女性フリーター向け 就職サイトランキング

20代ならまだフリーターでも大丈夫?

フリーターにおすすめ人気の就職支援サービスをチェック!フリーターにおすすめ人気の就職支援サービスをチェック!

自分がフリーターだということをどう思ってる?

20代女性フリーター

自分がフリーターということに対してどう思っているのかは、同じフリーターでも人によって結構違うものです。

大きく分けると、

  • まだ大丈夫
  • 楽だし楽しい
  • 別に今のままでいい

というポジティブな考えと、

  • 今のままじゃヤバイ
  • 恥ずかしい、後ろめたい
  • 早く就職してフリーターを卒業したい

というネガティブな考えの2通りに分けられるでしょう。

そしてこれは現在の年齢によってもまた変わってくるはずです。年齢が高いほど焦っていて、低ければ低い程あまり焦っていない人が多いと思います。

そうしたことから、20代のフリーターの中には「20代のうちはフリーターでもまだまだ大丈夫!」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、果たして本当にそうなのでしょうか。

20代フリーターが「まだ大丈夫」と思う理由

なぜ20代フリーターの中に「まだ余裕」「まだ大丈夫」と考える人がいるのでしょうか。

その最も大きな理由は20代という年齢、つまり若さですね。20代といえば社会ではまだひよっこです。若手と言われる年代なので、まだまだ挽回できると思うのでしょう。

確かに20代が社会的に見て若いというのは納得ですし、若い方が就職しやすいというのも本当です。なので30代、40代のフリーターに比べたらまだ余裕と考えるのも分かります。

また20代、特に20代前半のうちは周りに同じようなフリーターの人も結構いますよね。そうした同じ立場の人がたくさんいる安心感というのもあるでしょう。

あとは女性の場合、結婚するから就職しなくても大丈夫と考えている人もいます。20代前半なら結婚もまだ先の話という感じでしょうから、そのうち良い人と出会って結婚できると信じて疑わないのでしょう。

このように20代ならまだ大丈夫だと思えるような要素がいくつもあるため、焦って就職する気持ちにならないのかもしれません。

20代だからって本当にフリーターでも余裕でいられる?

しかし、こうした「まだ20代だからフリーターでも大丈夫、何とかなる」という考えには、きちんとした根拠があるのでしょうか。

大丈夫という確証もないのにフリーターで居続けるのは危険なことだと思いませんか?

20代は確かに若いので30代に比べたら就職しやすいですが、20代といっても20歳と29歳では全然違います。22歳、23歳くらいの歳ならともかく、27歳を過ぎたような人が「20代だからまだ大丈夫」と思い込むのはどうなのでしょう。

それに20代の中でも若い部類に入る23歳だって、就職経験のある第二新卒とバイトしかしてこなかったフリーターではまた立場が全然違います。フリーターは門前払いという企業も少なくない中、年齢の若さだけでそこまで余裕を持っていられるのでしょうか。

また周りにフリーターがたくさんいるからといって、社会全体におけるフリーターの地位が向上するわけではありません。数が多い少ないの問題ではないんです。

「赤信号みんなで渡れば怖くない」と似たようなもので、みんなフリーターだからといってそれが正しいというわけではないのです。

そして結婚するから大丈夫とお考えの女性フリーターの方も、本当にこのままで大丈夫ですか?この先絶対に結婚できるという保証はどこにあるのですか?

そもそも、結婚するからフリーターでも大丈夫という考え方自体改める必要があります。今は女性を養うだけの収入がないと悩む男性も多いですから、共働きじゃないとやっていけないケースが多いんです。

それに、最初から人の収入をアテにして寄生しようとしているフリーター女性の印象は最悪です。フリーターということが原因で結婚できない可能性だってあるんです。

こうやってよく考えてみたら、今まで大丈夫だと思っていたことは実は大丈夫じゃないかもしれないという事に気付くはずです。

20代で就職しなかったフリーターの末路

多くのフリーターは20代半ばにはその事に気付き、就職に向けて動き出します。20代中盤といえば結婚を意識し始める歳でもあるので、その事も就職するきっかけになりますね。

20代前半のうちは周りにたくさんいたフリーター仲間も25歳頃にはどんどんいなくなってくるというのは、こうした動きがあるからです。

もしこの流れに乗らず、20代ギリギリまで焦ることもなくフリーターで居続けたとしたらどうなるでしょうか。

20代は就職しやすいといっても、余裕を持っていられるのはせいぜい25歳くらいまでです。25歳を過ぎればどんどん就職先は減っていき、29歳にもなれば30歳よりはマシなものの大分選択肢は狭まってきています。

しかし20代後半になってもそのことに気付かず「まだ20代だから余裕余裕」と勘違いしていると、頑張ればまだまだ就職しやすい年齢なのに何も行動せず、大事なチャンスを逃してしまいます。

そしていよいよ30代になり、いよいよマズイと思い始めて就活に精を出しても、20代に何もしてこなかった30代フリーターに就職先はそうそう見つかるはずもありません。

その結果20代の頃の何倍も苦労して何とか就職するか、諦めて一生バイト生活を送ることになるでしょう。

ちなみに運良く経済力のある結婚相手と結婚できて専業主婦として生きる道も残されてはいますが、フリーター女性が20代後半になってから婚活に励んでもそんな高スペック男性を捕まえられる望みは薄いです。

20代というだけで30代女性、40代女性よりは有利かもしれませんが、ずっとフリーターしかしてこなかった女性はその事だけで年齢以上に不利になることも十分考えられます。

つまり就職にしろ結婚にしろ、20代という年齢に胡坐をかいて何もしてこなければ、近い将来行き詰ってしまいます。

若さは強力な武器ですが、無敵では訳ではない上に有限ということですね。

より良い就職先を見つけたいなら早めに行動するのが吉

こうした未来を避けるためにも、20代のうちにフリーターを卒業することはとても大切なことです。

今から就活を始めたらあっという間に就職が決まるかもしれません。ですがだからといって「それならやっぱりもっとギリギリまで遊んでいたいな~」と考えるのはダメです!

若いうちの方が就職しやすいとはいっても、必ずしもすぐ就職先が決まるとも限りません。早く決まったとしてもそれはたまたま早く決まっただけかもしれません。

それに若い方が就職先の選択肢が広がるというのは確実ですから、20代後半、30代になってから少ない選択肢の中から就職先を探すよりは、より選択肢が多い20代前半のうちに就活した方が自分に合う就職先を見つけやすいのは間違いないですよね。

ですからギリギリまで粘ってフリーターを続けるよりも、余裕を持って早め早めに行動に移した方が良い結果を生みやすいということですね。

20代フリーターにおすすめの就職サイト

20代で就職するなら、20代に特化した就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

20代向けの未経験OKといった求人ばかり集まっているので、職歴が少ないフリーターでも採用のチャンスがある求人がたくさん見つかります。

20代が就職に有利とはいっても、求人の探し方によっては30代経験者の方がはるかに有利になることもあるので、20代の強みを活かして就職先を見つけたいなら20代フリーター向けの就職支援サービスを選びましょう。

これらは20代のフリーター・第二新卒・既卒・ニートといった人向けの就職支援サービスです。

若年者向けの求人を中心として未経験OKの求人を豊富に扱っていますので、フリーターでも職歴を気にしないで挑戦できる求人ばかりです。

また求人紹介だけでなく、面接対策や履歴書の添削、面接日の調整、条件交渉などのサポートも受けられます。

多くのフリーターがこうした就職支援サービスを利用して就職に成功していますから、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。利用料は掛かりませんから無料で使えますよ。

20代は人生で重要な時期

20代は恋愛に遊びと、人生の中で一番楽しい時期です。時間に融通の利くフリーターをして私生活を充実させたい気持ちも分かります。

しかし、20代はキャリアにおいても重要な時期です。20代の頑張りがその後の30代、40代、50代に結果として表れます。

歳をとってから「若い頃もっと頑張っておけばよかった…」なんて後悔しないためにも、今できることを今のうちにしっかりとしておきましょう。