女性フリーター向け 就職サイトランキング
女性フリーター向け 就職サイトランキング > 高卒フリーター就職 > 高卒女性フリーターにおすすめの就職先

高卒女性フリーターにおすすめの就職先

高卒の女性フリーターは少なくない

女性の就職先

女性フリーターの中には高卒の方も少なくないでしょう。一度就職してからフリーターになったのか、それとも高校を卒業してそのままフリーターになったのかは人それぞれだと思います。

そもそも女性は男性より大学進学率がやや低いですから、フリーターに限らず高卒者は多いということになりますね。

高卒女性フリーターは大卒女性フリーターに比べて、就職活動が難航しているかもしれません。高卒は大卒より就職に不利と言われているからです。

高卒女性フリーターの就職

こちらの記事もご覧になってみていただきたいのですが、高卒は大卒と比べて就職の際に、そして就職した後も何かと不利になることが多いんです。

しかし、高卒でも就職して社会で活躍している女性はたくさんいます。中には大卒より高給取りになっている方もいるでしょう。

それに人間の能力は学歴だけでは計れません。勉強が出来ても仕事は全然ダメという人もいますし、勉強は苦手だけど商売の才能はすごくて大成功する人もいます。

そもそも高卒の人だって、進学しなかったのは大学に受かるだけの学力が無かったからとは限りませんよね。むしろ家庭の事情や金銭的な問題でやむなく進学を断念したという方の方が多いと思います。

ですから高卒女性フリーターも就活では不利になる面もありますが、会社に入ってしまえば自身の能力をいかんなく発揮できます。ですから頑張って良い就職先を見つけていただきたいですね。

高卒フリーターの就職では仕事選びが重要

高卒フリーターが大卒フリーターに比べて能力が劣っているとは思いませんが、「大卒」の資格がない分就活では苦労します。

というのも、企業からの求人には「大卒以上」「短大・専門学校卒」といったように高卒者が弾かれる条件が定められていることが多いからです。

そうした求人だといくら個人の能力が高くても高卒というだけで書類選考を通れず、面接でアピールする機会すら与えてもらえません。ですから基本的には「高卒以上」の求人を探して応募しなくてはいけません。

つまり高卒者は大卒者に比べて就職先の選択肢が狭まってしまうんです。そこが高卒が就職に不利と言われる理由の一つなんですね。

しかし、高卒OKや学歴不問という求人も意外とあるものです。

特に最近は若手が少なくて20代の人材を欲しがっている企業は多いですし、未経験でもポテンシャル採用する企業も増えています。中には大卒以上としていても交渉次第では高卒でも採用してくれる企業もあります。

ですから高卒フリーターでも、「高卒だから就職は無理かな」と諦めてしまわなければフリーター脱出のチャンスはたくさんあるんです。

ただそれには就職先選びがポイントとなります。さすがに一流大学出身者でも就職するのが難しいような超一流企業や、専門学校で専門知識を身に付けないと就職できない専門性の高い仕事に応募するのは無謀です。

そこで、高卒女性フリーターの就職先としておすすめの仕事をご紹介したいと思います。

高卒女性フリーターの就職先におすすめの仕事

一般事務

女性に人気があり、なおかつ高卒でも就職しやすい仕事といえば事務系の仕事ですね。

事務職は倍率が高いのでなかなか受からないこともあるかもしれませんが、仕事自体は大卒でも高卒でも関係なくこなせる内容なので、条件やタイミングさえ合えば高卒フリーターでも採用してもらえます。

営業事務の仕事も高卒以上で募集されているケースは多いです。また、商業高校などで簿記を習っていたなら経理事務として働くこともできるでしょう。

販売職

アパレル、家電量販店などの小売店に販売員として就職する高卒者も多いです。特にアパレルのショップ店員は女性からの人気が高いですね。

販売職は学歴不問で募集されることが多いので、高卒でも就職しやすいというメリットがあります。また求人数も多いです。

立ち仕事なので体力的に大変、シフト制で土日休みじゃないというデメリットもありますが、やりがいもありますし毎日色んな人と接するので飽きずに働けます。

人と接するのが好き、じっとしてるより動き回る仕事の方が好きという方にオススメです。

営業

営業職は自分の頑張り次第で大卒者以上に稼ぐことも可能というのが最大の魅力です。20代で年収1,000万円以上稼ぐ強者もいます。

実力勝負の世界なので学歴は関係ありません。そのため学歴不問で募集されていることが多く、敷居が低く始めやすいのも魅力です。

女性で多いのは保険の営業ですが、営業職はどんな業界にもあるので活躍のフィールドは広いです。ただ中にはMRのように高卒だと就職が難しい業界もあります。

飲食業

飲食業界は深刻な人手不足に悩まされています。元々高卒でも就職しやすい業界でしたが、今なら正社員求人に応募したら採用の可能性はかなり高いのではないでしょうか。

飲食の仕事は店の営業時間が長く、また仕込みの作業などもあるので拘束時間が長くなりやすいのが難点です。ただシフトは組まれていますし、よほどのブラックじゃない限り早朝から深夜まで働かされるという事は無いでしょう。

介護職

介護業界も人手不足が顕著な業界ですから、高卒者も就職しやすいです。介護といえば低賃金でキツイ仕事というイメージがありますが、昔に比べると労働環境は大分改善されてきています。

介護の仕事は結婚後も続けやすいですし、体力が続く限り長く活躍できます。また介護の知識は私生活でも役に立つ時がくるのでそうした意味でもおすすめです。

無資格でも就職できますが、できればある程度勉強して資格を取ってからの方が何かと良いと思います。ハローワークの職業訓練でも介護コースはたくさんありますよ。

働いてみて初めて良さが分かる仕事もある

高卒というだけで応募すら出来ない求人もありますが、探してみると高卒でも活躍できる仕事はたくさんあります。

「高卒は不利」「高卒は仕事の選択肢が狭い」とネガティブな点ばかり気にしていては就職先は決まりません。そういう考えの方はもっと視野を広げてみましょう。

例えば、介護の仕事は絶対嫌!という方も多いですが、仕事自体はすごくやりがいのある仕事です。残業ほぼ無しで働ける職場も多いですし、給料も徐々にですが上がってきています。

「どうしても就職先が見つからなかったら介護に行くしかないかな…」という扱いを受ける事も多いですが、いざ働いてみると意外と良かったと言う人も多いんですよ。

働いてみないと分からないこともありますから、あまり選り好みせず色々な職業を経験してみるのも良いと思います。結局どんな仕事でもやりがいを見つけられるかどうかは自分次第ですからね。

本当にやりたい事ができて、それには大卒じゃないと無理だったり専門学校に行って勉強しなきゃいけないとなったら、その時には大学や専門学校に通うかどうか考えればいい話です。高卒で就職した後に看護師を目指して学校に通い始める人だっています。

そう考えると高卒だって可能性は無限大ですよね。特に20代ならまだまだこれからです。就職先が見つからない…とだらだらフリーターを続けるくらいなら、積極的に就活をして少しでも多くの社会経験を積んでみてはいかがでしょうか。