女性フリーター向け 就職サイトランキング

高卒フリーターの強み

高卒・フリーターが就職に不利とは限らない

高卒フリーターの強み

高卒の女性フリーターの方は、就職において

「高卒」
「フリーター」

という肩書きは不利にしかならないと思っていませんか?

確かに高卒より大卒の方が有利という事はよく言われますし、フリーターという肩書きも社会人に比べると就職が難しくなるという事は痛感していると思います。

しかし、高卒やフリーターという要素は必ずしも就職で不利になるとは限りません。不利にならないばかりか、時には有利になることさえあり得るんです。

高卒フリーターには高卒フリーターの強みがありますから、それをアピールできれば大卒フリーターや正社員経験者を押しのけて採用を勝ち取ることだってできるかもしれません。

では、高卒フリーターの強みとはどんなところにあるのでしょうか。

大卒や正社員にも負けない!高卒フリーターの強み

大卒より4歳若い

高卒者の一番の強みと言えば若さです。若さというのは就職において非常に強力な武器となります。

即戦力となりうる経験者なら実力を買われて30代、40代でも転職可能ですが、未経験だとその年齢での転職は正直難しいです。しかし若ければ未経験でもポテンシャル採用してもらえるチャンスがあります。

また、学校を卒業した後に何となく就職したものの結局ピンとこなくてすぐ辞めてしまったり、やりたいことが見つからなくてそのままフリーターになってしまう人もいますよね。

若いうちはそうやって悩む時期も大切かもしれませんが、再就職の事を考えるとあまりゆっくり悩んでいる余裕もありません。大卒なら卒業から3年経てば25歳となり、第二新卒の時期も終わるので一気に状況が厳しくなります。

しかし高卒なら卒業後3年経ってもまだ21歳です。21歳なら大学に進学した人はまだ卒業すらしていない歳ですから、3年間フリーターや無職、ニートだったとしてもまだまだ挽回できます。

資格の勉強を始めて難関資格にチャレンジしてもいいし、経験者しか採用してもらえない専門職を目指すためにアシスタントとしてしばらくバイトで働くこともできます。

仕事によっては学校で勉強するより、バイトでもいいから現場で経験を積んだ方が何倍も役に立つとも言われます。早いうちから業界に身を置くことができる高卒はそうした点でも有利と言えるのではないでしょうか。

大卒より社会人経験が4年多い

高卒は大卒より4年早く社会に出ています。ということは、高卒で就職した人は大卒の人が新人1年目の時に高卒就職組は社会人5年目ということになります。

まだキャリアが浅い20代において、4年という差はとても大きいです。4年も勤務していればすでに1人前として扱われているでしょうし、後輩を育てる立場にもなっていると思います。

23歳になって同じ職種・業種に転職するとしたら、23歳にして経験5年という「若くて経験もある人材」として重宝されるでしょう。

また未経験の仕事に転職するにしても、その職種の経験はなくても社会人経験を積んでいるだけで少なからずプラスになります。同じ歳の大卒よりも社会に揉まれてたくましくなっているからです。

残念ながら大学を出た方が就職先の選択肢も増えるし初任給など待遇の差もあるため、社会に出て数年経てば高卒との差はほぼ無くなるか、むしろ大卒が高卒を追い抜かす結果になるかもしれません。

しかしだからこそ、高卒の人はこの4年の差を大切にすべきです。大卒が社会に出てくるまでの4年の間に、大卒に負けないくらいの経験を積んでおきましょう。

勤労意欲が高い

一度フリーターになって就活に苦労した経験がある人ほど、就職が決まった時には「やっと就職できた」という気持ちと「もうフリーターに逆戻りしない!」という決意が生まれます。

だから正社員就職できたフリーターは一生懸命働きます。何となく就職した新卒よりも勤労意識が高く、目的を持って働くことができるんです。男性が結婚のために就職する時なんかもそうですよね。

それにもし辞めたくなったとしても、就職に苦労したフリーターはもう辛い就活をしたくないという気持ちから簡単には辞めません。なので企業の中には頑張って働いてくれそうなフリーターを積極的に採用してくれる所もあります。

ましてや高卒フリーターなら多少フリーター歴が長くてもまだまだ若いですから、ポテンシャルを期待して採用してもらえる可能性は充分にあります。

高卒は大卒より劣っている?

高卒は時に、

「高卒の奴は頭が悪い」
「大卒の方が優秀な人が多い」

なんて言われることがあります。

はっきり言ってそんな事はありません。勉強が出来ないから大学に行かなかった訳ではないし、高卒でも大卒より優秀な人はたくさんいます。

しかし、だからといってじゃあ高卒の方が優秀なのかといえばそんな事もありません。要は学歴だけでは人の能力は測れないという訳ですね。

高卒と大卒の違いなんて気になるのは最初のうちだけで、10年、20年も経てばそんなのは関係無くなります。社会では良い学歴よりも仕事が出来るかどうかの方がはるかに重要になりますからね。

ただ、地頭の良さという点ではやはり一流大学出身の人ほど頭の回転が速いなと思うことはあります。そういった意味では大卒の方が優秀な人が多いというのはあながち間違いでもないかもしれませんね。

とはいってもそれは東大や京大のような高レベルの大学の話であって、いわゆるFラン大学出身の人が「大学出てる方が高卒より優秀」なんて言うのは全くあてになりません。

ですから高卒の人は大卒の人に対してコンプレックスを感じることはありません。学歴コンプレックスを感じる暇があったら質の高い職歴を積み、社会人としての価値を上げることに専念した方がいいです。

そのためにもフリーターは早く卒業して、いち早く正社員就職することを目指して頑張ってくださいね。

関連記事として、

高卒女性フリーターの就職

も掲載しています。