女性フリーター向け 就職サイトランキング
女性フリーター向け 就職サイトランキング > フリーター就活 > 女性フリーターが面接でよく聞かれる質問

女性フリーターが面接でよく聞かれる質問

採用面接では定番の質問がある

面接中の女性

正社員の採用面接では面接官に色々と質問されますが、その中には100%とまではいきませんが、ほぼ確実にされるであろうという質問も含まれます。

そうした正社員面接の定番とも言えるお決まりの質問を把握しておくことで、事前に回答を準備しておくことができますね。

そこで、面接でよく聞かれる質問、さらにはフリーターがよくされる質問、女性がよくされる質問をまとめてみました。

正社員面接でよく聞かれる質問

まずは一般的に正社員面接でよく聞かれる質問をご紹介します。

  • 自己紹介をしてください
  • 自分の長所・短所を教えてください
  • なぜ当社を志望したのですか?
  • 前職ではどのような仕事をしていましたか?
  • 前職の退職理由は何ですか?
  • 入社後は何をしたいですか?
  • 当社に対するイメージを教えてください
  • 現在関心のあるニュースは何ですか?

これらは面接の質問の中でも定番の内容ですから、しっかりと答えられるようにしておきましょう。

自己PRや前職に関する事は履歴書や職務経歴書にも記載しているはずですが、面接でも改めて聞かれます。回答する際は履歴書や職務経歴書の内容をそのまま読み上げるのではなく、より具体的な内容にするといいですね。

将来のキャリアプランについても聞かれる事が多いので、入社後はどんな仕事をしていきたいのかも考えておきましょう。そのためにも企業研究をしっかりとしておくことが大切ですね。

気になるニュースについては応募先の業界に関連したニュースを答えるのがいいでしょう。芸能・ゴシップ系のネタは避けた方がいいです。

「今朝の新聞で気になったニュースは?」
「○○の問題についてどう思いますか?」

といった質問をされることもありますから、日頃から時事問題について関心を持っておくことが大切です。最低でも面接当日の新聞には目を通しておきましょう。

フリーターがよく聞かれる質問

次に、フリーターの方が正社員面接を受けた際によく聞かれる質問をご紹介します。

  • どうして就職しなかったのですか?
  • どうして就職しようと思ったのですか?
  • (空白期間がある場合)ブランク期間は何をしていましたか?
  • (転職回数が多い場合)転職回数が多いのはなぜですか?

フリーターの場合、結構厳しい質問を投げ掛けられる事も多いです。上記の質問もフリーターにとっては耳が痛い内容ばかりですね。

やはり今までずっと正社員で働いてきた人に比べて、フリーターの方が採用担当者からの印象は良くないです。「就職しないでフラフラしてた人」というイメージを持たれてしまっているので、あえてフリーターの道を選んだ理由(夢があった、親の介護、やりたい仕事がバイトしかなかったなど)があるならそれをしっかりと説明しましょう。

就職したい理由は思った事をそのまま伝えればいいのですが、これからはしっかりと働いていきたいという熱意をアピールすることが大切です。「フリーターだと正社員の仕事は務まらないんじゃないか」「すぐ辞めるんじゃないか」というマイナスイメージを払拭できるかがポイントですね。

ブランク期間に関しては、

  • ずっと就職活動をしていた
  • 資格取得のための勉強をしていた
  • 病気だった
  • 休養していた
  • 家庭の事情(介護、家事)で働けなかった

といった回答が考えられますね。働けない事情があったなら素直にそれを伝えるといいですし、リフレッシュのために海外旅行に行ったり休息期間として過ごしていたならそう伝えてもいいと思います。ただし就職後はしっかり働くつもりという事も同時に説明しておきましょう。

特に理由もなくブランク期間が空いてしまった場合は、就職活動をしていた、勉強をしていたという事にしておくといいと思います。ただし相手も面接慣れしていますから、明らかな嘘は見抜かれます。資格については取得できなくてもいいので、基礎くらいは勉強しておきましょう。

フリーターになる前に早期退職を繰り返していた方は、転職回数の多さについて突っ込まれると思います。その際はネガティブな理由で転職を繰り返していたのではなく、あくまでステップアップのためと説明できると少しは印象が良くなります。

実際に転職を繰り返したことで何が身に付いた・勉強できたのかを説明できると信憑性が増します。

女性がよく聞かれる質問

最後に、女性がよく聞かれる質問をご紹介します。女性フリーターの方はチェックしておきましょう。

  • 結婚の予定はありますか?
  • 結婚後も仕事を続けたいと考えていますか?
  • 出産は考えていますか?
  • 残業や休日出勤もありますが大丈夫ですか?
  • 職場の人間関係で困ったことはありますか?

女性がされやすい質問と言えば、やはり結婚関連についてです。はっきりとストレートには聞かず、遠回しに聞いてくることも多いです。

企業が結婚予定を聞くのは、ずばり「結婚することで退職しないのか」を知るためです。

結婚を機に退職して家庭に入る女性は多いですから、長く勤めて欲しいと考える企業としては入社後すぐに寿退社される事態は避けたいものです。

また退職はしなくても、結婚したら家庭を優先するために残業を断ったりパートに切り替えたりと働き方を変える女性も多いです。採用する側としてはそこも気になるのでしょう。

結婚予定についての質問をされやすいのは20代後半~30代以降の未婚者ですね。既婚者になるとより具体的に出産予定や家庭との両立が可能かどうかを聞かれるかもしれません。

こうした結婚・出産に関する事はプライベートな問題なので、出来れば答えたくないという女性も少なくないと思います。必ず答えなくてはいけないという義務はないので回答を濁してもいいのですが、向こうもきちんとした意図があって質問しているので出来ることなら正直に答える方が誠意のある対応ではないかな、とは思います。

結婚予定の質問に関しては、

面接で彼氏の有無や結婚予定を聞かれるのが嫌

の記事もご覧になってみてください。

あとは、女性の場合職場の人間関係に悩む人が多いのもあって、社内の人達と上手くやっていけそうか、社風に合っているかを確認する質問をしてくる面接官もいます。

これまでの職場での話や、職場の人達とうまくやっていくために気を付けていることなど、「この人ならうちの会社でも上手くやっていってくれそうだな」と感じてもらえるような受け答えができるようにしておくといいでしょう。

質問に対する答えの内容より重要なこと

以上、面接でよく聞かれる質問についてご紹介しました。

これらは業界・職種に関係なくどんな企業でも質問してくることが多いという内容であって、この他にも業界ならではの定番質問もあったりします。面接を受ける前にはそのあたりもしっかりと確認しておくといいですね。

そして実際の面接では定番の質問ばかりされるとは限らず、時には思いがけない質問を投げ掛けられる時もありますし、とっさの反応を見るためわざと意地悪で答えにくい質問をしてくる面接官もいます。

そうした想定外の質問をされた時にも落ち着いて対処できるかどうかも面接では重要なポイントとなります。質問に対する答えよりも返答の仕方や態度の方が大事という場面もありますよ。

面接の場では誰でも緊張するものですから、緊張による多少の失敗は大目に見てくれる面接官も多いです。失敗を恐れてびくびくするのではなく、「絶対にこの会社で働きたい!」という熱意を伝える意気込みで頑張ってくださいね。