女性フリーター向け 就職サイトランキング

派遣から正社員を目指す

就活に苦戦しているフリーターの方へ

オフィス街を歩く女性

フリーターから正社員就職を目指して就活中の方の中には、なかなか採用されず苦戦している方も少なくないと思います。

フリーターは時に無職と同じような扱いを受けたり、空白期間とまではいかなくてもバイト経験を職歴として全く評価してもらえなかったりすることもあるでしょう。それだけ世間ではフリーターに対する評価が低いんですよね。

20代のフリーター就職では未経験歓迎求人を狙うのが成功のポイントとなるので、

女性フリーターの就活にオススメの就職サイトランキング

のページでご紹介しているような就職サイト・人材紹介会社を利用して就活を進めるのがオススメです。実際に多くのフリーターがこうした就職支援サービスを利用して就職を決めています。

しかし、未経験歓迎求人となるとある程度は業種や職種が限られてきますし、大企業より中小企業・ベンチャー企業の方が多くなる傾向がありますから、どうしても自分の理想とする求人が見つからないと思う方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は、直接正社員就職を目指すより、一旦派遣として働き、そこから正社員を目指すという手段をとった方が上手く行く事もあります。

派遣を経由して正社員を目指すことにはどんなメリットがあるのでしょうか。

派遣から正社員を目指すメリット

今の状況では自分の希望の就職先に就職できそうにない、またはフリーター歴が長すぎていきなり正社員就職は難しく感じるという場合は、派遣で働いてから改めて就活する方が良い結果となることもあります。

就活中のフリーターが派遣社員になり、それから就活をすることのメリットを挙げてみます。

職歴として評価してもらえる

派遣での経験は履歴書や職務経歴書に書けますし、正社員経験ほどではないにしてもバイト経験よりは評価の対象となりやすいです。

バイトより給料が良い

派遣はバイトより時給が高いので、お金を貯めやすいです。就活が長引けば金銭的に厳しくなりますよね。数ヶ月間派遣で働いて当面の生活費を貯めて、そこから集中的に就活してお金が無くなったらまた派遣をしつつ就活、という事も出来ます。

色々な職場で経験を積める

長期バイトを2~3ヶ月で辞めて転々とするのは迷惑が掛かりますし、職歴に書くとしても印象が悪いです。短期バイトならそれも可能ですが、短期の仕事にはイベント設営など就職に役立つ経験を積める仕事はあまりありませんよね。

しかし派遣なら元々期間が決まっているのであちこちで働いていても問題ありませんし、仕事も事務などが多く、就職に役立ちそうな経験を積むことが出来ます。

就職するのが難しいような大企業で働ける

新卒で入社するのは難しいような一流企業でも、派遣なら意外とすんなり仕事が決まったりします。派遣ではありますが大企業で働けるのは良い経験になりますよね。

もしかしたら気に入ってもらえて直接雇用の話をいただけるかもしれないという淡い期待も持てます。

紹介予定派遣なら就職がぐっと近づく

派遣の働き方の一つに紹介予定派遣というのがあります。これは直接雇用を前提とした派遣の働き方なので、契約期間が終わった時点で企業側と派遣社員側(自分)の双方が同意すれば直接雇用できるという制度です。

これなら通常の派遣よりも正社員になれる可能性はぐんと高まりますし、就職する前にどんな会社なのか実際に働いて見極められるという利点もあります。

ただし企業側からお断りされる可能性もあるため絶対に就職できるとは限りません。逆に自分からお断りする事も出来ます。

このように、フリーターから正社員就職を目指す場合に比べ、派遣から正社員を目指すのには様々なメリットがあります。フリーター就活に苦戦している方は、一度派遣社員として働いてみてから正社員就職に再チャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

派遣の仕事を探すなら、

上記の派遣会社がオススメです。どちらも仕事数が豊富ですし、未経験OKの案件も多数あります。人気の紹介予定派遣も扱っています。

派遣で働くならまず派遣会社に登録しないと働けませんから、とりあえず登録だけでもしておくといいですね。複数の派遣会社に同時に登録することも可能です。

派遣社員になってから就活するデメリット

派遣から正社員を目指すメリットをご紹介しましたが、実はデメリットもあります。それは契約期間の途中で辞められないという点です。

派遣は数ヶ月程度の短い期間で働けるので色々な職場を体験できるというメリットがありますが、その分期間内には辞められないので就職が決まっても契約期間が終わるまで入社できません。

派遣でも例えば体調を崩して入院したといったような理由がある場合は途中でも辞められるのですが、その際も周りに多大な迷惑がかかります。

就職を理由に期間内で退職を申し出た場合、OKしてくれる派遣会社もあるかもしれませんが、大抵は断られるでしょう。それでも強引に辞めていく派遣社員も少なくないようですが…。

そのためこの点に関しては、フットワークが軽いフリーターの方が都合が良いと言えますね。

ですから派遣で働きながら就活する場合は、契約期間のことを常に頭に入れながら就活することが大切です。契約期間中に面接を受ける際は、入社時期に関しての話もしておきましょう。1ヶ月程度なら待ってくれる会社は多いです。

このように派遣からの就職にはメリットもあればデメリットもあります。「こっちの方が就職しやすそう!」と思った方は派遣で働いてみるのがいいですし、「退職時期とか色々と面倒そうだからやっぱり直接正社員就職を目指す方がいい」と思った方は、女性フリーターの就活にオススメの就職サイトランキングでご紹介している就職支援サービスを利用して就活を目指してみてください。

どちらのルートをたどるにしても、最終目標は正社員就職です。希望通りの就職を実現するために、自分にとってどちらが最善の方法かを考えてみてくださいね。