女性フリーター向け 就職サイトランキング
女性フリーター向け 就職サイトランキング > 20代女性フリーターの就職 > 20代前半のフリーター女性 正社員就職のポイント

20代前半のフリーター女性 正社員就職のポイント

現状に焦りを感じていない20代前半フリーターも多いけど…

20代前半の女性

21歳、22歳でフリーターになったとしても、そこまで焦りを感じていない方も多いかもしれません。

20代前半と言えば遊びたい盛りですし、就職するよりまだまだ遊んでいたいという気持ちもあるでしょう。バイトなら残業もないし休みも取りやすく、遊ぶには最適な環境です。

給料は時給なのでそこまで稼げませんが、この頃は周りの就職組も新入社員でまだまだ給料が低いですから、正社員もバイトもそこまで給料額に差はないんですよね。実家暮らしなら生活に困る事も無いでしょう。

それにバイトだと正社員求人には無さそうな珍しくて楽しそうな仕事も多いですよね。

  • 読者モデル
  • エキストラ
  • メイド喫茶の店員
  • 巫女バイト
  • リゾートバイト

こうした仕事は定年まで働けるかといえば不安が残りますが、逆に今しかできない仕事とも言えます。

このように、若いうちはアルバイトで働くことにメリットを感じる事も多いんですね。そのためあえて就職せずにバイトを選んだという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、今のうちはフリーターで問題なくても、25歳を過ぎた頃から徐々に問題が出てきます。

20代後半ともなってくると一緒に遊んでいた周りの友人達も徐々に落ち着きはじめて、結婚する人も一気に増えてきます。今は女性でも正社員で働くのが当たり前の時代ですから、フリーターに対する風当たりは強く、フリーターのままではなかなか結婚相手が見つからなかったり相手の親に反対される事もあるかもしれません。

やっと現状に焦りを感じて就活をスタートしても、今度は年齢のせいで就職先を探すのも大変な状況になっています。20代後半で未経験から就職となると、雇ってくれる会社は少なくなるんですよね。「未経験者は25歳まで」とする会社も多いんです。

つまり、同じフリーターでも、20代前半と20代後半では立場が全然違うんです。

ですから将来就職するつもりなら、絶対に20代前半のうちに一度は正社員就職しておいた方が良いです。20代後半になってから就職先を探すのでは、選択肢が大分狭まってしまいますよ。

20代前半は就職に有利な時期

18歳~24歳くらいの年齢は、フリーターの中でも若い部類に入ります。

昔はフリーターといえば20代前半の若者が多いイメージでしたが、近年は35歳以上の高齢フリーターの増加が問題になっていて、60歳を過ぎたフリーターも珍しくない時代です。

ただ高齢フリーターが増えている一方で、相変わらず若年層のフリーターの数も減ってはいないのが実情のようです。いつの時代も20代前半フリーターは一定数いるという事ですね。

高校卒業後に就職しなかったなら18歳で、短大・専門学校を卒業後就職しなかったら20歳で、そして大卒で就職しなかった場合は22歳でフリーターになります。

つまり20代前半フリーターの多くは新卒で就職しなかった人(既卒者)か、就職後に早期退職した第二新卒者なんですね。

今、第二新卒のニーズが高まっているのをご存知でしょうか。第二新卒というと就職に不利と思っている方も多いと思いますが、最近は積極的に第二新卒者を採用しようという会社が増えているんですよ。

まず第二新卒者は一度企業に就職したことがあるので、新人研修や基本的な教育を受けているため社会人としての基礎が身に付いています。そのため新卒者より教育が楽というメリットがあります。

そして一度就職して辞めたという経験から、すでに学生気分は抜けている上に「次はすぐに辞めたりしない!頑張るぞ!」と勤労意欲が高い人が多いんです。

こうした第二新卒を採用するメリットに気付いた企業が今、第二新卒者を積極的に採用しているという訳です。ですから第二新卒の方は就職に有利な今こそ集中的に就活を行うことをおすすめします。

また、第二新卒でなくても24歳以下という年齢はとても強い武器になります。特に未経験で入社したいのであれば若さは必須とも言える条件となります。

若いうちは職歴が少なくて当たり前ですから、20代前半フリーターに職歴やスキルはそれほど求めていません。それよりもやる気や素直さを求めているんです。

職歴が無くてもやる気や勢いで就職先を決められるなんて今のうちだけですから、今まで就職したことが無いフリーターの方は20代前半のうちが勝負となります。就職に有利な20代前半のうちに早いとこ就職先を決めちゃいましょう。

20歳~24歳のフリーターにおすすめの就活方法

20代前半の時期は就職に有利ですが、それでも応募する企業選びを間違ってしまえば不採用ばかりになってしまいます。

20代前半の就活では、

  • 若い人材を求めている企業
  • 未経験者を歓迎してくれる企業

を狙って応募するのがコツです。こうした企業の求人を多数扱っているのが、

といった20代向けの就職支援サービスです。

これらは20代のフリーター・第二新卒・既卒者向けに就職支援を行っているサービスで、未経験でもOKという企業の求人ばかり取り扱っています。

若い人材をじっくり育てていきたい、と考える企業が数多く集まっているため、長く勤められる就職先選びにも最適です。自分で就職先を選ぶとなるとブラック企業に当たってしまう可能性もあるので、そうしたリスクを減らせるというのは嬉しいですよね。

20代前半フリーターは就活に慣れていない方も多いので、そうした意味でも手厚いサポートを受けながら就活が出来るこれらのサービスを利用するのはメリットが大きいですよ。

こうしたサービスは無料で利用できるので、就職をお考えの20代前半フリーターの方はぜひ利用を検討してみていただきたいと思います。

若くても就職先が見つからないという方へ

現在就活中でなかなか就職先が見つからないという方は、「やっぱりフリーター就職は厳しいんだな…」と諦めかけている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、20代前半という時期は本当に就職しやすい時期です。あと数年して思い返せば、絶対に「何だかんだであの頃は恵まれていたんだな」と思うはずです。

20代前半で就職先が決まらないのは、応募先の企業選びを間違えている可能性が高いです。

基本的に新卒者しか採用していない、中途採用は経験豊富で高いスキルを持った人しか取らないという企業に応募しても採用されるのは難しいでしょう。

20代前半フリーターの方が就職するのなら、やはり未経験歓迎の企業を選ぶのが一番です。そのためには先ほどご紹介したような20代フリーター向けの就職支援サービスを活用しての求人探しが便利です。

就職支援サービスを利用すればそうした企業選びのヒントも教えてもらえるので、まだ本当に就職するかどうか決めかねている、とりあえずフリーター就活はどんなものか知りたいという方もとりあえずアドバイザーに相談しに行ってみてはいかがでしょうか。