女性フリーター向け 就職サイトランキング

紹介予定派遣のしくみを知ろう

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣という働き方をご存知でしょうか?

派遣社員の働き方には長期派遣や短期派遣、単発派遣などがありますね。これらは契約期間の長さに違いがあるだけですが、紹介予定派遣はもっと大きな違いがあります。

通常派遣社員は派遣会社に登録した後、様々な職場に出向いて勤務します。しかしこれは間接雇用であって、派遣先企業と直接雇用契約を結んでいる訳ではありません。派遣社員はあくまで派遣会社と雇用契約を結んだ「派遣会社の社員」です。

これに対して、紹介予定派遣は派遣先企業と直接雇用することを前提とした働き方です。最初は派遣会社の社員として企業に派遣され、通常の派遣と同じく間接雇用で働くことになりますが、契約期間が終了した時点で派遣社員と派遣先企業の双方が合意すればその後は派遣先企業と直接雇用を結んで働く事になります。

つまり、紹介予定派遣で働けば「派遣会社の社員」から「派遣先の会社の社員(正社員や契約社員)」になれるという事です。

通常の派遣社員として働いていればいつまでも派遣社員のままですから、いづれ正社員になりたいとお考えの方にとっては嬉しいシステムですよね。

ただ、ここまでの話を聞くと「直接雇用が目的なら最初から正社員や契約社員として人を募集すればいいんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かにどうして最初は派遣社員として採用するなんて回りくどい方法をとるのか疑問に思いますよね。企業側に何のメリットもないような気がするかもしれません。

しかし紹介予定派遣という働き方は、派遣社員・企業の両方にメリットがあります。

紹介予定派遣で働く側のメリット

  • 正社員(契約社員)になれる
  • いきなり正社員求人に応募するよりハードルが低い
  • 事前に社内の様子か分かる
  • 気に入らなければ断ることもできる

紹介予定派遣として働く最も大きなメリットは直接雇用してもらえるという点です。

紹介予定派遣で働きたいと希望する方というのは正社員になりたい、安定して働きたいという方でしょう。普通に派遣社員として働き続けていても正社員になれる確率はとても低いです。

しかし正社員を目指して就活をしようと思っても、正社員求人は学歴や職歴、経験やスキルなど求められるものが多く、経験豊富・高スキルの持ち主でなければそう簡単に就職も決まりません。

紹介予定派遣は正社員求人に比べるとそこまで高い基準は求められませんから、経験やスキルがあまり無くても働ける可能性があります。正社員を目指す派遣社員にはぴったりの働き方なんですね。

それにいきなり正社員として入社したら、もし社内の雰囲気が最悪だとしてもすぐには辞められませんよね。しかし紹介予定派遣なら派遣期間が終わった後に直接雇用で働き続けるか選ぶことができるので、嫌だと思ったら無理に働き続けなくてもいいんです。

求人票を見る限りでは待遇もいいし良い会社だと思ったのに、実際に働いてみると想像とは全然違ったということはよくあります。こうしたミスマッチを防ぐことが出来るのも大きなメリットですね。

紹介予定派遣を利用する企業側のメリット

  • 直接雇用する前に働きぶり・適性をチェックできる
  • 業務に慣れた人を正社員として採用できる
  • 採用コスト削減
  • 気に入らなければ断ることもできる

紹介予定派遣は採用する側にもメリットがあります。まずは働く側と一緒で、いきなり正社員採用するリスクを軽減できます。

履歴書だけで分かることには限界があります。それに仕事ができるかできないかだけでなく、採用側としては職場の人達と上手くやっていけそうかどうかという点も気になるものです。

実際に働く様子を見た上で直接雇用するかどうかを吟味できる紹介予定派遣なら「この人にならうちの会社で長く働いてもらいたい」と本当に思える人材だけを採用できるので、どんな人かよく分からない人をいきなり採用するよりもリスクが少ないんです。

そしてもう一つ大きなメリットとして考えられるのが採用にかかるコストの削減です。

新しい人を雇うという事は想像以上に費用や手間がかかります。求人広告を出すのに数万~数十万というお金が必要になりますし、書類選考をしたり面接を行ったりするのにも労力や時間がかかります。

紹介予定派遣を利用すれば広告を出す必要がないですし選考の手間もだいぶ省けます。派遣会社に払う費用はかかりますが、それでもトータルで見て紹介予定派遣を利用した方がメリットが多いと判断して積極的に利用する企業も多いようです。

紹介予定派遣を利用するメリットまとめと注意点

このように紹介予定派遣を利用して直接雇用につなげるというシステムは働く側・採用側のどちらにもメリットがあります。

共通しているのは入社後のミスマッチを防ぐことができるという点ですね。やはり実際に働いてみなくては分からない事ってたくさんありますからね。早期退職のリスクを減らせるのはどちらにとっても大きなメリットだと思います。

ただ、紹介予定派遣を利用する上で注意していただきたいこともあります。それは紹介予定派遣は必ず正社員になれる制度ではないという点です。

先ほどから説明している通り、紹介予定派遣は派遣期間が終了した時点で「双方の同意があれば」直接雇用に切り替えるという制度です。嫌な会社なら断ることができるというメリットがある反面、どんなに就職したいと希望しても企業側がNOといえば直接雇用の話はなかったことになってしまいます。

実際に紹介予定派遣から直接雇用に至らなかったケースは半数近くあるという話もありますから、「紹介予定派遣で入ったんだからもう正社員になったも同然!」と安心しきってしまうのは危険だということは覚えておきましょう。