女性フリーター向け 就職サイトランキング

女性ニートから正社員を目指す

ニートからの就職は難しい?

就職を目指す女性ニート

ニート歴がどれくらいかにもよりますが、ニート生活が楽しいのは最初だけで、次第に今後のことを考えると夜も眠れなくなるくらい不安になってきます。

そんな日々を送るのは精神的にキツイですよね。そうしたことから

「早く脱ニートしたい」
「正社員になって落ち着きたい」

と願っている女性ニートの方は少なくないと思います。

しかし、ニートから正社員を目指すにあたっては様々な壁があります。ニートからの就職は簡単じゃないと思うからこそなかなか行動に移せないのではないでしょうか。

それはつまり、

  • 長いブランクがある
  • 職歴が少ない・職歴なし
  • 「ニート」という響きが良くない
  • 正社員が務まるか不安

といったことが問題になってくる訳ですよね。

就活では長い空白期間や職歴の少なさというのはマイナス評価に繋がりやすいので、こうした不利になる条件をいくつも抱えるニートは嫌でも就職が難しいと感じてしまうと思います。

実際に履歴書を送っても書類選考で弾かれてしまうことも決して少なくないでしょうし、面接まで辿り着けたとしてもニートであることを批判されたり馬鹿にした態度をとってくる面接官もいると思います。

そうした経験を繰り返すうちにすっかり自信を無くし、

「ニートの自分には正社員就職なんて無理なんだ」
「どうせ就活したって就職なんてできっこない」

と思い込んでしまっているのではないでしょうか。

ニートでも正社員就職できる!

そんな自信喪失してしまったニート女性に言いたいのは、ニートでも就職できる!ということです。

確かにニートだと正社員経験のある人に比べると正社員採用してもらえる確率は低くなるかもしれません。それでも決してゼロではないし、もっと言えば「まれに就職できる人もいる」という程度の低確率の話でもないんです。

自信を無くしてしまったニート女性からすると、もしかすると正社員就職は雲を掴むような話だと思っているかもしれませんが、ニートの就職はそれほどまでに難しいものではないんです。

ニート向けの正しい方法で就活すれば、ニートからでも就職できる可能性は大いにあります。

ですから今まで就活が上手くいかなかった方、就活する前から尻込みしてしまっていた方は、ニートから就職するための正しい就活方法で正社員を目指してみてください。

ニートが行うべき就活の方法とは

ではその正しい就活方法とは何かというと、ニートの就職サポートも行っている就職支援サービスを利用することです。

就職支援サービス、転職エージェントなら今まで使った事があるという方もいらっしゃると思いますが、それはニートにも対応していましたか?

世の中には様々な就職支援があり、それぞれに対象となるターゲットは異なります。一般的な転職者向け、専門職の転職者向け、学生向け、フリーター向けなど様々です。

就職支援の代表格といえばハローワークですよね。確かにハローワークはあらゆる人向けに就職支援を行っていますが、その間口の広さゆえに「広く浅く」のサポートになりがちです。

ターゲットを絞ってサポートを行っているところの方が、それぞれに合った充実したサポートを受けられるんです。

例えば看護師の求人を探す場合、幅広い業界の求人を扱う求人サイトやハローワークでも求人は見つかりますが、看護師専門の転職サイトの方が扱う看護師求人数が多いのでより選択肢が広がり、転職成功率も高くなります。

ニートの場合も同じで、ニートからでも就職できそうな求人をたくさん取り扱うサービスを選んだ方がより就職しやすくなるんです。

ニートからでも就職できそうな求人というのは、主に未経験OKの求人ですね。経験を問わない求人ならニートでもチャンスがあります。

主に20代のフリーター、ニート、既卒、第二新卒といった人を対象にした、

なら、未経験可の求人を中心に扱っていますから、ニートでもたくさんの選択肢があります。

またコンサルタントが就活にまつわる様々なサポートを行ってくれるため、一人で就活を行うよりも断然心強いです。分からないことがあったらすぐに質問できるというのは安心ですよね。

それに、DYM就職やジェイックでは書類選考なしで、直接企業の担当者と面接できる機会をセッティングしてくれます。書類選考の段階で落とされやすいニートにとって、これはかなり嬉しいポイントだと思います。

こうした就職支援サービスは無料で利用できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ちなみに、「ニートでも就職できそうな求人」と聞くとブラック求人ばかり紹介されるんじゃないかと心配に思われるかもしれません。

しかし今回ご紹介したような就職支援サービスで扱う求人は担当の方がしっかりと厳選した求人のみを取り扱っているので、そうしたブラック求人に当たる確率は低いです。

これに関しては何をもってブラックと呼ぶのかという話にもなってきますが、少なくとも職場の環境に関しては事前に詳しい情報を教えてもらえますから、例えば比較的残業が多い職場であればそうした情報も隠さずに教えてもらえます。

その上で応募するかどうかを決められますから、ニートだからといってブラックにしか就職できないんじゃないかと心配されている方は安心しても大丈夫だと思います。

ニートから正社員就職するための心得

ニートからの就職を成功させるには、まず上記でご説明したように正しい方法で就活を行うこと。具体的にはご紹介したようなニート向けの就職支援サービスを利用することですね。

そしてもう一つ大切なのが、自分に自信を持つということです。

相手の立場になって考えてみると分かりますが、自分は劣っている、自分は何もできない人間だと思っている人は誰も採用してくれません。なぜならそんな人を採用しても会社に何のメリットもないからです。

企業だってボランティアで人材採用する訳じゃないですから、採用するからには何らかの見返りを求めています。少しでも会社に貢献してくれる人が欲しいんです。

ただしどんな形で役に立てるのかというのは色々とあって、必ずしも業務経験だけがそれに当てはまるわけではありません。

ニートの側からすると意外に思われるかもしれませんが、会社というのは時に「何のスキルもない人」の方が欲しいということもあるんです。

確かに経験者は一から業務を教える必要がないし、即戦力になるので貢献度は高いです。しかし、業務に対するこだわりやクセ、プライドというのも一緒に持ち合わせている場合も多く、場合によってはそれが邪魔になってしまうんです。

そういったことを嫌う企業は、

  • 会社のやり方にいちいち口を出してくる
  • 前職のやり方を押し通そうとする
  • 何か指摘しても素直に聞いてくれない

という新人を採用するよりは、教えたら素直に聞いてくれて、スポンジのように何でも吸収してくれる柔軟性のある新人を求めるんです。

これなら就職経験の無いニートでも当てはまりますよね。この場合伸びしろの多さから若い人が求められますが、20代であればまだまだ大丈夫です。

このようにニートだからといってどこの企業からも敬遠されるなんてことはなく、世の中にはニートのあなたを求める企業だってちゃんと存在するんです。

しかし、せっかく20代で経験なしという条件を持ち合わせているのに、変に卑屈で素直さがないとなったら企業も採用したいとは思ってくれません。あくまで素直でイキイキとしている若者を求めているんです。

自分に自信がない人というのはこの素直でイキイキという部分が薄れてしまうんですよね。

ですからニートから就職したいのであれば、自分に自信を持って、企業に求められるニートを目指さなくてはいけません。

もちろんこれはニートであることを誇りに思うという意味ではなく、あくまで就職意欲があり、教えられたことは何でも覚えます!という素直さとやる気を前面に出しましょうということです。

ニートでも就職できるんだということが分かれば自然と自信も取り戻せると思うので、就職活動する際は素直さとやる気というところを意識するようにしてみてください。きっと採用担当者の見る目が変わってきますよ。