女性フリーター向け 就職サイトランキング
女性フリーター向け 就職サイトランキング > 20代女性フリーターの就職 > 20代後半のフリーター女性 正社員就職のポイント

20代後半のフリーター女性 正社員就職のポイント

フリーターであることに焦り始める時期

20代後半女性の就活

フリーターの方が現状に焦り始めるのは、だいたい20代後半くらいからではないでしょうか。

20歳前後なら周りは大学生、浪人生、社会人、フリーター、主婦、家事手伝い、ニートなど色々な人がいるので、自分がフリーターでもそこまで浮かないし、あまり焦りを感じる機会は少ないでしょう。むしろ学生より稼げるのでフリーター生活の方がいい!と思っているかもしれません。

22歳になると大学卒業した人達が就職し始めるので正社員で働く友人が増えますが、それでも自分と同じようにフリーター生活を送る人も一定数いますからまだ心の中では安心していると思います。

23歳、24歳くらいになると、女性は結婚する人が増え始めます。結婚は羨ましいと思う反面、この時期はまだまだ遊びたい年頃です。「まだ結婚は早いかな」ということで、時間に融通が利くフリーターを続けながら飲み会、旅行、合コンと遊び呆けていたかもしれません。

しかし25歳くらいになってくると、大卒で就職した人達は入社3年目で仕事にも慣れ始め、生活の基盤も整ってくる頃です。女性も男性も結婚する人が一気に増え、出産ラッシュも始まります。

母親になった友人達は育児に追われて大変そうだけど、凄く幸せそうで充実した日々を送っています。もう母親の顔つきになっていて、やんちゃだった学生時代とは別人のようです。そんな友人の姿を見ていると、何だか自分だけ置いてきぼりにされたような気持ちになってしまいます。

就職した人達は徐々にキャリアアップしていく。結婚した人達は自分の家庭を築いて人生の次のステージに進んでいる。じゃあ自分は…?

このあたりで、「あれ、自分はいつまでフリーターを続けるんだろう」と思い始めるのではないでしょうか。

「今までずっとバイトと遊びばっかり。将来のことは考えてなかった訳ではないけれど、何とかなると思っていた。でもこのまま30歳になっちゃったら…?」

そんな焦りを感じて、25歳、26歳あたりから徐々に本気で就活を始めるフリーターが増え始めます。さらに27歳、28歳にもなると親からの圧力も加わってくる頃でしょう。

「あんたいつまでこんな生活続けるの?いい加減就職しなさい」
「私だっていつまでも生きていないんだから、ちゃんと自立しなさい」
「友達のところに孫が生まれたんだって」

顔を合わせるたびにこんな事を言われるようになって、いたたまれない気持ちになっている女性フリーターも少なくないと思います。実家暮らしの方も多いでしょうから、毎日のように言われれば嫌でも焦ってきます。

そして29歳になると、今度は30歳目前ということで年齢的な焦りがピークに達します。29歳は就職も結婚も「いよいよヤバイ」段階なんですよね。

29歳と30歳は1歳しか違わないのに、20代と30代の境目ということで大きな違いがあります。ですから何事も30歳を1つの目途と考える方も多いと思います。

就職に関しても29歳と30歳では大きく立場が変わってきて、30代になると一気に状況は不利になります。そのため「20代のうちに就職する」という目標を立てるのは、単純にキリがいいというだけでなく、就活の進め方としても正しいんです。

もちろん就職するなら29歳と言わず28歳、27歳、26歳、25歳と若くなるほど有利ですし、29歳から始めるよりはもっと早くから始めた方が時間的余裕も生まれますし選択肢も増えます。ですからフリーター脱出を目指すならなるべく早い段階から始めましょう。

20代後半フリーターの就活の進め方

では、20代後半でフリーターから正社員就職を目指す場合、どのような方法で就活を進めていけばいいのでしょうか。

フリーターだと職歴が少なかったり、今まで正社員で働いた事がないという方もいらっしゃるでしょう。ですから未経験からの就職がメインとなります。

しかし中途採用では職歴が重視されがちですから、どうしても経験者が有利、未経験者は不利という状況になってしまいます。これがフリーター就職を困難にしている原因なんですね。

ただ中には未経験OKという求人もあるため、フリーター就職ではそうした未経験可の求人を狙っていくのがポイントです。

とはいえ20代職歴不問、未経験歓迎といった求人を膨大な求人募集の中から探し当てるのは大変です。求人サイトでも「未経験OK」という条件に絞って検索できるところもありますが、そもそもそうした求人自体があまり多くはないと思います。

そこでおすすめなのが、

です。

これらは20代のフリーター・第二新卒・既卒者を対象にした就職支援サービスで、職歴が少ないフリーターでも就職できるよう、未経験歓迎の企業の求人ばかりが集まっています。

企業側は20代のフリーターを採用したいと思ってこれらのサービスに求人を出している訳ですから、未経験だけど就職したいと思っているフリーターと上手くマッチングするんですね。つまり就職できる可能性が高いという事です。

それに就活に不慣れなフリーターでも安心して就活ができるよう、手厚いサポートを受けることができます。分からない事はコンサルタントに聞けるので、1人で就活するよりずっと心強いですよ。

利用するのにお金はかからないので、スーツにカバンに靴、履歴書代、交通費と何かと出費の多い就活中でも安心して利用できます。

20代向けなので利用するなら20代のうちです。20代後半でもまだ間に合いますから、ぜひこうした就職支援サービスに登録して就活をスタートしてみてください。

どうして未経験でも採用してくれるの?

未経験者を歓迎してくれる企業の求人ばかり集まっているなんて聞くと、「どうしてわざわざ即戦力にならない未経験者を採用しようとするんだろう?」という疑問が湧いてくるのではないでしょうか。本当に自分みたいな職歴もないフリーターを採用してくれるのかな、と不安に思うかもしれませんね。

確かに即戦力を求めるならその仕事に慣れた人、つまり経験者を採用するでしょう。しかし、人材採用の目的は即戦力だけではないんです。

例えば若い人を入れてじっくり育てたいという場合、仕事は入社してから教えるので経験者じゃなくても問題ありません。むしろ中途半端にあれこれ知っているよりは、まっさらで何も知らない方が教える方もやりやすいんですよね。

また新規事業立ち上げに伴う増員の場合、固定概念にとらわれない斬新な発想を持った人が欲しいからあえて未経験者を採用するということもあるでしょう。

あとは上司となる人が若い人の場合、年上の部下や経験豊富なやり手だとやりにくいこともあります。そうした事を踏まえ、あえて若い未経験者を採用する事もあります。

他にも新卒者が確保できなかった際の穴埋めとして採用することもありますし、募集しても経験者が集まらない人材不足の業界、もしくは経験者自体が少ない特殊な業界の場合も経験者・未経験者にこだわらず募集する事があります。

このように、未経験のフリーターを採用したいと思ってくれる企業は確実にあります。そして先ほどご紹介したような20代フリーター向け就職支援サービスには、そうした企業からの求人が集まっているんです。

そう考えると、職歴無しのフリーターでも就職できそうな気がしてきますよね。

しかしそうした未経験歓迎の企業の多くは、やはり若い人材を求めています。未経験から育てて戦力になるまでは数年かかるからです。

ですから未経験で就職するなら20代のうちが勝負です。20代の中でも25歳以下の若い人はやはり特に有利にはなりますが、20代後半のフリーターでもまだまだ大丈夫。28歳、29歳でもまだチャンスは残されています。

30代を過ぎると一気に就職難易度は上がりますから、未経験でも就職しやすい20代のうちに本気を出して頑張ってくださいね。