女性フリーター向け 就職サイトランキング

人間関係が良好な職場を見つけたい

職場の人間関係の悩み

職場の仲間

職場に関する悩みで特に多いのが人間関係の悩みですね。退職理由でも職場の人間関係は常に上位に入っています。特に女性は人間関係で悩みやすいのではないでしょうか。

職場の人間関係の悩みを具体的に挙げてみると、

  • 上司とソリが合わない
  • 同僚と仲が悪い
  • 後輩が生意気・やる気がない
  • 派閥に分かれて対立している
  • 仲間外れにされている
  • いじめにあっている
  • お局様にいびられている
  • 苦手なのに飲み会が多すぎる

などがあると思います。他にもあるでしょう。

こうした人間関係が原因で転職を考える方ってとても多いんですよね。せっかくやりたかった仕事に就けても、人間関係が悪い職場だったせいで転職に追い込まれるケースもあります。

仕事内容自体が嫌、給料や労働環境が悪いのが嫌という理由で転職するのならともかく、人間関係って一見仕事に関係ないし、それがきっかけで転職するのはもったいない気もするかもしれません。「仕事は遊びじゃないんだから仲良くやる必要なんてない!」と言う人もいます。

しかし職場の人間関係が悪いと仕事自体にも影響してきます。モチベーションが下がるのもありますし、お互いの足を引っ張り合ったりすることもあるかもしれません。伝達がスムーズにいかずミスに繋がる場合もあります。

それに勤務時間が8時間だとしたら、休憩時間なども含めて最低9~10時間は職場にいることになります。残業をすればさらに長くなりますね。そして睡眠時間が6時間だとしたら、起きている時間の半数以上を職場で過ごしている事になります。

1日の中で、もっと言えば人生の中でとても多くの時間を占めている訳ですから、やはりできるだけ快適に過ごしたいと思うのは当然のことだと思います。

人間関係が良い職場って?

では、人間関係が良い職場というと具体的にはどんな職場を指すのでしょうか。

  • 上司に何でも相談できる
  • 職場の雰囲気が明るい
  • 派閥に分かれていない
  • みんな仲が良い
  • 強制参加の飲み会等が無い

といった職場だと人間関係に悩むことが無さそうですね。

険悪な雰囲気の職場だと仕事のことで言いたいことも言えなかったり、ミスをするとみんなに責められてしまう場合もあります。自分の意見がきちんと通り、ミスもみんなでカバーしてくれるようなチームワークの良い職場だと働きやすいですね。

同僚や先輩・後輩との仲については個々で意見が分かれるかもしれません。職場の仲間に対して、

  • 友達のような関係を求めるタイプ
  • 職場の人と友達は別と考えるタイプ

がいますからね。

最近は職場に友達はいらないというタイプの女性も増えましたけど、やっぱり友達のように仲良くできる同僚が欲しいという方は多いと思います。

好きな芸能人や昨日のドラマの話題で盛り上がったり、恋愛トークをしたり、職場の愚痴を言い合ったり。仕事帰りには一緒にショッピングやご飯に行ったり。そんな仲間がいれば辛い仕事も一緒に乗り切れそうですよね。

逆に職場の人とはプライベートで一切関わりたくないと考える方もいると思いますが、それでも職場にいる時には他愛のない話をしたり、休憩時間にはみんなでランチしたりする職場だと居心地が良いのではないでしょうか。

中にはランチも一人の方が良いという方もいますから、その場合は一人でランチしてても角が立たないような自由に過ごせる環境だと一番良いですね。

また、よく「毎年社員旅行があります!去年はハワイでした♪」と若い社長とその社員達が水着姿で楽しそうに写った写真を掲載した求人広告なんかを見かけますが、これを見て「いいなー楽しそう!」と思う方と「うわー苦手だ」と思う方に分かれるはずです。

一言で「仲が良い」といっても、毎月のように飲み会があったり休みの日に遊びに行ったりするような関係を思い浮かべる人もいれば、新商品のお菓子を持ち寄って休憩時間にみんなで食べるほっこりした関係を思い浮かべる人もいます。

居心地が良いと感じる距離感、関係性が人それぞれ違うように、良好な人間関係というのもそれぞれに考え方が違うということです。自分が居心地が良いと感じられる職場で働けるのが理想的ですね。

人間関係が良好な職場を見つけるには

しかし職場の人間関係が良いのか悪いのか、というのは求人票だけで判別するのは難しいと思います。実際に入社してみて初めて分かったというケースがほとんどでしょう。

先ほど例に挙げたような社員旅行の様子や職場の人達の集合写真を掲載している求人はよく見掛けますから、それでどんな年齢層の人が働いているのかということはある程度分かります。服装や髪形で社風も何となく分かりますし、写真は良い判断材料にはなると思います。

また「社員みんな仲が良い職場です♪」「20代の若い世代が多く活躍している職場です!」といった文言も参考になるでしょう。面接まで行った場合には面接官の様子からもある程度判断できます。

しかし写真や文章、面接中の短い時間だけでは伝わらないこともあります。それにもし人間関係の悪い職場が求人を出すとしても、正直に「人間関係は良くありません」とは記載しないですよね。

正直なところ詳しい人間関係については入社してみないと分からないという面もあるのですが、それでも少しでも多くの情報を入手するには就職支援サービスのコンサルタントに聞いてみるのがいいでしょう。

前に紹介した利用者が人間関係が原因で辞めたという情報を持っている場合もありますし、企業に何度も足を運んで話をしていれば社内の様子もある程度分かってきますから、その様子を教えてくれたりもするでしょう。

「人間関係が良好な職場がいい」という条件を出しておけば、できるだけそれに見合った求人を紹介してくれます。少なくとも自力で探すよりはハズレに当たる確率は下がるはずです。

20代の女性フリーターにおすすめの就職支援サービスとなっていますので、ぜひチェックしてみてください。

安易に転職しすぎるのは危険

人間関係に悩んで転職をする人は多いですが、その回数があまりにも多すぎる場合は自分自身に原因があるのかもしれません。

より良い環境を求めて職場を変えるのは悪い事ではありませんが、転職回数が多くなりすぎるのは職歴に傷がついてしまいます。そうなれば次にまた転職する際になかなか転職先が決まらなくなってしまいます。

上司も先輩も同期も後輩もみんなが仲が良くて、いつも楽しく働ける職場というのはそうそう出会えるものではありません。それに人間ですから時には機嫌が悪くてつい八つ当たりしてしまったり、何かいざこざがあって険悪な雰囲気になってしまうこともあるでしょう。

そうした時にすべてを環境のせいにしてすぐ転職を考えるのではなく、まずは今の状況を改善する方法はないのか、自分自身に問題はなかったかをよく考えてみましょう。

そしてある程度の妥協も必要ですから、その不満はどうしても我慢できないほどのことなのか、転職するほどのことなのかという点も改めて考えてみましょう。

同僚にどうしても嫌いな人がいる、上司に理不尽に怒られるという不満があっても、それ以外は満足できる職場というのならその不満に目を瞑ることが最善の方法の場合もあります。転職先が必ず今より良い職場だという保障はありませんからね。

職場に対するストレスは誰かに話すことでかなりスッキリします。職場の事情を知る人に話すのが一番理解もしてもらえてすっきりしますが、同僚に話すと社内に広まりそうで怖いというのであれば友達に聞いてもらったり、ネット上で発散することもできると思います。(ブログやSNSで愚痴るのは注意が必要ですが)

何か自分なりのストレス発散法を見つければ人間関係の悩みも乗り越えられるかもしれませんから、退職してしまう前にもう一度よく考えてみてくださいね。

それでも我慢できそうになければ、先ほどご紹介したハタラクティブや女子カレッジなどを利用して転職活動を始めてみてください。