女性フリーター向け 就職サイトランキング

男社会と女社会、どっちが働きやすい?

男女比による職場環境の違い

女性グループと男性グループ

職場の男女比は必ずしも5:5とは限らず、業界やそれぞれの会社によって違います。中には極端に男性が多い職場や、逆にほとんど女性ばかりの職場もありますね。

男性ばかりの「男社会」の職場と、女性ばかりの「女社会」の職場。この2つは、職場環境が全く違います。どちらも経験したことがある方なら分かると思います。

では、男社会の職場と女社会の職場はどちらが働きやすいのでしょうか。それぞれの特徴を比べながら考えてみましょう。

男性が多い職場の特徴

まず、男性が大半を占める「男社会」の職場の特徴を見てみましょう。

縦社会

男社会は上下関係がしっかりしている、いわゆる縦社会が基本となっています。「先輩や上司の言うことは絶対」という体育会系のノリの職場も多いです。

結果・数字がすべて

男社会では結果が最重視されるため、努力しても結果を残さないと評価には繋がりません。数字にも厳しく、女社会と比べてノルマがキツイと感じるかもしれません。

白黒はっきり

男社会では「だいたい」「多分」「~ぐらい」といったあいまいな表現は好まれず、事実に基づくはっきりとした表現が求められます。

群れで行動しない

女性が多い職場では「ランチはみんな一緒が当たり前」という職場も多いのですが、男性ばかりの職場ではそうした縛りはありません。

男性は上下関係をとても意識します。そのため男社会でやっていくなら、先輩や上司に対してしっかりと敬意をはらって接する必要があります。

そして男性が多い男社会の職場での女性社員の扱い方は、主に2パターンに分けられると思います。女性社員に対しても男女関係なく男社会のルールを適用する会社と、女性として特別扱いする会社です。

女性を特別扱いしない会社ならなるべく弱音は吐かずにバリバリ働き、なおかつ愛嬌もあって女性ならではの気配りも出来れば上手くやっていけます。男性に負けじと男勝りの態度を取るのではなく、男社会のルールを理解して上手く立ち回れる女性が好まれます。

一方、女性は男社会のルールに巻き込まずに女性扱いする会社では、いつもニコニコして素直で、男性を立てるタイプの女性が好まれます。男性ばかりの職場にいる1~2名の女性事務員などが特別扱いを受けることが多いですね。

こうした職場では女性、特に若い女性ならそれだけで可愛がってもらえるケースが多いのですが、肝心の仕事ができていなければ認めてもらうことはできないでしょう。

女性が多い職場の特徴

では女性が大半を占める「女社会」の職場の特徴とはどんなものでしょうか。

横社会

男社会が縦社会だとしたら、女社会は横社会です。年上の先輩とも友達のような関係で付き合えてあまり上下関係にうるさくないですが、その分グループ同士の争いが起こりやすいです。

仕事に私情を挟みやすい

女性には自分と仲の良い子の評価を良くしたり、逆に嫌いな人には仕事上でも嫌がらせをしたりする人が多いです。また失恋して会社を休んだり、彼氏とケンカした日は一日中機嫌が悪かったりと、プライベートな事が仕事に大きな影響を与えることも多々あります。

グループ意識が強い

学生時代もそうだったかもしれませんが、女性同士だと協調性が何よりも求められます。周りを出し抜いて人気の男性社員にアプローチしたり、仕事で一人だけ手柄を立てようとしたりといったような、輪を乱すような行動を起こす人には厳しいです。いくつかのグループに分かれての派閥争いも起こりやすいです。

陰口が多い・いじめが陰湿

女性ばかりの職場では、お昼休みは陰口大会になるというのはよくある事です。また職場でのいじめは男女問わず起こりえますが、女社会では特に多く、その内容は暴力ではなく陰口・仲間外れ・嫌がらせといった陰湿なものになります。

女性は横のつながりが強く、何でもグループで行動したがる傾向があります。ランチや休憩はみんな一緒に取るという職場も多いです。

派閥に分かれての派閥争いもよく起こるのですが、その原因は妬みや僻みが多いです。お局様に嫌われると陰湿ないじめや嫌がらせが始まる事もあります。

また女性の場合その日の気分で態度がコロコロ変わる人も多く、そういうタイプの人が上司になれば下で働く人達は振り回されて大変です。

結局どっちの職場がいいの?

男社会の職場と女社会の職場、どちらが良いのかはその人のタイプによると思います。

こうした職場の特徴は要するに男女の違いによるものですから、職場に限らず学校やスクール、サークルなどどんな集まりでも同じような事が起こります。

そのため、「男友達の方が多いし普段から男性とつるむ方が楽で好き」というタイプの方は男性が多い職場の方がやりやすいでしょうし、「女子校出身で女の社会に慣れている」「女性同士でつるむ方が好き」というタイプの方は女性が多い職場の方が居心地がいいはずです。

「女の世界は怖い」という話はよく聞きますし、女同士が集まった時のあの雰囲気が苦手という方は女社会の職場でやっていくのは辛いと思います。

ただ、男性ばかりの職場だと女性ならではの役割を求められるし、他の女性社員が少ない(もしくはいない)ので自分で考えて行動しなくてはいけません。そうした事が苦手という女性も少なくないと思うので、その場合は男性が多い職場は辛いかもしれませんね。

ちなみに、個人的には幸い女同士の争いが酷い職場に当たったことがないのもあって、どちらかというと同僚の女性と一緒に遊びに行ったり仕事の話やプライベートな話で盛り上がれる「女性が多い職場」の方が好きかもしれません。

男性に混じって女1人で働いていた時は確かにお菓子をもらったり、色々大目に見てもらったりなどもして楽でしたが、やっぱり一人でもいいから色々な事を話したり相談したりできる女性の仲間が欲しいな…と寂しい思いをすることも多かったです。

先ほども言ったとおりこれは個人の性格や好みによりますから、自分が働きやすそうと思った職場を選ぶのが一番ですね。男社会の職場も女社会の職場も一長一短ということです。

ただ、どちらの職場でも一生懸命に働く努力家で、愛嬌があって素直な性格の人は上手くやっていけると思います。性別関係なく「人として好かれる人物」を目指して頑張ってくださいね。