女性フリーター向け 就職サイトランキング
スポンサーリンク

脱ニートを目指す女性の悩み

就職したい女性ニートの悩みとは

悩む女性

もう学生ではないのに職に就かず、それでいて就職活動をするわけでもなく、ただ毎日家にいる。そんなニート女性は増えているようです。

そんなニート生活を送っている方の中には、今の状況に危機感を持っている方も少なくないでしょう。今は良くてもこのままじゃ良くないということは頭では分かっているはずだと思います。

しかし脱ニートを決意してみたのはいいけれど、いざ行動に起こすとなると色々な問題や悩みが出てきますよね。

脱ニートを目指す女性の悩みにはどんなものがあるでしょうか。ニート卒業にまつわる悩みとその解決策について考えてみましょう。

ブランク期間が長くて再就職先が見つからなさそう

ニート歴が長ければ長いほど働いていない空白期間、すなわちブランク期間が長いことになります。半年~1年という方もいれば、5年以上という長いブランクがある方もいるでしょう。

ブランク期間の長さは就職・転職において重要な問題になります。なぜならブランク期間は長い程不利になってしまうからです。

ニートじゃなくても前職を辞めてから次の仕事が決まるまで間が空いてしまうことはよくあります。転職活動が長引いてしまったり、病気療養していたり、家庭の事情だったりとその理由は人それぞれです。

しかし、採用担当者はそんな空白期間に対して厳しい目を向けてきます。事情によっては考慮してくれる場合もありますが、大抵はマイナスのイメージを持たれてしまいます。

長い空白期間がマイナス評価となってしまうのにはこんな理由があります。

  • ただの怠け者だと思われるから
  • 社会不適合者だと思われるから
  • 知識・スキルが古くなっているから
  • すぐ会社を辞める危険性があるから
  • どこの会社も採用したがらない能力の低い人材という評価をするから

正直言って、ニート歴が長い人ほど当てはまる部分も増えるのではないでしょうか。採用担当者もそれが分かっているから採用を渋るようになるんです。

しかし、脱ニートを決意した方は「次就職したら頑張って働こう、長く続けよう」と思って就活しているはずです。

就職したいなら、その決意とやる気を採用担当者に見せましょう。マイナスイメージを払拭できるだけのプラスイメージを与えることができれば、ニート歴が長くても採用の可能性は出てきます。

ただあまりやる気ばかりアピールしても空回りになってしまい、かえって噓くさくなってしまう可能性もあります。やる気を見せるなら説得力も必要です。

空白期間をプラスにするには自己啓発に励んでいたとするのがいいのですが、全くの嘘はバレる可能性もあるし何より誠意に欠けます。

もしニート期間中にこれといった自己啓発活動をしてこなかった場合は、今から始めてみましょう。「現在○○資格取得のために勉強中」と言うことができれば就職のため前向きに行動している姿勢をアピールできますし、空白期間中から取り組んでいたのかなという含みを持たせることもできます。

長い空白期間のせいで就活に踏み切れないという方は、過去の空白期間にばかり目を向けるのでなく、これからの未来を評価してもらえるようなアピール方法を考えましょう。

特に20代前半の方は空白期間の長さを気にする暇があったらすぐ就活を始めてください。新卒で就職した会社を辞めてからニートになってしまった第二新卒は大勢います。そしてそんな第二新卒のニーズは今増えているんですよ。

うじうじ考えていても空白期間は長くなるばかり。まずは行動に移してみることも大切です。

職歴が無い・少ないのが悩み

職歴が少ない、もしくは働いた事がなくて職歴無しなのがコンプレックスとなっているニート女性も多いと思います。

しかし現在10代後半~20代ならまだ若いですから、ニート経験が無い人でも職歴は少ないのが当たり前です。職歴が1つしかないとしてもそこまで気に病む必要はありません。

また、20代前半までなら就職経験がない社会人未経験の方も意外といます。同じ年齢で正社員経験のある人と比べると不利になることはあるかもしれませんが、それでも若いというだけでまだまだ就職先は見つかります。

それに社会人未経験なら、入社後の事を考えても若いうちに就職した方が良いです。20代のうちならニートで就職したことがないのもそこまで珍しくないので変な目で見られることもないでしょうし、社会人として基礎中の基礎のことが分からなかったとしても「まだ若いしね」ということで優しく指導してくれます。

しかしこれが30歳を過ぎてしまうと、周りの先輩が自分より年下になるかもしれないし、「その歳でこんな事も分からないの?」と呆れられてしまうかもしれません。せっかく就職できても居心地が悪くてすぐ退職なんて事態も考えられます。

そもそも30代、40代になって就職経験無しだと正社員就職は絶望的です。良い会社に巡り合えればラッキーですが、その可能性は限りなく低くなります。

職歴無し・職歴の少なさでお悩みの方は、それよりも20代という年齢が大きな強みとなることをまず自覚し、その武器を最大限に活かせるうちに就活を頑張りましょう。

ニートだと言うと引かれそう

今ニートをしていることや、昔ニートだったということを人に知られるのが非常に嫌だという女性は多いのではないでしょうか。プライベートで人に言ってドン引きされた、説教されたという経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

そして就活においても、「ニートということが知られてしまうのが怖い」「ニートの女なんてどこも採用してくれない」という思いから消極的になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かにニート・元ニートという肩書きは就活の場で自慢できるものではありません。しかし、ニートというのは職歴でも何でもありませんから、履歴書に記載しなくてはいけない決まりはありません。

つまりわざわざ「この期間はニートでした」とこちらからバラす必要はなく、言いたくなければ曖昧に濁しておくことはいくらでもできるんです。

例えばちょっとでも独学で資格の勉強をしたことがあれば「資格取得のための勉強をしてました」と言えます。実際に資格を持っていなくても不合格だったと言えば乗り切れるし、現在も勉強中と言って後々取得を目指せば嘘にはなりません。

また女性の場合は家事手伝いという肩書きも使えます。今は自称家事手伝いも通用しなくなってきてはいますが、それでも実際に本当に家事手伝いのために無職でいる女性もいますから信憑性はあります。

あとは逆転の発想で、ニートだった期間を強みに変えるということもできます。

仕事は限られるかもしれませんが、例えばニートの人やその家族をサポートする支援団体だったり、考え方によっては元ニートの経歴が役に立つ仕事もきっとあります。

また最近は面白い経歴を持つ人を積極的に採用するような柔軟な発想を持った会社が増えていますよね。元ニートでも人間として魅力的であれば活躍の場はあります。

就活の際にニートだったことを言いたくなければはっきり言わなくてもいいし、言いたければ言ってもいい。あまり「ニートの自分」にこだわらず、ちょっと肩の力を抜いてみると就活に対する恐怖心や不安感も薄れるのではないでしょうか。

働くのが怖い、自分に正社員が務まるのか不安

一度も正社員就職した事がない方や、長いブランクがあって働くのが久々な方、そして前職での辛い経験がトラウマになってしまった方は、就職して働くことが怖いと思ってしまっているのではないでしょうか。

まず、日常生活もままならないほど心に大きな傷を負ってしまった方は、焦って再就職をしても病状を悪化させることになりかねませんから、出来れば落ち着くまでゆっくりと休むのが一番です。もし通院しているのであれば主治医に相談し、慎重に判断しましょう。

そしてもしそこまで大きな傷は負っていなくても、漠然とした不安や恐怖心がある場合は就活を始めるのをためらってしまいますよね。

ニートの方は長いブランクや経験の少なさ、これまでの挫折の経験などから、劣等感が強かったり自己評価の低い人が多いです。働くことに対する不安はそうした所からくるのだと思います。

しかしそうした不安や心配は、最初から完璧にこなそうと思うから生まれるのではないでしょうか。

最初から何でも完璧にこなせる人はそうそういません。新人が失敗するのは当たり前なんです。ましてや社会人未経験だったり職歴が少ないことを分かった上で採用してくれたのであれば、会社側だって最初から即戦力なんて求めていないはずです。

元ニートや就職経験無しの人を採用してくれるような会社は、最初から失敗せずに何でもできる人よりも、失敗を通じて成長していける人を求めています。「出来なくて当たり前」と開き直るのではなく、常に学ぶ姿勢を忘れずに努力し続ければ周りは応援してくれますよ。

それでも不安という場合は、教育や研修制度が充実した会社を選ぶといいですね。

ニートは婚活にも影響する!20代のうちに就職しよう

以上、脱ニートをするにあたっての悩みについていくつかご紹介しましたが、ご自身の悩みと共通する点はありましたでしょうか。ニートを卒業したい女性の悩みは他にもまだまだたくさんあるかもしれませんね。

ただ一つ言えるのは、このままニートを続けていても何の解決にもならないという事。悩みながらニートを続けていても、空白期間とニート歴が伸びるだけです。

ニート歴が伸びると就職難易度はどんどん上がります。さらには年齢も上がるので余計就職が難しくなってきます。つまりニートを脱出するなら早い方がいいんです。

それに女性なら25歳くらいから徐々に結婚を意識するようになると思いますが、ニートのままでは結婚相手を見つけるのも大変です。

今は女性も正社員就職するのが当たり前の時代ですから、ニートでは印象が悪いです。結婚相手として色々頼りないですし、下手をするとお金目当てと捉えられかねません。

このように婚活にも悪影響を与えてしまうので、できるだけ早いうちに脱ニートを成功させましょう。

脱ニートにおすすめの就職支援サービス

脱ニートを成功させるには、20代の若年者向け就職支援サービスを活用するのがおすすめです。

20代のフリーター・第二新卒・既卒者を対象とした就職支援サービスです。

ニートの就活では「経験者優遇」という条件が大きな壁になってきますよね。中途採用ではこの経験者優遇の求人をよく見掛けますから、経験の少ないニートの方だと応募すら出来ない求人も少なくありません。

20代フリーター向け就職支援サービスなら未経験OKの求人ばかり扱っているので、職歴が少ないニートの方でも応募できる求人が豊富で、選択肢が大幅に広がるんです。

また企業側も登録しているのが20代フリーターや第二新卒・既卒者ばかりという事を理解した上で求人を出しているので、「経験者が欲しかった」「もっと即戦力になる人が欲しかった」といったようなミスマッチもありません。

元ニートでもOKという理解のある会社もあるので、そうした環境なら入社後も安心して働けるのではないでしょうか。

そして就職支援サービスでは履歴書対策や面接対策などの就活サポートも行ってくれます。就活は初めてという方も少なくないと思うので、分からないことをすぐ聞けるのは心強いですよね。

ちなみに先ほどご紹介した人材紹介会社のうち、DYM就職、就職Shopは書類選考無しで面接できるという特徴があります。

これまで書類選考で落とされてばかりだったという方や、職歴や学歴で判断されたくない、もっと人間性を見て欲しいという方におすすめです。

また、就職支援サービスの中には研修に力を入れているところもあります。

ジェイック

ジェイックも20代のフリーター・第二新卒・既卒・大学中退者向けの就職支援サービスなのですが、ジェイックの特徴は最初に就活講座を受けられる事です。研修を終えた後に集団面接会で複数の企業と面談できるという仕組みになっています。

社会人として必要な知識やマナー、スキルを学べる研修を受けることで、自信を持って就活に取り組むことができるようになります。正社員の仕事が自分に務まるのか不安と思っているニートの方にぴったりです。

ジェイックには女子カレッジという女性専門のコースもあるので、女性ならそちらもおすすめです。研修内容も女性向けになっていますし、求人も女性が安心して働ける会社を紹介してもらえます。

女子カレッジへのインタビュー記事はこちら

今回ご紹介した就職支援サービスはいずれも無料で利用できます。無料で研修や就活サポートを受けられるなら使わない手はないですよね。

同時に複数のサービスに登録しても問題ないので、よりたくさんの求人情報を手に入れたいのであれば2~3社に登録するのもいいと思います。

ニート脱却のモチベーションを保つには

一度ニートになってしまったら、そこから抜け出すのは強い気持ちが必要です。時間がたっぷりある分就活を始めてもつい怠けてしまいがちですし、就活が上手くいかずに途中で挫折してしまう人も少なくないからです。

辛くてもモチベーションを保ち続けるというのは難しい事なんですよね。ニートの就活で最も難しいのはそこかもしれません。

しかし自分一人でなく、周りの人の協力があればモチベーションは保ちやすくなります。

「もう諦めようかな…」と思った時でも励ましの声をもらったらまた気持ちを奮い立たせることができるし、面倒でサボりたいなと思った時も後ろめたさを感じて思いとどまることができるようになります。

ダイエットも周りの人に公言する方が上手くいくっていう話をよく聞きますよね。それと同じで、周りの目があると自分に厳しくできるんです。自分一人だとどうしても甘えが出てしまいます。

それに悩みを相談出来たり、上手くいった時に一緒に喜んでくれる人がいるというのは心の支えにもなります。

就活でそうした存在になってくれるのが、就職支援サービスのコンサルタント(担当者)です。時には監視役、時には相談相手となってくれます。

ニートから抜け出すにはある程度強制的に就活しなくてはいけない環境をつくることも必要だと思います。就職支援サービスに登録することで就活しなくてはいけない環境をつくることができるのではないでしょうか。

脱ニートしたいけどどうしても最初の一歩が踏み出せない、なかなかやる気が出ないという方は、まず就職支援サービスに相談に行ってみる所から始めてみてはいかがでしょうか。