女性フリーター向け 就職サイトランキング
女性フリーター向け 就職サイトランキング > フリーター就活 > 未経験可の求人で未経験者が落とされる理由

未経験可の求人で未経験者が落とされる理由

未経験OK求人なのに落とされる?

面接

通常、中途採用では経験者が求められることが多いですね。経験者優遇で採用するという求人もあれば、最初から経験者のみで募集している求人もあります。

それはどうしてかというと、中途採用では即戦力を求めるからです。経験者は前職の経験を活かしてすぐに活躍してくれますが、未経験者は一人前になるまで教育しなくてはいけないので即戦力にはなりません。

そのため未経験では中途採用の求人に応募しても落とされやすい、もしくは応募すら出来ないことも少なくありません。未経験での就職・転職は難しいというのが一般的な考え方となっています。

そんな中、求人の中にはその仕事の経験がない、つまり未経験者でも応募可能な求人があります。経験者のみという求人も珍しくない中、未経験者でも採用の可能性がある未経験OKの求人は大変ありがたい存在ですよね。

というよりむしろ未経験から就職するならこうした未経験可の求人を狙うしかないとも言える状態ですから、未経験からの挑戦となることが多いフリーターの方も、就活の際は未経験OKの求人を探して応募することが多いと思います。

ただ未経験可の求人でも必ず受かるという訳ではなく、応募しても落とされることもあります。採用選考ですから当然といえば当然です。

しかし、中には未経験可の求人なのに「未経験だから落とされる」ということもあるんです。

せっかく未経験OKの求人を選んで応募しているのに、未経験だからという理由で落とされるのはどうも腑に落ちないですよね。

未経験可の求人で未経験者が落とされる理由とは一体何なのでしょうか。

本当は経験者が欲しいのかも

そもそも不採用になる理由には、

  • スキル・実力不足
  • 面接での印象が悪い
  • 企業が求める人物像と異なる
  • 希望する年齢と合わない
  • 先に採用者が決まってしまった
  • 急きょ人材の採用を取り止めた

などがあります。

こうした本人に問題がある場合や会社の求める条件と合わなかった場合、そして会社側の都合で採用を見送られた場合は、経験ありなしは関係ないですから、不採用になったとしても一応は納得できると思います。

しかし、未経験でも大丈夫と言っていたのに未経験だから落とされるというのは納得できないという方もいらっしゃるでしょう。

ではなぜそうした事が起きるのかというと、まずは未経験可の求人でも経験者が応募してくることが関係しています。

未経験可の求人は「経験者のみに絞ることはしないから未経験者が応募してきても構わない」というものですが、必ずしも未経験者を歓迎しているとは限りません。

つまりどういうことかというと、「未経験で応募してきてもいいけど経験豊富な人が来たらそっちを取りたい」と考えている企業もたくさんあるということなんです。

今は人手不足の業界も多く、募集を掛けても応募者が集まらないということはよくあります。ですから経験者のみで募集を掛けてしまうと、全然人が集まらなくて求人を出す意味がないなんて事態にもなりかねないんですね。

また業界によってはそもそも経験者の人数が少ないからやむなく未経験者も含めて募集を掛けているという事情がある場合もあります。

そんな風に人を集めるためにしょうがなく未経験可の条件で募集を掛けていた場合、もし経験者が応募してきたらどうなるでしょうか。元々は経験者が欲しいと思っていたので、当然未経験者より経験者の方を採用したくなりますよね。

このように、未経験可の求人を出す企業の中には「本当は経験者が欲しい」という希望を持つ企業も多数含まれているんです。だから経験者のライバルが現れたら負けてしまう(不採用になる)んですね。

本当に未経験者を歓迎する求人を探すには

ただ未経験可の求人の中には、本当に未経験者を歓迎している求人も含まれています。これまでの経験は関係なく、それ以外の基準で人材を選びたいという企業です。

経験豊富で即戦力となる経験者よりもわざわざ未経験者を選ぼうとするのは、

  • 他の企業のカラーに染まっていない人材が欲しい
  • 若い人材を採って一から育てたい
  • 新卒者を採れなかった・早期退職されたからその穴埋め
  • 未経験だからこそ勉強熱心で意欲的に働いてくれるかもしれない

といった意図があるからです。

こうした考えを持つ企業に応募すれば未経験でも経験者に勝てる可能性が出てくるし、むしろ未経験であることが武器になる場合すらあります。

ですから未経験で採用されたいのなら、このように本当に未経験者を歓迎している企業の求人を探さなくてはいけません。

こうした未経験歓迎求人はどこで見つかるのかというと、

のようなフリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスでたくさん取り扱っています。

これらの就職支援サービスを利用するのは職歴が少ない・また全く無いフリーターや既卒者、また早期退職してしまって新しい就職先を探している第二新卒者なので、経験を活かして転職をするケースは少なく、基本的にみんな未経験での就職・転職となります。

そしてこうしたフリーター向けの就職支援サービスで扱っている企業はそれを分かった上で求人を出しているので、最初から即戦力は求めていないんですね。つまり本当に未経験者を歓迎している企業ということなんです。

就職支援サービスでは履歴書の書き方や面接対策などのサポートも受けられます。無料で利用できるので就活中の方はぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

「未経験」と「業務未経験」は違う!

本当は経験者が欲しいのに未経験も含めて募集を掛けているというケース以外にも、未経験OK求人で未経験者が落とされやすいパターンがあります。

それは、業務未経験者を募集している求人に全くの未経験者が応募してしまった場合です。

単なる未経験と業務未経験は違います。ここを勘違いして「未経験OKって書いてたのに門前払いされた!」というケースも多いんですよね。

業務未経験というのは、仕事として働いたことは無いけれど業務に必要な知識・スキルは身に付いている状態のことを指しています。

よくあるのは専門学校を卒業したけどその分野で就職したことが無いケースですね。例えばIT系の専門学校でプログラムの勉強をしていた人が、卒業後にフリーターになったり全く無関係な業界に就職したとして、プログラマーとして就職しようとした場合には業務未経験となります。

専門学校や大学じゃなくても、独学やスクール、通信教育で学んだ場合も当てはまります。ただし趣味でちょっとかじった程度のレベルでは当てはまりません。

こうした基本的な知識はある業務未経験と、その分野について全く知識が無い本当に素人の未経験では全く立場が違うので、未経験で応募して落とされるのは当然です。

基本的には専門知識が必要な業界では未経験での募集といえば業務未経験であることが多いですね。中には就職するには専門の資格を持っていないといけない職種もあるので、その場合は有資格者であることが前提になります。

未経験可の求人に応募する際は、こうした「業務未経験」じゃないかどうかもチェックするようにしましょう。