女性フリーター向け 就職サイトランキング

妊娠中だけど就活できる?

妊娠中の就活について

妊婦の就活

正社員を目指して就職活動をしているという女性フリーターの中には、現在妊娠中の方もいらっしゃるかもしれません。

  • 就活中に妊娠が発覚した
  • 妊娠が分かってから転職を決意した

などのケースがあると思いますが、どちらにせよ「妊婦を雇ってくれる会社はあるのかな?」と不安を抱いているのではないでしょうか。

妊婦を採用してくれる会社はある?

妊娠中に働くというのは色々と大変なことがたくさんありますよね。力仕事や激しい動きをする仕事は避けなくてはいけないし、病院のように病気の人が集まるような環境も避けた方がいいです。

つわりがひどいと仕事もままならないので、欠勤や早退も増えるでしょう。デスクワークならともかく接客業やハードワークの職場で吐き気を我慢しながら働くのは大変です。

それに職場に妊婦がいると周りの人もとても気を遣います。重い物は持たせられませんし、残業も極力させないようにたくさんの仕事は任せられません。万が一職場で何かあったら会社が責任を取らなくてはいけませんから、色々と注意しなくてはいけません。

そして出産の段階になれば出産・育児休暇が必要ですし、もしかすると出産時に退職してしまうかもしれません。

このように妊娠中に会社で働くという事は、本人にとってはもちろん会社にとっても様々なリスクがあります。元々働いていた人が妊娠したというのならともかく、わざわざリスクを負ってまで妊娠している人を採用する会社は少ないのではないでしょうか。

もし出産後も働く予定だとしても、現段階で正社員として採用してもらうのはかなり厳しいかもしれませんね。少なくとも出産後育児も落ち着いた頃から就活をスタートさせた方が賢明です。

妊娠中でもできる仕事

正社員は無理だとしても、お金を稼ぎたいからパートでもいいから働きたいという方もいらっしゃるでしょう。正直妊娠中はパートやバイトでもなかなか採用してもらえないのが実情ですが、妊婦でも働ける仕事はあります。

妊娠中に働くならデータ入力コールセンターなどのデスクワークがおすすめです。妊娠中でも採用してくれる会社はありますし、実際に妊娠中にバイトしていたという方もいらっしゃいます。

応募するなら長期での募集ではなく、短期バイトの方がいいでしょう。長期スタッフを募集している会社はなるべく長く働いてくれる人を求めていますから、妊婦だと不利になります。

あとは在宅ワーク内職も妊婦向きの仕事ですね。自分のペースで働ける仕事だと働きやすいでしょう。

もし妊娠中にアルバイトをするなら、できれば妊娠初期は避け安定期に入ってから働きに出た方が良いです。

もし妊娠発覚直後に採用してもらえたとしても、想像以上につわりがひどくて仕事できそうにないとなれば会社にも迷惑がかかってしまいますよね。それに妊娠初期に無理して働けば最悪流産の危険性もあります。

生活のためにお金を稼ぐことも必要なことかもしれませんが、妊娠中はなによりもお腹の中の赤ちゃんのことを最優先にしてあげてくださいね。