するようになります。つまり就職したり結婚したりしているのが普通で、いつまでもフリーターをしているのはおかしいと思われてしまうんです。

もちろん家族の介護などきちんとした理由があってフリーターをしている方もいらっしゃるでしょう。その理由によっては納得してもらえることもありますが、残念ながら28歳のフリーターに対して世間では、

  • その日暮らしで将来の事を考えていない
  • 人生を甘く見ている
  • 楽をしている、だらしない

といったマイナスイメージを持たれてしまうケースがとても多いんです。

ですから28歳で就職活動をしていても、フリーターという肩書きのせいで就職活動はかなり難航するのが一般的なんですね。

28歳でもフリーターから正社員になれる!

このように28歳フリーターの置かれた状況はかなり厳しいものがありますが、それでも就職を諦めるにはまだまだ早すぎます。28歳からでも就職成功している元フリーターの方はたくさんいます。

28歳フリーターから正社員になるには、就活の方法を工夫しましょう。正社員経験のある世間一般の28歳求職者と同じ方法で求職活動をしても、フリーターの場合は上手くいきません。

フリーター就職では、フリーター就職に強い就職支援サービスを利用しましょう。

転職というと一般的には転職エージェントを利用しますね。しかし多くのエージェントは経験者の転職がメインで、未経験者やフリーターの転職にはあまり対応してもらえないことも多いんです。

扱う求人数は豊富でも、応募できない求人ばかりでは意味がありませんよね。ですからフリーターの就職ではフリーターも応募できて採用の可能性が高い求人を多く扱う就職支援サービスを選ぶことがポイントになります。

28歳フリーターの就職活動に利用するのなら、

がオススメです。

こちらは20代のフリーター・第二新卒・既卒者を対象とした就職支援サービスです。

これらのサービスが一般的な転職者向けのエージェントと違うのは、フリーターや第二新卒、既卒者、大学中退者など正社員就職経験が浅い、もしくは全く無いという方でも応募できるような未経験歓迎の求人を数多く取り扱っているところです。

キャリアやスキルよりも人柄重視で採用したいと思っている企業や、未経験でも一からじっくり育てられる若い人材が欲しいという企業からの求人ばかり扱っているので、職歴やキャリアに自信が無いフリーターにもたくさんのチャンスがあるんです。

通常の転職エージェントに登録したもののキャリア不足で門前払いを食らった経験をお持ちのフリーターの方もいらっしゃると思います。そうした方にこそぜひ利用していただきたいですね。

また転職活動に慣れていない層向けということもあり、面接対策などのサポートを手厚く受けられるというのもポイントです。就活をしていて分からないことがあれば気軽に相談できるので心強いと思います。

そして上記の中でもDYM就職と就職Shopは書類選考無しで企業との面接をセッティングしてもらえます。職歴関係なく選考してもらえるというのは、これまで職歴で不利になっていたフリーターにとってとても好都合ですよね。

28歳という年齢は20代の中では高年の部類に入り、やはり22歳、23歳、24歳といった若年層に比べると不利になる事は出てくると思います。しかし28歳は社会人全体で見るとまだまだ若いですから、未経験就職のチャンスは十分にあります。

20代という未経験就職に有利な立場であるうちに、今回ご紹介したような就職支援サービスを活用して就職を決めてしまいましょう。

30代までもう2年、まだ2年

人生の節目となる30歳。就職や結婚に対して、30歳を目標に掲げている方も多いでしょう。28歳になって焦ってしまうのは、この30歳が目前に迫ってきたと感じるからだと思います。

しかし30歳まであと2年あります。この2年を「もう2年しかない」と捉えるか「まだ2年もある」と捉えるかで、残された2年間の価値は全く違うものになります。

ただ焦るばかりで何もしなければ2年はあっという間に過ぎてしまいますが、今からきちんと計画を立てて目標達成に向けて行動に移すのであれば、30歳までの2年間はとても価値ある2年間となります。

29歳になって焦って就職や結婚を決める女性は多く、それはそれでいいのですが、やはり焦って行動すると失敗する事も増えます。その点28歳から行動を開始すれば1年多く使えるので、その分余裕を持って行動できます。

結婚なら相手を見つけた後焦って結婚しなくても1年くらい交際期間を設けられます。結婚する前に相手の事を深く知ることで離婚のリスクを少しでも減らせますよね。

そして就職の場合も、焦って就職先を探しても良い事はありません。自分のやりたい事や譲れない条件などを整理し、それと自分のスキルやキャリアと照らし合わせて最適な就職先を見つけることでミスマッチを防ぐことが出来ます。

もし今のスキルでは希望の仕事に就けないのであれば、スクールに通ったりアシスタントのバイトで下積みするなりしてスキルを身に付けることもできます。これも時間が無い状態での就活ではできないことですよね。

要は、30歳までの2年間をポジティブに捉えることが大切ということです。そうすることで残された時間を最大限に活かすことができるようになります。

そもそも無理に30歳をボーダーラインにする必要もないのですが、少なくとも社会的には30歳は一つのボーダーラインになっているのは確かであり、29歳と30歳では市場価値が大きく変化します。ですから20代までに就職するという目標を立てるのは間違っていないと思います。

現在28歳の女性フリーターは現状をネガティブに捉えることなく、30歳までに就職という目標達成のために今から行動に移して頑張りましょう。