女性フリーター向け 就職サイトランキング
スポンサーリンク

女ばかりの職場は避けたい

女ばかりの職場ってどうなの?

社内の人間関係に悩む女性

新しい仕事を探す際、職場の人間関係がとても気になるという方は多いと思います。

今まで人間関係が原因で退職したことがある方、もしくは直接の原因にはならなかったもののかなり痛い目に合ったことがある方は、次はなるべく人間関係が良好な職場を選びたいですよね。

そして、職場の人間関係に悩まされるのは男性よりも女性に多いのではないでしょうか。

仕事に限らず、一般的に男性より女性の方が人間関係でこじれることが多いですよね。ママ友同士の関係なんかも大変そうです。

どうも女性が多く集まると、派閥が出来てリーダー的存在の人が現れたり、派閥同士の争いが起きてしまったりするんですよね。

そしてその争いは殴り合いのケンカではく、陰口やシカト、ミスの擦り付け合いなど陰湿なものになります…。

このページをご覧の方の中にも、女性同士の争いに巻き込まれてある事ない事言いふらされたり、ランチの時に急に輪から外されたといった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もしかするとご自身が派閥のど真ん中にいて、あらゆる手を使って敵対する女性陣と争ってきたという猛者もいらっしゃるかもしれませんが(^^:;

女ばかりの職場あるある

実際に女性が多い職場で勤めた経験のある人の声を集めてみました。

  • 休憩室は悪口・陰口のオンパレード
  • 噂話がすごい
  • 社内の情報通が必ず一人はいる
  • すぐマウンティングしてくる
  • 輪を乱すと弾圧される
  • 気分屋の人に振り回される
  • 仕事の文句たらたら
  • 仕事以外での揉め事も多い
  • 嫉妬が凄い
  • 男性社員がいると「色目を使ってる」とかの理由でモメる

やはり悪口が多いというのはよく聞く意見ですね。「自分がいないところでは自分の悪口も言われてそうで怖い」という人が多かったです。

また仕事とプライベートの線引きがあいまいな人も多いようで、失恋して仕事中に泣き出す人がいたり、彼氏とケンカしたせいで1日中機嫌が悪くなる人もいるみたいです。

あと女性のみの職場と少しの男性がいる職場とではまた違うようで、男性が絡むと嫉妬や妬みなどで一気に殺伐とした雰囲気になる事もあるようです。

ただしもちろん女性ばかりの職場はすべて人間関係が悪いというわけではありませんから、メンバーによっては「女性特有のネチネチした感じ」にはならず、みんな仲が良くて楽しく過ごせる職場もあるようです。

好意的な意見としては、

  • いつもお菓子を持ち寄って交換してる
  • 恋バナで盛り上がる
  • ドラマやファッションの話で盛り上がる
  • 男性がいないから色々気を使わなくていい
  • プライベートでも遊ぶ友達ができる

などがありました。

やはり歳の近い女性が集まれば共通の話題で盛り上がれるので楽しいようです。逆に歳が親子ほど離れている場合は、良き相談相手となっていることもあるようです。

また子育て中ママが多い環境なら、育児の事を相談しあったり情報交換の場にもなったりするようですね。

女性同士の争いはもうウンザリ…

このように、女性ばかりの職場にも色々ありますから、人によっては女性が多い職場を楽しいと感じている人もいます。

しかそういった職場に当たるのはラッキーで、残念ながら多くの場合はあまり良好な人間関係ではなかったり、何らかの問題を抱えていたりするようです。

そのため一度「もう女同士の争いはこりごり…」という経験をした方は、次の職場を探す際は無難に女性ばかりの職場は避ける傾向があるようですね。

また、そもそも女性同士の付き合いが苦手という方もいらっしゃると思います。

数人でつるんでいつも一緒にいるのが好きじゃないとか、職場の人達とプライベートな話はしたくない、彼氏のことを根掘り葉掘り聞かれるのは苦痛というタイプもいらっしゃいますよね。

そういった感じで職場ではドライな人間関係を望む方も最初から女性が多い職場を避けて、男女比が同じくらい、もしくは男性が多い職場を希望しているのではないでしょうか。

このように、職場の人間関係と男女比とは密接に関係してきます。ですから職場選びの際には、職場の男女比についてもよく考えた方がいいですね。

女性が多い職場・男性が多い職場

では女性が多い職場、そして逆に男性が多い職場には、具体的にどんな職場があるのでしょうか。

まず女性が多い職場といえば、

  • 医療関係(看護師、介護士、薬剤師など)
  • アパレル関係
  • 美容関係
  • 保育士
  • 受付、秘書

などでしょうか。医療系は女性の割合が多いですね。

他にはファッション・コスメ関係、下着メーカーなど、女性用の用品を扱う会社も女性社員が多い傾向があります。

一方で女性が少ない(男性が多い)職場というと、

  • 土木・建設業界
  • バス・タクシー運転手
  • 開発職・技術職
  • 不動産営業
  • プログラマー、SE

などがあります。主に力仕事、技術職に多いでしょうか。

最近はバス・タクシーの運転手や競馬の騎手、ボートレーサーなんかでも女性を見かけるようになりましたが、一般的には男性ばかりの職場に女性がいるとしたら、事務員として働いているケースが多いですね。

ですから事務職自体は女性が多いのですが、働く職場によって環境は大きく変わってきます。

女性ばかりの職場が苦手という方は、男性が多い職場に事務職として就職するか、男性が多い業界に就くためのスキルや資格を習得してみてはいかがでしょうか。

男ばかりの職場で働くメリット・デメリット

ただ、女性ばかりの職場を避けたいからといって、男性ばかりの職場を選ぶのが必ずしも良いとは限りません。

男性ばかりの職場に女性が1~2人だけという状況も好き嫌いが分かれると思います。メリットが多い反面、デメリットに感じる部分もあるからです。

男性ばかりの職場では女性が行うべき暗黙のルールみたいなもの(お茶汲みや来客対応など)があったりします。なのでそういった事に気が利く女性じゃないと上手く立ち回れないかもしれません。

また女性の同僚がいないことに寂しさを感じる方もいます。女性同士でしか話しにくいこともありますし、仕事の愚痴や悩みも同じ立場の女性社員の方が話しやすいですしね。

それに単に話し相手という意味合いだけでなく、例えばセクハラを受けている時なんかも異性より同性の方が相談しやすいですよね。

他にもトイレが男女共有だったり、女性用の更衣室やロッカーがないなど、職場の環境に問題がある場合も少なくないようです。

逆にメリットを挙げると、基本的に男性ばかりの中に紅一点となると、多くの場合は男性陣から大事に扱ってもらえます。

そのため、女性が少なくて男性が多い職場だと凄く居心地が良いからこっちの方が好きという女性も多いです。

そう聞くと「どうせ若い子やかわいい子だけでしょ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが意外とそんなことはなく、容姿は関係なく明るくて人当たりの良い女性なら大抵どこへ行ってもかわいがってもらえますよ。

それに男性が多い職場では50代前後のおじさん世代の割合が多いですから、30代~40代の女性でも十分若い子扱いしてくれますし、逆に若い男の子からはお姉さん・母親のように慕われたりもします。(それが良いかどうかは別として)

このように男性が多い職場にもメリット・デメリットはあります。このあたりは好みの問題なので自分が居心地が良いと感じる職場を選べばいいと思います。

職場の問題は女性が多いことだけが原因とは限らない

ちなみに、「人間関係が上手くいかないのはすべて女だらけの職場のせいだ!」と決めつけてしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、すべてがそうであるとは限りません。

トラブルメーカーが居れば男女関係なくいざこざは起こります。職場で嫌われやすいタイプはどこに行っても嫌われます。

ですから何でもかんでも周りのせいにせず、まずは自分自身に何か人間関係が上手くいかなくなる原因がないかを考えてみましょう。もしかすると自分に原因があるかもしれませんよ。

職場は仕事をする場所ですから、仕事をしっかりしないというのは職場で一番の嫌われる原因です。仕事ができないというよりはいつもサボっていたりして誠意がない人ですね。

あとは必要以上に壁を作っている場合も周りに不快感を与えやすいです。仕事以外は一切関わりたくない、女同士のいざこざに巻き込まれたくないという気持ちも分かりますが、ちょっとした空き時間や休憩中などにたわいもない話をするくらいはコミュニケーションを取った方が角が立ちません。

そして、そもそも人間関係の問題は男女関係なく起こります。つまり男性が多い職場にもメンバーによっては陰口やいじめ、妬みなどの問題は起こるということです。

ですから男性ばかりの職場で働くからといって、「もう人間関係のことで悩まなくてもいいんだ!」と安心はできません。そこはしっかりと覚えておきましょう。