女性フリーター向け 就職サイトランキング
女性フリーター向け 就職サイトランキング > 女性フリーターの悩み > 面接で彼氏の有無や結婚予定を聞かれるのが嫌

面接で彼氏の有無や結婚予定を聞かれるのが嫌

女性が面接で聞かれて嫌なこと

面接で驚く女性

採用面接では面接官に色々なことを質問されます。バイトの面接でも色々と聞かれることはありますが、やっぱり正社員面接の方が聞かれる数も多いしその内容もバライティーに富んでいますよね。

  • 今までの職歴のこと
  • 持っているスキルや資格のこと
  • 志望動機
  • 入社後のこと
  • 長所と短所
  • 尊敬する人物
  • 最近気になるニュース

などがよく質問される内容ですが、他にもたくさんありますね。一見仕事には関係なさそうな事まで聞かれたりもします。

プライベートに関する質問をされることも少なくありません。休日の過ごし方や趣味、好きな芸能人といったことから、家族構成、時には両親の勤務先や年収、健康状態といったかなり踏み込んだことまで聞いてくる面接官もいます。

そして女性の場合、結婚の予定、恋人の有無などを聞かれることが多々あると思います。特に20代後半~30代の未婚女性だと質問されやすいですね。

現在就活中の女性フリーターの中には、この手の質問をされるのが非常に嫌だという方も少なくないのではないでしょうか。

女性応募者に結婚予定・恋人の有無を質問する理由

結婚の予定についてはともかく、恋人がいるかどうかの質問なんて「そんなプライベートな事答えたくない…」と戸惑ってしまう方も多いと思います。聞き方や内容によってはセクハラにもなりかねない質問ですからね。

しかし女性に対してこうした質問を投げかける面接官は、別に興味本位で聞いているわけではありません。(中には興味本位やセクハラ目的の面接官もいるかもしれませんが)

なぜ人の恋愛事情や結婚の予定まで聞いてくるのかというと、「近い将来結婚する可能性があるかどうか」を確認するためです。

女性は結婚を機に退職する人が少なくないため、入社後すぐに結婚しそうな人は採用を控えよう…と考える企業も多いんですね。そのためわざわざ面接時に結婚や恋人についての質問をして確かめようとする訳です。

最近は結婚後も仕事を続ける女性も多いですし、社会全体としても働く女性を応援するという方針にシフトされてきています。ですから女性の結婚予定を採用基準にするという考えは時代遅れとも言ってもいいのですが、現実問題としてはリスクを恐れて採用を避ける企業がまだまだ多いのも事実です。

本来結婚後に家庭に入るのは女性ではなく男性でもいいはずですが、現段階ではそういった選択をする夫婦はごく少数です。こうした状況が変わっていかない限りは女性が採用面接の場で結婚・恋人についての質問をされるのは避けられない事なのかもしれませんね。

プライベートな質問にも答えなくちゃだめ?

しかし面接でプライベートな事を聞かれるというのはやっぱり良い気がしない、不快感が態度に出てしまうという方もいらっしゃると思います。

私も20代中盤くらいの頃、面接官に「結婚は?」と聞かれたのでしていないと答えたら、続けて「彼氏は?」と聞かれたことがありました。そんな事初めて質問されたので、「えっそんな事も聞くの!?」と驚いた記憶があります。

今初めて会った人にそんなプライベートなことは答えたくないという気持ちは分かりますが、もしそこで

「面接には関係ないと思います。プライベートな事なので答えたくありません!」

という答え方をしてしまうのはあまりおすすめできません。確かに正論ではありますが、真っ向から拒絶するような態度は相手に良くない印象を与えてしまいます。

恋人の有無については本当の事を答えなくてはいけない義務はありませんから、どうしても本当の事を言いたくなければ適当に嘘をついてしまっても問題ないと思います。実際に恋愛なんてどうなるかわかりませんから、面接時には彼氏がいても入社時には別れてしまう可能性だってありますしね…。

結婚の予定についてはできれば本当の事を答えた方がいいとは思います。しかしどうしても答えたくないのであれば「そこはプライベートな事なのでちょっと…」と言葉を濁して回答を避けても責められはしないでしょう。

ただしその後に続けて「結婚しても仕事は続けたい」という意思表示はしっかりと行っておくことが重要です。そうでないと「この人は結婚までのつなぎで入社したいだけで、それを隠そうとしてるな」と捉えられてしまいますよ。

この手の質問をされるのがとても不愉快、大の苦手という方は、上手く切り抜けられるよう自分なりの答え方・対処法を準備してから面接に臨んでくださいね。

ただ、こうした質問をしてくる時点でその会社の女性に対する考えやモラルが分かるという考え方もできます。

面接時に当然のごとく恋人に関する質問をしてきたりしつこく聞き出そうとしてくるような会社は、入社後も日常的に同じようにセクハラまがいのことを言われたり、女性が活躍できないような環境であったりするかもしれません。もしそうだとしたら、今後の事を考えるとそんな会社は最初から入らない方が無難ですよね。

面接の場は採用担当者が応募者を選考するだけでなく、応募者が優良な企業を見極める場でもあります。面接時の対応によってはこちらからお断りする決断も必要になるかもしれませんね。