女性フリーター 就職
女性フリーター 就職 > 女性フリーターの悩み > 家事手伝いや介護の期間は履歴書にどう書けばいい?

家事手伝いや介護の期間は履歴書にどう書けばいい?

フリーターにおすすめ人気の就職支援サービスをチェック!フリーターにおすすめ人気の就職支援サービスをチェック!

履歴書にどう書いたらいい?家庭の事情で長い間働けなかった期間がある

家事手伝いの期間

現在就活中の女性フリーターの方で、過去に「職に就かず家事手伝いや家族の介護をしていた期間がある」という方は少なくないと思います。今現在もそうした状況にあるという方もいらっしゃるでしょう。

こうした事情を持つのは男性より女性の方が多いですから、家事手伝いや介護による空白期間に対する悩みは女性フリーター特有の悩みと言ってもいいかもしれません。

前職を辞めてから、もしくは学校卒業後に就職せずそのまま実家で何となく生活していたというニートすれすれの家事手伝いの女性もいらっしゃるかもしれませんが、母親が病気だったり早くに亡くなってしまっている場合など、本当に自分が家事をしなくては家庭が成り立たないという場合もありますよね。

それに最近は介護による退職を余儀なくされるケースも多いです。20代の方なら両親の介護はまだ先の話かもしれませんが、祖父母はもう介護が必要になってくる頃でしょう。

自宅介護ともなれば家族全員で力を合わせていかなくてはいけませんから、母親のサポートをするため仕事をセーブして介護に励んでいたという事情をお持ちの方もいらっしゃると思います。

しかし家事手伝いであっても介護であっても、例えば一番下の兄弟が成人して独立したとか、介護していた家族が施設に入ったり亡くなったなど、時間と共に家庭の事情は変わっていきます。

ですからもし現在家庭の事情で外に働きに出るのが不可能な状態だとしても、そのうち状況が変わって働きに出られる時も来るでしょう。

そうなったら再就職先を探すことになりますが、その際に困るのが空白期間です。今まで家事や介護をしてきた期間は無職ですから、その間職歴に大きな穴が開いてしまうんですね。

家事手伝いや介護の期間は自分にとってはあっという間だったかもしれませんが、数年間無職というのは履歴書の中でとても目立ちます。

「仕事はしてなかったんだから無職期間として何も書かない方がいいんだろうか。でもそれだと絶対書類選考で落とされるし…。だからといって職歴に家事手伝いって書いてもいいの?」

家事手伝いの期間がある場合、履歴書作成の際にこの空白期間をどうやって書けばいいのか悩んでしまう方は多いはすです。

家事手伝いなど長い空白期間はマイナスイメージを与えてしまう

履歴書を見る採用担当者

家庭の事情によるブランク期間の長さは人によって違うと思いますが、大体半年~1年くらいのケースが多いでしょうか。中には2~3年、長いと5年以上の方もいらっしゃいますね。

空白期間は企業側もしっかりチェックしてきます。そして残念ながら、無職の期間が長いとどうしても不利になってしまうんですよね。

仕事をしていない期間が長いと、企業側は

  • どうして働いてなかったんだろう
  • 長い間無職だったなら社会生活に馴染めないんじゃないか
  • またすぐ辞めてしまうんじゃないか

というネガティブなイメージを持ちがちです。

無職といっても人それぞれに事情があって、中には今回のように「家事手伝いのため」「家族の介護のため」というやむを得ない事情を持っている場合もあるのですが、企業側は履歴書の空白期間を見ただけではそのような個人の事情はくみ取れません。

そのため無職期間(空白期間)が長いのを見ると、どうしても

「ニートだったんじゃないか」
「何も努力せずダラダラ暮らしていたんじゃないか」

と考えてしまうんですね。もしくは、

「健康上の問題があるのではないか」
「精神的に弱いところがあってすぐ辞めてしまうんじゃないか」

といった疑惑をもたれてしまう事もあります。

他にも転職活動に手こずって思いがけず長いブランク期間が出来てしまう人もいますが、「転職活動に専念していた」という理由で半年以上のブランクが空いてしまうと、

「そんなに長い間就活しても仕事が決まらないなんて…何か理由があるのではないか」
「他の会社が欲しがらないような人材ならウチも欲しくない」

と思われてしまうかもしれません。このあたりは面接官にもよりますが、やはり長すぎる転職活動はあまり良い印象は与えません。

空白期間の理由は正直に伝えるのが一番

こうした無職期間に対するマイナスイメージを払拭するためには、正直に事情を伝えるのが一番です。

面接まで進むことができればその場で直接説明することも可能ですが、書類選考の段階で落とされてしまってはそれも叶いません。

ですから書類選考の段階でも分かるように、履歴書や職務経歴書の中で空白期間の説明をしておきましょう。

こうした事情については正直に書くのが一番です。
ウソをつくと、ずっとウソに合わせて受け答えをしなくてはならず辛くなります。

履歴書に「家事手伝い」と書くのはアリ?

履歴書記入

履歴書に空白期間の理由を書くとしたら職歴欄になります。

○○株式会社 一身上の都合により退職
退職後は祖父の介護を手伝う

といったように、前職の退職理由の後にさらっと説明するくらいがいいですね。あくまで職歴を書く欄ですから、もう少し詳しく説明したいのであれば職務経歴書の方に書くといいでしょう。

ただ、履歴書に「家事手伝い」とだけ書くことはできるだけ避けた方がいいかもしれません。というのも、家事手伝いという言葉は曖昧なところがあり、一歩間違えると「ただのニート」と捉えられかねないからです。

実際のところ家事をするだけなら空き時間は結構あるはずです。親と同居していて家事は母親がメインで行っていて、その手伝いをしていたというのであればなおさらです。

面接官もそこを突いてきますから、

「家事をしながら○○の介護をしていた」
「家事手伝いの合間に資格の勉強をしていた」

といったように、なるべく具体的な内容を書くか、何か就職の役に立つ勉強をしていたアピールを同時にした方がいいと思います。

家事手伝いと聞くと「無職期間の言い訳なんじゃないか」と警戒する採用担当者もいますから、本当に家事手伝いのために仕事をしていなかったのであれば説得力のある説明ができるようにしておいた方がいいですね。

ただしそれを履歴書や職務経歴書でしようと思って長ったらしい文章を書いてしまうと、逆に言い訳がましくなってしまう可能性もあります。

やはり理想は「面接時に聞かれたら答える」という形ですね。書類上ではニート疑惑を晴らす程度にさらっと触れるだけで大丈夫でしょう。

またすぐに退職しないか、という不安を取り除いておく

そして介護や家事手伝いを理由とした空白期間がある場合、「今後はもう大丈夫、仕事に支障はきたさない」というアピールをすることも重要です。

病気による退職の場合もそうですが、空白期間の理由によっては「今後また同じ理由で退職したり仕事を休んだりされるかもしれない」という不安が採用担当者にはあります。

空白期間の説明とともに、そうした疑惑もしっかりと晴らしておきましょう。

家事手伝いや家族の介護によるブランク期間が長くなってしまった女性フリーターは、これらのポイントを踏まえて履歴書・職務経歴書作りを頑張ってみてください。

履歴書作りや面接が不安ならプロのアドバイスを受けよう

アドバイザー

自分なりに履歴書・職務経歴書を書いてみたり面接での受け答えを考えてみたけど、やっぱり上手く説明できているか不安…という方もいるでしょう。

特にこれまで長いブランクが原因と思われる不採用が続いている方は、どうすれば家事手伝いや介護による空白期間があっても受かるのか、本気でアドバイスが欲しいと思っているはずです。

実際のところ空白期間の期間や詳しい事情は人それぞれに違うので、本当は個々に合わせたアドバイスを受けるのが一番なんですよね。

履歴書の書き方や面接の受け答えについてアドバイスが欲しい、プロから指導を受けたいということであれば、就職支援サイトの利用がおすすめです。

フリーター向けの就職支援サービスに登録すれば、就職アドバイザーによる各種サポートが受けられるようになります。

その中には応募書類の作成アドバイスや面接対策も含まれているので、空白期間についてもどう説明したらいいかのアドバイスを受けられるでしょう。お悩みの方は相談する価値があると思います。

こうしたアドバイスを含め、求人紹介やカウンセリングなどはすべて無料で利用できるので、ぜひ活用してみましょう。

女性フリーターにもおすすめ!就活サポートが受けられるフリーター向け就職支援サービス

フリーター向けの就職支援サービスなら未経験OKの求人が豊富に見つかります。

応募書類の作成や面接対策等、充実した就活サポートを受けられるフリーター向け就職支援サービスをご紹介します。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代のフリーター、既卒、第二新卒、ニート向けの就職支援サービスです。

ハタラクティブは企業ごとの面接対策や面接後のフィードバックなど、きめ細やかなサポートを行ってくれるのが魅力です。面接に自信がないという方も事前の対策のおかげで安心して挑めます。

こうした丁寧なサポートのおかげで、ハタラクティブでは書類審査通過率91.4%、内定率80.4%と、どちらも高い数字となっています。

未経験OKの求人を中心に扱っているので職歴が少なくても大丈夫ですし、ブランクありでも20代であれば応募できる求人はたくさん見つかります。

初めての就活にもおすすめの就職支援サービスなので、気になる方はチェックしてみてください。

対応地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡となっています。

ハタラクティブ 公式ページへ

就職Shop

就職Shop

就職Shopはリクルートグループの若年者向け就職支援サービスです。

未経験からの就職に強く、これまでたくさんの正社員未経験者を就職に導いてきました。

なんと、就職Shopでは書類選考の過程がありません。紹介される企業とは書類選考の結果を待つことなく、最初から面接できるんです。

これなら「履歴書や職務経歴書でどう空白期間について説明しよう…」なんて心配をする必要がなくなりますね。面接の場で聞かれたら説明すればいいので、気持ちはかなり楽になると思います。

空白期間が気になるという方には、こうした書類選考なしのタイプの就職支援サービスがおすすめです。ぜひチェックしてみてくださいね。

対応地域は東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都となっています。

就職Shop 公式ページへ

DYM就職

DYM就職

DYM就職はフリーター、既卒、第二新卒、ニートといった人向けに就職支援を行っています。

DYM就職も書類選考なしで面接を受けられるので、空白期間がある方におすすめです。

未経験可の求人が豊富ですから、フリーターや家事手伝いからの就職に向いています。扱う業種・業界も様々です。

対象地域は東京、大阪、名古屋、福岡、札幌となっています。福岡や札幌(北海道)までカバーしているところは多くないので、こうした地域にお住まいの方はぜひチェックしてみてください。

DYM就職 公式ページへ