女性フリーター向け 就職サイトランキング

27歳から始める就活

もう27歳…そろそろ就職しないとヤバイ

就職について考える女性

就職でも結婚でも、30歳というのは一つの節目になりますね。

「30歳までには正社員になりたい」
「30歳までには結婚したい」

というような目標を掲げている方は多いと思います。

しかし30歳という大台以外にも、27歳という年齢をボーダーラインに定めている方も結構多いのではないでしょうか。もしくは27歳から本気で就活をして、30歳までには就職するという目標を掲げている方も多いかもしれませんね。

20代後半という時期は、多くのフリーターが人生に焦り始める頃です。周りの同世代の友人達は家庭を持ち始めますし、仕事でも大卒で就職した人達は勤続年数が3年を超えて着々とキャリアを積んでいます。

結婚した友人は子供を産み、久々に会えば学生の頃とは別人のようにしっかりしていて、すっかり母親の顔になっている。

正社員で働いている友人は給料がどんどん上がって、着ている服は高そうなものばかり、車も買って旅行も頻繁に行っている様子。

一方でフリーターの自分はいつまで経っても給料は上がらず、バイトの掛け持ちも体力的に辛くなってきて生活はいつもギリギリ。付き合っている彼氏と結婚を考えているものの、相手の親にフリーターを理由に反対されているみたい…。

このように、女性フリーターが周りの人達との差を感じ始めるのが20代後半頃だと思います。会話の内容も徐々に合わなくなってくるので友達と会う回数が減ってきたり、いつまでもフリーターのままの自分に劣等感を感じて同窓会にも参加しづらい…という方も少なくないでしょう。

それにいつまでもフリーターのままだと、ご両親からチクチクと小言を言われることが増えてきませんか?親としても娘がいつまでも定職に就かずふらふらしているのは心配ですからね。

「いつになったら就職するの?」
「ちゃんと貯金してるの?」
「結婚とかしないの?ちゃんと将来のこと考えてるの?」

実家暮らしの女性フリーターも多いでしょうから、母親と顔を合わせる度に小言を言われるようになってきて辛い…という事がきっかけでフリーター卒業を決意した方もいらっしゃるかもしれませんね。

このようにきっかけは人それぞれでしょうが、27歳頃に心機一転、脱フリーターを目指す方は多いんです。29歳になってから焦って就活を始めるよりも27歳から就活をスタートした方が確実に成功率は高まりますから、ぜひ早い段階から正社員就職を目指しましょう。

27歳は企業から見てまだ若い?もう歳?

フリーター女性が27歳から就活を始める場合、やはり自分の年齢とキャリアの少なさをネックと考える方が多いでしょう。

大卒で就職したとしたら、27歳には社会人5年目になっています。本来なら正社員歴5年のキャリアがあるはずなのに、長年フリーターをやってきた人は同じ27歳でもバイト歴しかありません。

ですから「27歳のフリーターなんてどこの会社も雇ってくれないだろうな…」とすっかり意気消沈してしまっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに大学を卒業してから今までずっと正社員としてキャリアを積んできた人に比べたら、フリーターは不利な状況にあると言わざるをえません。実際に就活しても不採用になってしまうことは多いと思います。

しかし、27歳という年齢は社会ではまだまだ若い部類に入ります。ですからキャリアよりもその若さを買ってくれる企業もたくさんあるんです。

27歳で「もう若くないし」なんて言っていたら、29歳、30歳なんてもっと若くなくて悲惨な状況ですよね。それでも30代で就職を決めるフリーターもいるんですから、27歳はまだまだチャンスが残されている年齢です。年齢を理由に諦めるようなことはせず、今できる事を本気で頑張りましょう。

とはいえ、どこの企業でも27歳フリーターを有望な若者扱いしてくれる訳ではありません。平均年齢が低めで20代~30代が中心の企業だと27歳は主任やリーダー職を担ってもらいたい年齢になってきますから、正社員就職にはある程度のキャリアやスキルが求められます。

27歳をまだ若いと捉えてくれるのは平均年齢が30代後半~40代以降の会社です。若さを武器に就職を決めたいなら、そうした平均年齢が高めの企業を狙うと良いでしょう。

フリーターでもキャリアを活かした転職をしたい

フリーター時代に一貫したキャリアを積んできた(ずっと同じ業界でバイトしてきた)という方や、フリーターになる前に正社員歴が長かったという方は、そのキャリアを活かして就活を進めるのもいいでしょう。

バイトであっても学べる事は多いですし、実際にバイトを通じて身に付いたスキルもあると思います。同じ業界に就職するのなら、バイト歴もキャリアとして評価してくれる企業もありますよ。

例えば飲食業界に就職する場合は飲食店でのバイト経験は十分評価の対象になりますから、履歴書や職務経歴書にも記載して積極的にアピールするといいですね。

ただ正社員として働く場合はマネジメント能力が問われますから、アピールする場合は

「ジョッキを同時に10個持てます!」
「とても美味しいフライドポテトを作れます!」

といったバイトスタッフとしての現場での能力の高さよりも、

「バイトリーダーとして新人教育をしていました」
「店長をして働いていて、売上の管理などを行っていました」

といったようにスタッフ管理や売上管理などの経験をアピールした方が効果的です。

バイト先で正社員就職する

27歳までバイトを続けていると、バイト先の会社から「正社員で働きたいんじゃない?うちで正社員にならない?」と声を掛けてもらえるケースがあります。

就活が上手くいかないなと思った時や、バイト先の仕事が好きで正社員になりたいと思った場合にはこうした好意に甘えるのも一つの手だと思います。バイト先なら職場の雰囲気や人間関係も分かってますから、働きやすさはピカイチです。

向こうから声が掛からない場合はこちらからお願いしてみてもいいでしょう。実際にバイトから正社員になれるかどうかは会社の規則にもよるので確実ではありませんが、声掛けだけでもしてみるといいと思います。

ただ、他にやりたいことがある場合や、バイト先の会社がそこまで好きじゃないという場合には後々不満が溜まってきて転職したくなるかもしれません。

ここで妥協せずに納得のいく就職先を見つけた方が結果的には良かったという場合もありますから、安易に就職せずによく考えてから決めましょう。

次に転職する時は27歳の今よりも状況は不利になっていますからね。

フリーター就職支援サービスを活用する

27歳なら20代向けの就職支援サービスを利用できます。

これらは20代のフリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスです。

27歳で利用できる就職支援サービスは他にもありますが、サービスによってはフリーターだとキャリア不足で就職先を紹介してもらえないケースもあります。

ハタラクティブや女子カレッジはフリーター向けのサービスなので、20代のフリーターが就職しやすい企業ばかりを扱っています。そのため他の支援サービスに登録するよりも、フリーターからの就職を実現しやすくなるんです。

これらのサービスを活用できるのは20代のうちだけですから、ぜひ30代になる前の今から利用してみていただきたいと思います。

履歴書の書き方や面接対策など様々なサポートを受けられるので、今まで転職活動をしたことが無い、今回が初めての就活という方にもおすすめですよ。

これから就活を始めるフリーターの方へ

就活は辛い事もたくさんあるのでモチベーションを保つのが大変です。ですから「どこかいい就職先があれば…」という気持ちで就活を進めるよりも、

「1年以内には就職する!」
「30歳までには就職する!」

と期間を決めて集中的に活動した方がモチベーションを保ちやすくなります。

それに期間を決めることで、最初は100%希望条件にマッチした求人にしか応募していなかった人も、徐々にその基準は緩んできて色々な求人に応募するようになってきます。

そうするうちに自分の中で「本当に譲れない条件」と「ある程度は妥協できる条件」が分かってくるので、就活の効率も上がりますし企業選びも失敗しにくくなりますよ。

ただし、あまりにも目標期間が短すぎると必要以上に焦ってしまいます。すると逆に妥協しすぎてしまってブラック企業に当たる可能性も高くなりますので、ある程度は余裕も必要です。

27歳でフリーターだと周りと比べてコンプレックスを感じることもあると思います。しかしそのまま何もせず時間が過ぎてしまえば、さらに状況は悪化するばかり。

「そろそろ就職した方がいいかな…」と思った時が就活の始め時ですから、25歳、26歳の方も脱フリーターしたいならすぐにでも本腰入れて就活をスタートしてくださいね。