女性フリーター向け 就職サイトランキング

フリーターからwebデザイナーになりたい

webデザイナーの仕事内容

webデザイナー

就職するならwebデザイナーになりたいとお考えのフリーターの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

webデザイナーはクリエイティブな仕事ということで憧れる方も多いですね。特に絵を描くことが好きな方やパソコンが好きな方は興味があると思います。

webデザイナーはwebサイトのデザインを作るのが仕事です。イラストレーターやフォトショップなどのグラフィックソフトを使い、レイアウトや配色を考えたり、ロゴやバナーの作成も行います。

細かく分業化された会社ならwebデザイナーは基本的にサイトデザインのみとなりますが、webデザイナーがコーダー(html・css等を使ってコードを書く人)の仕事まで担当する制作会社も多いです。

webデザイナーとして働くには制作会社に就職する他、フリーランスでやっていくという道もあります。ただ未経験からいきなり独立するのは難しいですし実績がないと仕事はもらえませんから、これからwebデザイナーを目指すのであれば、まずは制作会社で働く事を目標にするのがいいと思います。

web業界は日進月歩ですから、常に新しい知識が求められます。1~2年前に覚えた技術がもう通用しなくなるのも珍しくないので、職に就いた後も常に勉強は欠かせません。

ですから新しい技術を覚える事が苦ではなく楽しいと思えるような好奇心が高い人、なおかつwebデザインが本当に好きな人じゃないと務まらない仕事かもしれません。

webデザイナーに必要なスキル

webデザイナーに最も必要なスキルといえばやはりデザインに関するものです。IllustratorとPhotoshopを使える事は必須ですね。

コーディングも担当する場合にはHTML・CSSやJavaScriptに関する知識やDreamweaverが使える事という条件も加わります。WordPressの知識を求められることも多いです。

しかしwebデザイナーの中途採用では学歴は不問のケースが多い分、ほとんどの場合実務経験が求められるんですよね。実際に求人を見てみても、webデザインの実務経験1年~3年以上という条件が非常に多いです。

ただ中には実務未経験OKという求人もありますから、勉強して知識さえ身に付ければ就職の可能性は残されています。それにwebデザイナーは実力重視の世界ですから、素晴らしいwebサイトを作れる能力さえあるなら未経験でも採用してくれる会社はいくらでもあると思います。

その実力を証明するのがポートフォリオ(作品集)です。

webデザイナーの就活ではポートフォリオは必須で、履歴書・職務経歴書と一緒に提出するのが一般的です。印刷して紙で提出してもいいですし、URLを提出してサーバーにアップした自作ポートフォリオサイトを見てもらう形でも構いません。

未経験で就職するにはこのポートフォリオの出来次第ですから、フリーターから就職するならしっかりと作り込むことが重要になります。

フリーターからwebデザイナーになる方法

とりあえず実務経験も無い・webの知識もゼロでは就職は無理ですから、まずはwebデザイナーになるための勉強をするところから始めましょう。

webデザインの勉強をするには独学でも可能です。書籍を買ってきてもいいですし、ネットでも参考になるサイトはたくさんあります。

ただ、ゼロからスタートするなら独学よりはスクール等に習いに行った方がいいかもしれません。その方が基礎から学べる上分からないことがあれば講師に質問もできます。それに講師は業界出身者という所も多いので、現場の生の声を聞けるメリットもあります。

またスクールに通うことで一緒に学べる仲間ができるというのも大きいですね。通っている最中のモチベーション維持になるのはもちろん、卒業後も同じ業界の仲間として色々と情報交換が出来ます。

webデザインについて学べるスクールは、大体数ヶ月~1年程度という所が多いです。ただ、スクールに通うとなると受講料を用意しなくてはいけないのが難点ですね。

コースにもよりますが、webデザイナーとして就職するための勉強をするなら最低でも10万円はかかるでしょう。本格的に通うとなれば100万円以上かかる場合もあります。

高額な費用が掛かるのはちょっと無理かも、という方は職業訓練のwebデザイナーコースに通うのがおすすめです。職業訓練なら受講料が掛からない(テキスト代などはかかります)ですから、まとまったお金がなくても通いやすいです。

本格的に学べるのはやはり有料の専門スクールの方ですが、無料で通えるのは助かりますよね。ハローワークに行けばポスターやチラシがあると思うので、気になる方はチェックしてみてください。

webデザイナーの求人を見つけるには

webデザイナーの求人はハローワークや求人サイトなどで見つかりますが、IT系に強い転職サイト・転職エージェントに登録することでより多くの情報を得られるでしょう。

はIT、WEB、エンジニア、ゲーム業界に強い転職支援サービスです。業界に特化した専門性の高い求人を豊富に取り揃えているので、webデザイナー求人も数多く集まっています。

他の転職サイトでは取扱いのない企業からの求人も豊富・非公開求人も多いので、webデザイナー求人をお探しの方はぜひ利用してみてください。

特にワークポートは未経験の転職にもおすすめとなっているので、フリーターからの転職でも利用しやすいのではないでしょうか。本当に転職できるか不安な方は一度相談しに行ってみるといいでしょう。

あとは会社の公式ホームページで募集していることもありますから、そちらもチェックしてみてください。スクールや職業訓練に通った方はそちらで紹介を受けられることもあるので確認してみましょう。

また、友人・知人にweb関係の仕事をしている人がいれば声を掛けておきましょう。「アシスタントでなら未経験でもいいよ」と雇ってもらえるかもしれません。

webデザイナーとしてやっていきたいなら兎にも角にも経験を積む事が必要です。最初は正社員にこだわり過ぎず、まずはバイトでもいいから現場で働いて経験を積む事が大切になります。

webデザイナーは実力で勝負できる世界なので、頑張り次第ではフリーターや無職からでもwebデザイナーになれます。最初は経験者採用の壁に苦戦するかもしれませんが、なんとか未経験でも採用してくれる会社さえ見つければ道は拓けますよ。