女性フリーター 就職サイトランキング
女性フリーター 就職サイトランキング > 女性フリーターの悩み > 一生就職できない?どうしても就職できない女性フリーター

一生就職できない?どうしても就職できない女性フリーター

フリーターにおすすめ人気の就職支援サービスをチェック!フリーターにおすすめ人気の就職支援サービスをチェック!

就職できない女性フリーター

女性フリーター就職できない悩み

正社員になるために就職活動を頑張っているのに・・・どうしても就職できない

このまま、一生就職できなかったらどうしよう・・・?

そうした不安をお持ちになっているフリーター女性も多いのではと思います。

就職できなかったらどうしよう、といった不安から就活がどうしても始められないというフリーターの方もいるかもしれません。

一生就職できない?どうしても就職できない・・・と悩みを持っている場合もあるかもしれないです。

たしかに女性も男性もフリーターから正社員になるためには厳しい就活になる可能性が高いです。

しかし、女性フリーターだから就職できない、といったことはありません。
まして一生就職できないと諦める必要もありません。

女性フリーターの就活ポイントを抑え、仕事探しをしてみてはと思います。

就職活動をしているのに内定がもらえない場合。
どうして就職できないのか原因をしっかり分析、就活に再度取り組むことが大切です。

20代の女性フリーターの方はフリーター向け就職支援サイトもありますので、そうしたところを活用される方法もおすすめしています。

女性フリーター就職サイト

女性フリーターがどうしても就職できない状況から抜け出すには

就職できない女性フリーター

女性フリーターは男性フリーターよりも就職率が低いです。

そして女性の方が非正規雇用(フリーター、派遣など)の割合も多くなっています。

フリーターは年齢が上がるにつれて就職が厳しくなってしまうため、さらに就職できない状況に追い込まれてしまう・・・といったことが起きやすいといえます。

就職活動をしているのに、どうしても就職できない・・・という悩みをお持ちの場合、どうしたら良いでしょうか。

就活期間が長くなってきた場合、今までの就活のやり方で内定が取れる可能性は低いです。

・就活のやり方を変える
・就職活動が上手くいかない原因を分析し改めて就活を再開する

といったことが大切となります。

そのまま就活を続けても、数撃ちゃ当たる戦法の就活になりやすいですし、応募出来る企業が減ってしまう可能性があります。

就活のやり方を変え、女性フリーターを積極的に採用している企業を見つける

今までの就職活動で結果が出ない場合、就職活動のやり方を変える必要があります。

あと少しで内定がもらえそう、といった手応えがある場合などは別ですが書類選考が通らない状況がずっと続いていたり、面接官からの質問に答えが詰まってしまうことが多い、といった場合にはやはり対策が必要と思います。

もし、今までの就職活動で求人サイトをメインに利用していたのでしたらサポートありの就職支援サービスを利用してみる。

今まで就職支援サービスを利用していた場合、違う就職支援サービスを新たに利用しつつ、女性向け職種が多く掲載されている求人サイトを利用してみる、といったように変化を付けて就活を続けることをおすすめします。

女性が歓迎される業界、職種があります。
そうした仕事を中心に応募することで、やはり内定は得やすくなってくるといえます。

また人手不足で女性が活躍しやすい業界を探してみるという方法もおすすめですよ。

そうした業界、職種について改めて情報収集をしてみて、応募したいと思えるお仕事をサガされてみてはと思います。

女性フリーターが就職しやすい業界、仕事を狙う

女性が多い職場

女性フリーターが正社員として就職を目指す場合、やりたい仕事がある場合はもちろん優先して探したいところですが、フリーターから就職するには厳しい職種である場合もあると思います。

その場合には、現実的な就職を考えて女性が就職しやすい業界、職種の求人へも応募を検討される事をおすすめします。

女性フリーターの方も歓迎されることが多い業界としては、次のようなところがあります。

  • 美容業界
  • アパレル業界
  • 介護業界
  • 保育業界
  • 医療業界
  • 小売業界

こうした業界を中心に求人を探してみると、未経験歓迎の正社員求人を多く見つけることが出来ます。

他には、ITエンジニアも女性の採用が増えており、技術も身に付けることができるために女性フリーターの方にもおすすめの職種です。

フリーターから保育士はどう?

保育士に関しても働きながら資格を取ることが出来る人材紹介会社もあります。
フリーターから保育士を目指す、という就職の選択肢も考えることが出来ます。

ただ、ご存じかもしれませんが幼保無償化によってさらに保士の労働環境が悪化しているという保育園もあるため、

「子供が好きだから保育士を目指す」

といったことであれば、保育業界への就職は少々考えた方が良いかもしれません。

改めて自己分析をしてみて、自分がどういった働き方をしたいのか、どういった生活を実現したいのかもお考えになってみることも大切です。

その上で、就職先を考えてみることが、就職に失敗しないために重要といえます。

フリーター期間が長くなると、つい「どこでも良いから就職しないと・・・」という焦りもあるとは思いますが、ミスマッチの就職、ブラック企業への就職は辛いです。

就職成功率の高い女性フリーター就職サイトの活用

もし、今まで自分で求人を探して応募するという就活のやり方をされていたのでしたら、内定率の高い就職支援サービスの活用をおすすめします。

女性がフリーターの就職成功事例が多いところとしては、

ウズキャリ

ハタラクティブ

就職Shop

などがあります。

対応エリアが広いところでは、ハタラクティブがおすすめです。
東京を中心に関東圏、大阪、名古屋、福岡などのエリアで就職支援を利用出来ます。

ハタラクティブは幅広い業界・職種の求人を取り扱っています。

就職shopは関東、関西にのみ店舗があります。
求人数が業界トップクラスとなりますので、お住まいのエリアに店舗がある方におすすめです。

ITエンジニアとしての就職に興味がある女性フリーターの方は、ウズキャリの利用もお考えになってみてください。
プログラマー、インフラエンジニアなどの求人が多い就職支援サービスです。

どうしても就職できないフリーターになる可能性を避けるには

どうしても就職できないフリーターになってしまう可能性は誰にでもあります。

就職できないフリーターに共通して見られる特徴としては次のようなものがあります。

  • 一貫性がない
  • 手当たり次第に求人に応募している
  • 自己分析が足りない
  • 求人を選び過ぎている
  • 行動が足りない
  • ネガティブ思考になっている
  • 企業研究が足りず、志望動機が弱い
  • 面接対策ができていない

などが見られます。

就職できない期間が長くなってきている場合、こうした特徴に自分もはまり込んでいないかどうかを、一度チェックされると良いかもしれません。

企業によっては年齢で応募者を落とすこともありますので、不採用が続いても今回は縁が無かった、と割り切ることはとても大切です。

つい落ち込む気持ちも分りますが、こればっかりは相手もあることですので仕方無い部分もあります。

その上で就職活動をしていく中で毎回、改善出来るところはないかと考えながら応募をしていくことがとても大切になってきます。

特に求人への応募に関して、手当たり次第になってきている場合には焦りが強くなってきている可能性があります。

志望動機も浅くなっている可能性がありますので、注意が必要です。

一生就職できない?どうしても就職できないフリーターを抜け出すには

一生フリーターだと、不利なことが多いです。

生涯賃金も少ない、年金が少ない、万が一の際の保障も薄い、生活に安定が無い。
結婚も難しいでしょう。

女性フリーターの方の中には結婚して専業主婦、といった考えをお持ちの方もいらっしゃるかもしれないのですが、共働きが前提の今の社会ではフリーターを結婚相手に選ぶ正社員の男性は少ないです。

結婚相談所を利用しても、フリーター女性はお相手となる男性を見つけるのに苦労するのだそうです。

就職活動はハマってしまうとどんどん悪循環に陥ってしまう可能性があります。

「このままだと一生就職できないかも・・・」

と思い始めたら、一度就活を立ち止まって就職できない原因を考えてみることをおすすめします。

それでも就職できない場合、どうする?

自分なりに分析して就職活動をしてみたけれど、やっぱりどうしても就職できない・・・

といった場合、サポートを利用しての就職活動をおすすめします。

先ほどご紹介をしましたが、

ハタラクティブ

就職Shop

などのフリーター就職支援サービスは、多くの求職者をサポートしてきた経験から、内定が取れる女性フリーターやニートの特徴、就職できない女性フリーターやニートの特徴を掴んでています。

求職者の方が就職に成功して利益が発生する就職支援サービスですから、本気でアドバイスもしてくれます。
(担当者によって相性が合う・合わないはありますが・・・)

求人状況によって、女性向け職種の求人を紹介可能なタイミングもあります。

女性に人気の高い事務職の求人などは、締切日が早いことも多いため情報収集が大切です。

こうした女性フリーターにおすすめの就職支援サービスもいくつもありますので、ぜひ活用される事をおすすめします。

過去に利用したことがあったけど就職できなくて・・・といった女性フリーターの方もいるかもしれません。
しかし、他の就職支援サービスで就職が決まることもあります。

扱っている求人も違いますし、サポートの仕方も異なる部分もあるでしょう。

就職できない場合、今まで使っていなかった求人媒体、フリーター就職支援サービスを探し利用する方法はおすすめです。

求人を選んでいた場合には、今まで避けていた求人も検討してみてください。
少し広げて考えてみることで、新たに興味を持てる仕事が見つかる可能性があります。

重要なのは今までと就活のやり方を変えるということです。

今までずっと就職できなかったやり方を続けていても、引き続き就職できない可能性は高いでしょう。

ハローワーク、職業訓練の利用を考えてみても良いと思います。
30代後半、40代の方でも職業訓練を経由して就職した人も多いですよ。

30歳を超えると、利用出来なくなる就職支援サービスが増えてしまいます。
行政の就職支援サービスは30代、40代も利用出来るところが多いので、独自の就活に加えて利用してみても良いでしょう。

職業訓練は学ぶ内容にもよりますが、意外と就活に効果的なことがあります。
全くの未経験者よりも、自ら積極的に学んだ人を採用したいと考える企業はあります。

また、補助金の絡みで採用を考えている企業と上手くタイミングがあって内定がもらえた、といったケースもあるでしょう。

今まで就職できなかった方法からやり方、情報収集の方法を変えることはおすすめです。

女性フリーター就職サイト