女性フリーター向け 就職サイトランキング
女性フリーター向け 就職サイトランキング > フリーター就活 > 女性フリーター 中途採用を目指す

女性フリーター 中途採用を目指す

フリーターは即戦力になる?

中途採用

正社員就職してフリーターを抜け出したい女性フリーターの方に向けた情報を掲載しています。

フリーターということはすでに大学や専門学校、高校などの学校から卒業して、現在はアルバイトをして生活している状態でしょうから、もう新卒として就職することはできません。ですからフリーターから正社員就職する際は、新卒ではなく中途採用で入社することになりますね。

新卒採用では学生を対象にしていますから、実務経験はないのが普通です。ですからこの場合は企業側も最初から即戦力になるとは考えておらず、若い人材を一から育てていくつもりで採用します。

しかし中途採用の場合、対象者は学生ではなく一度社会に出た人です。そのため多くの場合は実務経験を問われ、企業側は即戦力になる人材を期待しています。

つまり、中途採用では学生と違って即戦力を求められることが多いというのが新卒採用と最も異なる点だと言えるでしょう。

しかし、バイト歴しかないフリーター、もしくは今まで働いた事がないという社会人未経験者の場合、即戦力扱いを受けるのはちょっと難しい気がしますよね。

即戦力になるのはその仕事の勤務経験があって、ある程度のスキル・能力が身に付いている人です。バイト経験ならあるという方はいらっしゃると思いますが、正社員として働く上で即戦力になるにはやはり正社員経験がないと経験不足とみなされるケースも多いんですよね。

ですから端的に言うと、企業にとってフリーターは即戦力になる人材ではないという事です。

ではフリーターは中途採用されるのは無理なのでしょうか。

フリーターの方が歓迎される場合もある

フリーターが即戦力にならないからといって、どこの企業でも中途採用されないという訳ではありません。フリーターでも中途採用で正社員として迎え入れてくれる企業はありますから安心してください。

では、フリーターが中途で正社員採用されるにはどうしたらいいのでしょうか。

そもそも企業が中途採用をする目的は、即戦力で働ける人材を求める以外にもあります。例えば事業拡大による増員などですね。

新しい人材を育てたいなら新卒を取ればいい気もしますが、あえてそうしない理由もあります。それは新卒者にはない魅力がフリーターにはあるからです。

フリーターの中には第二新卒と呼ばれる、新卒就職後3年以内に離職した方もいると思います。そうした方は最初に就職した会社で新人研修などを受けている場合が多いので、社会人としての基礎は身に付いています。

ということは新卒者と違って入社後に一から教える必要がなく、その分の時間とコストを削減できるんです。

それに就職したことがない既卒者にも新卒にはない強みもあります。それは学生気分が抜けているという事。

学生時代は何となく就活をして、何となく働き始める人も結構多いんです。だから仕事が始まっても社会人としての自覚が足りなくて、つい先輩にタメ口をきいたり二日酔いで会社を休んだりと、周りの社員が「え?」と思うようなこともしてしまいがちです。

しかしバイトであっても一度社会に出たら、学生時代にはない厳しさを感じると思います。自分で生活費を稼がなくてはいけないという自立心、仕事に対する責任感も芽生えてくるでしょう。

それに一度フリーターになった方は「就職したい!」という気持ちが強いので、何となく就職した新卒者と比べて仕事に対する意欲が違います。また辛い就活を乗り越えてやっと就職したという気持ちもあるので、簡単には離職しない傾向もあります。

ですからだらしない新卒者を迎えてしまった痛い経験を持つ会社ほど、新卒者ではなく中途採用でやる気のあるフリーターを採用しようとすることが多いです。

ということで、新卒の方が就職に有利だと思いがちですがあながちそうとも限らず、中にはフリーターの方が有利になる場合もあるということは覚えておいてくださいね。

「どうせフリーターだし…」と半分諦めてしまっている方も、この事実を励みに就活を頑張りましょう。

女性フリーターが中途採用されやすい仕事は?

では、女性フリーターが就職成功しているのはどんな仕事でしょうか。女性フリーターが中途採用されやすいと思われる仕事をピックアップしてみました。

販売・サービス系

販売の仕事や飲食店などのサービス業は中途求人も多いので、フリーターから就職する人が多いですね。未経験でも採用されやすいのが強みです。

ただこの業界は人手不足なので、残業が多くなるのも特徴です。時間も不規則、休日も土日休みではなくシフト制なので、規則正しい生活を送りたい人には不向きかもしれません。

営業職

営業の仕事も未経験OKというケースが多いので、フリーターでも就職しやすいです。女性で多いのは保険会社の営業でしょうか。

営業職は向き・不向きが結構あるので、合わない人にはかなりキツイ仕事と感じるかもしれません。しかし逆に営業が向いている人にとっては年収1,000万越えも夢ではないほどバリバリ稼げる仕事でもあります。

介護職

介護業界もずっと人手不足が叫ばれていますね。ですから求人数がとても多く就職しやすいです。

無資格OKの求人もありますが、介護職員初任者研修くらいは取っておいた方がいいでしょう。その方が介護の基礎が学べますし、仕事の幅も広がります。就職後は働きながら資格取得してキャリアアップする事も出来ます。

事務職

事務職は女性に人気の仕事ですね。事務職に就くにはWordやExcelなどオフィス系の資格があると有利です。

事務職自体はどこの会社でも必要ですしニーズは高いので求人数も一定数あるのですが、人気が高いので倍率が高くなってしまうのが難点です。実質経験者採用のみの求人も少なくありませんが、人柄採用もあるのでフリーターにも望みはあります。

保育士

現在保育士不足が深刻な社会問題となっていますから、これを機にフリーターから保育士を目指してみるのもいいかもしれません。

保育士になるには資格が必要で、取得するには指定の大学・専門学校などに通うか、通信講座や独学で勉強して試験を受ける方法があります。後者なら時間も費用も大幅に節約できますが、受験資格についてはしっかり調べておく必要があります。

フリーターを抜け出すなら20代のうちがベスト

これらの多くに共通しているのは、「未経験でも採用されやすい」という点です。

経験の少ないフリーターは、経験者が強い業界で勝負をかけても勝率は低くなってしまいます。ですから未経験者も積極的に採用してくれる仕事を狙うのがコツです。

また人手不足の業界も採用される確率がアップしますから、そうした業界に絞ってみるのもいいでしょう。

そしてフリーター採用において重要なのが年齢です。フリーター採用を考えている企業が求めているのは若い人材ですから、20代のうちが勝負です。

20代前半のうちに頑張っておかないと、20代後半になるにつれてどんどん厳しくなってきます。30代未経験ともなると就職するのはかなり難しくなってくるのが現状です。

ですから現時点で「フリーターだと就職は厳しいな」と思っていたとしても、実は30代フリーターからすると20代のうちはかなり有利な状況なんです。

20代女性フリーターの方は、手遅れになってしまう前に今のうちに本腰を入れて就活に取り組んでくださいね。