女性フリーター向け 就職サイトランキング
女性フリーター向け 就職サイトランキング > フリーター就活 > 30代フリーターが就活で不利になる理由

30代フリーターが就活で不利になる理由

20代より30代の方が就職が難しくなるのはどうして?

30代フリーターが不利な理由

30歳を超えたフリーターの方、就活をしてもなかなか就職先が決まらなくて苦労しているのではないでしょうか。

20代を過ぎて30代フリーター、40代フリーターとなると、就活の難易度が一気に上がりますね。30代以降は正社員から正社員への転職も苦労することがある年代ですから、その上フリーターとなると…。かなり厳しい現実が待っています。

まず、なぜ20代フリーターに比べて不利になるのかというと、

  • 若い方が体力がある
  • 柔軟な考えができない、素直さがない
  • 上司の方が年下になる可能性がある

などの理由が考えられます。

現在フリーターでも直近まで正社員として働いていて、再就職先も今までのキャリアを活かせるように同じ業界で探しているならそこまで不利にはならないかもしれません。

しかし今までの職歴はアルバイトばかり、未経験の業界で就職先を探している、職歴がほぼ無いといった状況のフリーターだとやはり20代フリーターの方が圧倒的に有利になります。

年齢が若いとその分体力もありますから、繁忙期になって残業が続いたり休日出勤があったとしても多少の無理がききますよね。しかし30代以降だと無理をすると体を壊してしまうかもしれません。

また若いうちは頭もやわらかいので柔軟な考えができ、新しいことへの適応力があります。例えば20代と50代の新人に同じ業務を同じように教えたら、先に覚えるのはきっと20代の人でしょう。

それに若い新人は教えたことは素直にきいてどんどん吸収するので成長も早いです。歳をとるにつれて素直さは失われていくので、気の強い人だと何か教えても反論したりします。このあたりは個々の性格にもよりますが、年齢からくるものがあるのも確かですね。

そして、30代以降で新人として入社すると上司が年下というケースも珍しくありません。

「年下にエラそうな口をきかれるのは腹立つ」という人もいますし、逆に上司の方も「年上相手に強く注意したりしづらい…」と気が引けてしまう事もあります。

これらの事を踏まえると、大多数の企業はやっぱり新人として採用するなら若い人材の方が扱いやすいという結論に至ってしまうんですね。これが採用側が30代フリーターの採用を渋る理由となっているのでしょう。

女性フリーターは男性より不利?

女性の場合はまた違った理由から採用を見送られてしまうこともあります。30代女性フリーターがなぜ男性に比べて不利になってしまうのかというと、

  • 現在独身でも今後結婚・出産の可能性がある
  • 結婚時に退職する人が多い
  • 子供が出来たら育児休暇が必要になる
  • 既婚者は子供関連の欠勤・早退が多く残業もできない人が多い

など、結婚・出産・育児絡みの事情があるからです。

女性の働き方に理解のある職場ならこうした理由で不採用にすることはないのですが、やはり

「どうせ結婚したら退職するつもりなんだろう」
「子持ちの主婦は欠勤・早退が多いし残業も断られるから使いづらい」

と考える企業はまだまだ多いです。

就活はなるべく早いうちから始めよう!

このように30代フリーターは20代フリーターに比べて様々な面から就活で不利になります。そして女性フリーターは結婚・出産絡みでさらに不利な状況になってしまうかもしれません。

もちろん30代でもフリーターから就職することは可能です。しかし険しい道のりになることは間違いありません。

就活は20代のうちから始めた方が成功率が高いですし、選択肢も多いです。30代では年齢制限にひっかかって応募すらできないことも少なくないのです。

就活は早いうちから始めるに越したことはありません。いつか就職はしたいと思いつつのんびり構えている20代フリーターの方は、ぜひ危機感を持って真剣に就活を始めていただきたいと思います。