女性フリーター向け 就職サイトランキング

転勤無しの会社に正社員就職したい

転勤のある職場は避けたい

荷造りをする女性

正社員で働くとしても、転勤はしたくないな…と思っている女性フリーターの方は少なくないと思います。

転勤になれば今まで一緒に働いてきた同僚達と別れ、新しい職場で新たな人間関係を築いていかないといけません。社員同士仲が良かったなら転勤するのは寂しいでしょうし、同時に「新しい職場の人達と上手くやっていけるかな」という不安も生まれるでしょう。

同じ会社だからといって次の職場も良い人達ばかりとは限りませんからね。転勤によって職場の人間関係がリセットされるのはリスクが大きいと感じる方も多いでしょう。

そして、おそらく転勤が嫌な理由として最も大きいのが、引越しをしたくないからだと思います。自宅から遠く離れた場所に転勤になれば引越しを余儀なくされます。東京から地方へ、地方から都市部へ、はたまた北海道から沖縄まで転勤するケースもあるかもしれません。

引越しはライフスタイルに大きな影響を及ぼします。彼氏がいる方は遠距離恋愛になってしまいますし、それが原因で別れるカップルもいます。結婚を考えている場合は転勤を機に結婚に踏み切ることもありますが、逆に上手くいかなくなって破局の原因になってしまう事だってあります。

また慣れない土地に引っ越すと、方言や県民性に悩む方も多いですね。言葉が全然わからない、今までの常識が通じないなど、これらは大きなストレスになります。

実家暮らしの場合は転勤を機に一人暮らしをすることになると思いますが、慣れない土地での一人暮らしは心細いものです。いつも遊んでいた仲間とも離れ離れになるので、休みの日も一人。友達が出来るまでは寂しい思いをするかもしれません。

このように転勤は職場環境の変化だけでなく、私生活への影響も大きいです。ですから転勤のある職場はできるだけ避けたいという方が多いのでしょう。

転勤は正社員以外にもある?

契約社員でも雇用契約で転勤についての規定があればそれに従わなくてはいけないので転勤の可能性もありますが、勤務地を限定している場合は転勤に応じる必要はありません。

アルバイトやパートも契約社員と同様で雇用契約によっては別店舗への異動も考えられますが、バイトの場合は勤務地限定で募集されることが多いです。そもそもバイトが引っ越しを伴うような転勤を言い渡されるケースはまずないです。

ですから転勤の心配をするのは主に正社員で働く場合だと思います。正社員として働いていて、もし転勤を言い渡されたら基本的には従わなくてはいけません。

バイトだったらもし転勤を言い渡されても、転勤したくないから退職するという選択も簡単にできるでしょう。しかし正社員で働いているならそう簡単には辞められないですし、辞めたくないですよね。バイトと違って転職先を探すのも大変ですし。

家族の介護などやむを得ない事情があるなら回避できるかもしれませんが、正当な理由もないのに拒否すれば最悪解雇される危険もあります。

ですから正社員で働くにあたって転勤を避けたいのであれば、100%転勤無しは難しいかもしれませんが、極力転勤の可能性が低い職場を選ぶようにしましょう。

正社員でも転勤の可能性が低い仕事

基本的に転勤する可能性が高いのは、たくさんの支店や営業所がある会社、つまり大企業です。支社がなく本社しかない小規模な会社なら転勤先がないので転勤の可能性は低くなりますね。

ただし入社時には転勤の心配がなくてもその後事業拡大して新しい事業所が出来ればそちらに転勤となる可能性は十分考えられるため、中小企業だからといって安心はできません。

そのため将来的にも転職を避けたいなら、会社の規模だけでなく、仕事内容から転勤の可能性を考えてみることも大切です。

女性フリーターにおすすめなのが、事務や経理の仕事です。事務系の仕事は昔から女性に人気の高い仕事ですから勤務を希望している女性フリーターも多いと思いますが、これらの仕事は転勤が少ないと言われています。

事務職なら土日休みで残業も少なく結婚後も働きやすいので、長く働きたい方におすすめの仕事ですね。

他にも本社にしかない部署で働く仕事なら支店がある企業でも転勤の可能性は低くなります。あとは地方公務員も民間企業に比べて転勤の可能性が低いですね。

全体的に一般職より総合職の方が転勤が多いと言われますから、大手企業の総合職は避けた方がいいかもしれません。(そもそも入社するのも大変ですが)

若いうちに転勤を経験してみるのもアリ

転勤なしの職場で限定して職探しをすると、選択肢はだいぶ狭まってしまうのは確かです。転勤したくないという気持ちはよく分かりますが、そこにこだわり過ぎてせっかくの可能性が潰れてしまうのももったいない気もします。

結婚して子供もいるから夫や子供に転職や転校の負担を強いたくない、単身赴任も嫌だという場合や、親の介護を優先したいから転勤は無理というような事情があるならしょうがないと思います。

ただ、まだ独身で親の介護等の必要もない場合は、逆に転勤できる今のうちにキャリアを積んでおくのもいいのではないでしょうか。結婚して家庭を持った人は異動候補から外してくれるといった配慮をしてくれる会社もありますし、転勤がある職場に就職したからとって常に転勤のリスクがあるとも限りません。

それに、転勤する前は絶対転勤なんかしたくない!と思っていたのにいざ転勤してみると案外良かった、いい経験になったという方も少なくないです。

ただでさえフリーター就活は新卒に比べて大変で就職先もそこまで選り好みできる状況でもないと思うので、あまりデメリットばかり考えず思い切って飛び込んでみる勇気も必要かもしれませんね。