女性フリーター向け 就職サイトランキング

フリーターから事務職に就職したい

事務職はなぜ女性に人気がある?

事務員

事務職は女性に人気の職種ですね。

事務職は女優やモデル、アパレルショップ店員、CA、看護師、保育士などと違って憧れの職業として名前が挙がる事はありませんが、「人気の求人」でいうと常に上位に位置しています。

憧れの仕事はあくまで憧れであって、現実的なことを考えると「実際に働くなら一般事務がいい」という結論に至る人が多いのでしょう。

実際、憧れの職業として挙げられる仕事の多くは、専門知識が必要だったり競争率が激しいなどハードルが高かったり、やりがいはあるもののプライベートの時間が無い程忙しかったり、その道で成功しないといつまでも給料ほぼ無しの辛い下積み生活を余儀なくされるような安定性の無い仕事だったりします。

一方で事務の仕事は、

  • 安定している
  • 定時で帰れる
  • デスクワークで楽
  • 長く働ける
  • 子育てとも両立しやすい

といったメリットがあります。

女性の場合、仕事に対して安定性・働きやすさを求めている方が多いんですよね。ですからそうした希望が叶う事務職が人気を集めているのでしょう。

事務職の種類

事務職はいくつかの種類に分けられます。

  • 一般事務
  • 経理事務
  • 総務事務
  • 営業事務
  • 医療事務
  • 貿易事務
  • 秘書

など、他にもあります。一言で事務職といっても色々あるんですね。

基本的にはデスクワークとなりますが、仕事内容はそれぞれで違います。また働く職場も、医療事務なら医療機関、貿易事務なら輸出入取引を行っている企業など、仕事によって変わってきます。

事務の仕事内容と必要なスキル・資格

おそらく「事務員になりたい」とお考えになっている方の多くは、一般事務経理事務あたりを思い浮かべているのではないでしょうか。

一般事務は電話・メール応対や来客応対、各種書類・資料作成、伝票整理などが主な仕事内容となります。コピー取りやお茶くみ、オフィスの整理整頓など雑務を任されることも多いですね。

一般事務では書類作成の際にワードやエクセルを使う機会が多いので、そうしたオフィス系ソフトのパソコンスキルが求められます。また早く正確に入力できる能力も必要です。

一方で経理事務は会社の経理・会計に関する業務が主となり、決算書の作成や現金・預金の管理などを任されます。

簿記の知識が必要になるので、基本的には簿記の資格を持った人や経験者が優遇されます。「簿記検定2級以上」など簿記資格を必須としている会社もありますが、資格・知識無しの未経験者でもOKという場合もあります。

ちなみに一般事務、経理事務、総務事務、営業事務あたりは会社によって捉え方に違いがあったりして、仕事内容がはっきり区別されていなかったり混合されている事が結構あります。例えば一般事務が経理や総務の仕事も兼任しているといったケースですね。

従業員が多い大企業ほど仕事が細分化されていますから、中小企業のように人員が少なくなるにつれて一般事務員の仕事の幅が広がる傾向があるように思います。

あまり雑務や事務っぽくない仕事はしたくないという方は、応募する前に業務内容についてしっかり確認しておきましょう。また、逆に色んな仕事を任された方が楽しくていいという方は、大企業より中小企業の方が向いているかもしれません。

フリーターが事務職に就くためには

では、フリーターから事務に就職するためにはどうしたらいいのでしょうか。

基本的に事務の仕事で就職に必須となる資格はありませんから、未経験からでも就職することはできます。貿易事務のような専門的な知識や語学力が必要になる仕事の場合はちょっと難しいかもしれませんが、基本的には未経験からでも就職可能と考えていいと思います。

ただし事務職は人気が高いため、応募者がとても多いんですよね。そしてその中には事務経験者もたくさんいます。やはり経験者は有利ですから、事務未経験のフリーターはどうしても弱くなってしまうんです。

そのため、フリーターが事務職に採用されるためには「未経験歓迎」の求人を探すことが重要になります。

先ほども言った通り経験者の方が有利にはなるのですが、中にはそうではない会社もあります。

というのも、新しい仕事を覚えてもらう際、時には過去の経験・知識が邪魔になる場合もあります。事務の仕事って会社によって仕事の進め方や決まり事が違う事も多いので、なまじ経験があると、

「え?普通この伝票ってこうやって書くんじゃないんですか?」
「前の会社ではこのやり方じゃなかったんですけど」
「こっちの方法の方が効率良くないですか?」

といちいち反論してきて大変教えづらい、というケースもあるんですよね。また、既存の先輩事務員より年上でスキルも高いとやりずらいから、という事であえて若くて経験無しの人を採用する場合もあります。

このように場合によっては未経験者の方が都合がいいということもありますから、フリーターから事務に就職するならそうした未経験者を積極的に募集している企業を選ぶことがポイントとなります。

未経験OKの事務求人を見つけるには

フリーターでも挑戦しやすい未経験歓迎の事務求人を探すなら、

を利用するのがオススメです。

どちらも20代のフリーター・第二新卒・既卒者を対象とした就職支援サービスで、未経験歓迎の求人を数多く取り扱っています。事務職の求人も扱っていますから、事務職への就職をお考えのフリーターはぜひ登録していただきたいサービスとなっています。

20代、特にフリーターや第二新卒、既卒者だと就活慣れしていない人が多いですよね。ハタラクティブや女子カレッジはそうした人達を対象にしたサービスなので、手厚いサポートを受けながら就活を進めることができます。初めての就活にもおすすめですよ。

ちなみに利用料は無料なので気軽に利用できると思います。複数登録もできるので、両方登録するのもOKですよ。

未経験から事務職を目指すフリーターの方は、こうしたフリーター向けの就職支援サービスを利用して就活を進めてみてくださいね。